【NEW】ICC サミット FUKUOKA 2023 開催情報詳しくはこちら

コミュニティプラットフォームの活用で、ロイヤル顧客を継続的に生み出す「COORUM(コーラム)」(Asobica)(ICC KYOTO 2022)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2022 新企画 カタパルト Xに登壇いただいた、Asobica 遠藤 卓さんのプレゼンテーション動画【コミュニティプラットフォームの活用で、ロイヤル顧客を継続的に生み出す「COORUM(コーラム)」(Asobica)】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット FUKUOKA 2023は、2023年2月13日〜2月16日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。

本セッションのオフィシャルサポーターはリブ・コンサルティングです。

【速報】ビッグデータ × AIで”勝てる”広告クリエイティブを生み出す「AIR Design」(ガラパゴス)がカタパルト Xの初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2022)


【登壇者情報】
2022年9月5〜8日開催
ICC KYOTO 2022
Session 2A
新企画 カタパルト X
Supported by リブ・コンサルティング

遠藤 卓
株式会社Asobica
セールス部長 兼 アライアンス責任者

株式会社リクルートで顧客のメディア活用と事業成長を支援。その後、株式会社博報堂に転職。
大手飲料メーカーのTVCM、デジタル広告のメディアプランニングおよびプロモーションを担当。
クライアントのブランドデザイン、ブランド成長戦略の支援業務に従事。


遠藤 卓さん 私たちは、ロイヤル顧客を育成、蓄積、分析することでLTVを向上させる、コミュニティプラットフォームCOORUM(コーラム)を提供しています。

ブランドコミュニケーションでの課題

自社ブランドと消費者の関係性において、このような課題に直面することが多いのではないでしょうか?

本日は3つ、ご紹介いたしましょう。

1つ目、消費者との十分な接点が持てていない。

2つ目、顧客ロイヤリティを高めるためのアプローチ方法が分からない。

3つ目、消費者の声の収集が困難で、ニーズを把握することができない。

私たちは、このような課題を、コミュニティというアプローチで解決していきます。

企業の安定した収益基盤を創出するには、他でもないロイヤル顧客です。

しかし、モノがあふれる、この成熟した国内マーケットにおいて、機能的価値の訴求だけでは、お客様に買い続けていただくことは難しいでしょう。

これからのブランドコミニュケーションにおいて、顧客との関係性をより強化し、消費者と共創型のコミュニケーションを実行することが、極めて重要なのではないでしょうか。

ロイヤル顧客育成への投資が重要

皆様の会社の提供する製品やサービスの顧客の中で、売上貢献度の高いロイヤル顧客は、一体何人いらっしゃいますか?

ぜひ、頭の中で想像してみてください。

そしてもう一つ、追加で質問させてください。

売上貢献度の高いロイヤル顧客がなぜ生まれたのか、その要因を把握、そして可視化することが、できているでしょうか。

この要因を本質的に理解し、戦略的なアプローチを実行している企業は、決して多くはないのではないでしょうか。

こちらのスライドは、顧客が自社商品に出会ってからロイヤル化するまでのフローを可視化した、マーケティングファネルです。

皆さんも、これまで幾度となく目にしている、一般的なファネルだと思います。

しかし私たちCOORUMは、ある点に着目しています。

企業のマーケティング活動において、顧客獲得チャネルへの投資が大半を占めるのではないでしょうか。

テレビCMから始まり、デジタル広告、そしてソーシャル、SNS施策など、新規顧客を獲得するための広告や各種プロモーション施策への投資が中心となっている。

しかし、それだけで継続的にロイヤル顧客を生み出すことができるでしょうか。

消費者のロイヤル度を高めるための、育成のチャネルへの投資こそ、企業の安定した収益基盤の創出に必要な投資と言えるのではないでしょうか。

顧客LTVを向上させるコミュニティプラットフォーム

こういった企業の課題を解決するのが、私たちCOORUMです。

COORUMは、ロイヤル顧客を育成、蓄積、分析することで、顧客LTVを向上させるコミュニティプラットフォームを提供しています。

COORUMの最大のポイントは、ロイヤル顧客を継続的に育成、蓄積、分析するコミュニティサイトを構築することができる点にあります。

ポイントを4つ、ご紹介いたします。

まず1つ目はカスタマイズ性が高く、自社ブランドの世界観を再現することができ、かつ、それらをノーコードで構築することが可能です。

2つ目、ロイヤル顧客の声を1顧客単位で、リアルタイムで拾い集め、データ化することより、ロイヤル顧客への解像度を高めることができます。

また、もちろん、皆様の会社でお持ちの顧客IDと連携させることにより、売上貢献度の高いロイヤル顧客を生み出すためのドライバーを分析することが可能となります。

そして4つ目は、コミュニティの立ち上げから活性化までのコンサルティングも、同時にご支援させていただきます。

既に、13以上という幅広い業種においてご活用いただいており、大手ホームセンターのカインズや、大手食品メーカーのグリコなど、ブランドを持つ多くの企業に導入いただいています。

ロイヤル顧客の動向や購入データを立体的に分析

それでは実際に、カインズのコミュニティサイトを見てみましょう。

まず、サイトのトップ面は、企業のブランドの世界観に合わせてカスタマイズすることができます。

ブラウザとアプリ、どちらにも対応しています。

そして、コミュニティ内で消費者同士がつながれるトークルームを、簡単に作成することができ、ブランドのUGCが蓄積し、消費者同士の横のつながりを作っていきます。

また、ユーザー投稿を加速させるためのコミュニケーションフレームも、複数ご用意しています。

そして、先ほどのコミュニティーサイトとカインズの顧客ID基盤を連携させることにより、売上との相関関係を立体的に分析することが可能です。

ユーザーにどんなアクションをとってもらうことが、購入頻度や購入単価、そして次回来店のドライバーになっているのかを検証し、それらの顧客データをもとに戦略的に施策を展開し、売上を創出していきます。

そして、いつ、誰がどのコンテンツに接触し、どんなアクションを取っているのか、リアルタイムで計測、分析が可能です。

専任コンサルタントがコミュニティの戦略を伴走

料金プランです。

これらのコミュニティーサイト構築、そしてユーザーの分析、レポーティング、それから活性化のコンサルティングも全て込みで、月額25万円から90万円のプランでご提供しています。

契約は年間契約です。

もちろん、専任のコンサルタントが、コミュニティ作りにおける戦略策定から実行、活性化まで、手厚くコンサルティングさせていただきます。

直近2年間の成長率は430%を達成

トラクションです。

直近では急成長しておりまして、直近2年間の成長率は430%を達成しています。

チームメンバーの紹介です。

マーケティング経験豊富なメンバーを中心に、コミュニティ作りのコンサルティングをさせていただいています。

コミュニティを活用して、ロイヤル顧客を継続的に生み出すCOORUMです。

ぜひ、皆様のサービス、そしてブランドの未来を創るお手伝いをさせてください。

ご清聴ありがとうございました。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/正能 由佳/戸田 秀成/大塚 幸幸

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!