ドローンが通る「空路」を地図化する – 注目のベンチャー特集「データ未来研究センター」(2)【K16C-DMC #2】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

ドローンが通る「空路」を地図化する – 注目のベンチャー特集「データ未来研究センター」(2)【K16C-DMC #2】

LINEで送る
Pocket

京都大学発ベンチャー、データ未来研究センター小田さんのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その2)は、ドローンの自己位置取得技術を活用し、ドローンの空路を情報化する仕組みについてお話し頂きました。2016月9月6日・7日に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016スタートアップ・コンテスト「カタパルト」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」
Session 1B
CATAPULT(カタパルト)
- スタートアップ・コンテンスト-
Supported by IBM BlueHub
 
(プレゼンター)
小田 雄一
株式会社データ未来研究センター
代表取締役CEO
 
京都大学大学院農学研究科博士課程満期取得退学。修士、博士課程在籍時にイスラエルへ渡航。ベンチャー精神にふれ起業を決意。京都大学VBLにて会社を設立、京都大学理学研究科花山天文台台長柴田一成教授(宇宙事業)、JAXA主幹研究員中野不二男(衛星データ)、京都大学医学研究科浜中雅俊研究員(人工知能)を顧問にむかえ研究開発を開始、CEOに就任。衛星データをディープラーニングにより解析する事業をおこなう。現在それらを用い、非GPS下におけるドローンの位置推定技術、3次元位置情報サービスを開発中。イスラエル・ヘブライ大学、アリエル大学と研究交流をもつ。好きな仏教者は法然、好きな寺は当麻寺。

その1はこちらをご覧ください:トマホークミサイルの技術をドローンに転用 – 注目のベンチャー特集「データ未来研究センター」(1)【K16C-DMC #1】


小田雄一氏(以下、小田) トマホークミサイルをドローンに応用しようと考えたのが弊社事業のコアな部分です。

つまり、ドローンにレーザーレーダ(LIDAR、光を用いたリモートセンシング技術のひとつ)を搭載しようと考えました。

このレーザーレーダは、自動車の自動運転で使われているものですが、見ての通りとても重量がありました。

しかし現在ハード部分のイノベーションが起きており、ここ1年半の間にセンサーが小型化が進んでいるため、ドローンに搭載することが可能となっています。

写真のようにドローン自身でデータを取得することが出来るようになった訳です。

そして、先程お話したことが可能となりました。

ドローンで取得してくるデータと、衛星データをマッチングしての、自己位置推定が可能になったということです。

ただし、問題点として「計算量が莫大になる」ということはご想像がつかれるかと思います。

ここをニューラルネットワーク(人間の脳の情報処理の働きをモデルにした人工知能のシステム)で取り組もうと考えました。

飛行予定の経路周辺の衛星に、3D地形図をネットワークに学習させ(デープラーニング:多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習)、それによってリアルタイムで精度の高い位置検出を可能にすることができます。

シミュレーション上では92.2%の自己位置推定が可能となりました。

92.2%の内実ですが、このように空間を格子状にします。

そして、この中にドローンが入ったかどうかで精度をチェックしていきます。

数10㎝から数㎝単位での位置検出の精度を出すといった内容になります。

弊社はこの位置推定技術で留まるだけではではなく、この様に航路を作ろうとしています。

現在ドローンで取得したデータと衛星データのマッチングをしていますが、この位置推定とは、つまり地図を作っていることになる訳です。

そして今後、巨大な空間を情報化することが可能となり、そこからドローンの空路の基となる地図を作りたいと考えています。

自動車、飛行機のレイヤーは既に空間の情報化がおなわれていますが、現在ミドルレイヤーの巨大な空間が空いている状態です。

弊社はこの空間を情報化し、お金に繋げたいと考えています。

つまり、空間情報の制圧を狙っています。

弊社は本気で世界を狙いにいっています。

現在まで天才だけに声掛けをしてきましたが、腕に自信がある方は、僕が引っ張って行くので弊社の門戸を叩いてほしいと思います。

資金力のある方も、ぜひ弊社に出資してほしいと思います。

時間がまだ残っているので、最後に私がロールモデルとしている法然の話しをしたいと思います。

法然は、仏教におけるイノベーションを起こした人物です。

【参考】
法然についてはこちら(Wikipedia)

難解で難しく一部の人のものであったそれまでの仏教を否定し、シンプルなものに再構築しました。

そのことで仏教をがらりと変え、世にひろげたわけです。

晩年流罪になり命を狙われましたが、起業家、イノベーターはそれぐらいのことをしなければならないと考えています。

堀江さん(堀江貴文氏)以降おもしろい起業家の方はなかなかいないなと僕は思っています。法然のようなイノベーターを目指せたらなとおもいます。

(終)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/鎌田 さくら


【編集部コメント】

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。