【保存版】”コメのトヨタ”を目指す「アグリホールディングス」(全3回)

2017年9月19日〜9月21日まで配信しました「”コメのトヨタ”を目指す”アグリホールディングス”」の全シリーズをまとめました。ブランドの世界展開と共に、お米のグローバルバリューチェーン・サプライチェーンを構築する「バリューチェーン・サプライチェーンカンパニー」です。1次産業にイノベーションを起こすためには、エンジニア・メカニックが必要だと熱く訴えるプレゼンです。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンスFUKUOKA 2017
カタパルト・グランプリ
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)

前田 一成
アグリホールディングス株式会社
代表取締役社長

一橋大学商学部卒、2006年からベンチャー企業への投資、事業構築等を始め、現在はアジアで成長する十数社の企業の株主・役員を務める。2013年まで日系IT企業の中国代表、電通関連会社の共同代表を務めた。退任後、農業と食の事業を開始し、2014年7月アグリホールディングスを創業。現在、生産法人でありエンジニアによる農業を推進する日本アグリファーム、農水省系ファンドの出資企業で米の市場開拓をするライスフロンティア、シンガポールおよびニューヨークで展開し世界一を目指すおにぎり屋SAMURICE(さむらいす)、シンガポールの日本食材の物流プラットフォームのLOGICO、日本酒業界をリノベートするミライシュハンなどを抱えるグループを経営する。

あわせて読みたい
「コメのトヨタ」を目指すアグリホールディングス【F17C-AGH #1】 アグリホールディングス前田一成さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、アグリホールディングスが目指す、お米のグローバルバリューチェーン・サプライチェーン構築についてお話し頂きました。
あわせて読みたい
農業をメカニック・エンジニアの力で変えていきたい(アグリHD前田)【F17C-AGH #2】 アグリホールディングス前田一成さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その2)は、日本のコメ生産のコスト構造に対する問題意識について語って頂きました。
あわせて読みたい
【求む】「コメのトヨタ」を共につくるメカニック・エンジニア(アグリHD)【F17C-AGH #3】 アグリホールディングス前田一成さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その3)は、メカニック・エンジニアが農業領域でどんな活躍ができるかについて語って頂きました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!