「人生のKPIは、ブラジルに連れてきた日本人の数」ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表 中山さん | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

5.「人生のKPIは、ブラジルに連れてきた日本人の数」ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表 中山さん

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

「教えてほしい!グローバル市場の最新動向(インド/イスラエル/ブラジル)」全9回シリーズ(その5)のプレゼンターは、日本企業のブラジル進出支援や現地スタートアップへの投資に取り組むブラジル・ベンチャー・キャピタル代表の中山さんです。ブラジル在住9年、「人生の9割をブラジルに賭ける」と決めた中山さんの一風変わった“人生のKPI”とは? ぜひご覧ください!

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(インターン)を募集しています。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回250名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2021は、2021年2月15日〜18日 福岡市での開催を予定しております。参加登録などは公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2020年2月18~20日開催
ICCサミット FUKUOKA 2020
Session 12E
教えてほしい!グローバル市場の最新動向 (インド/イスラエル/ブラジル)

(ナビゲーター)

三輪 開人
特例認定NPO法人 e-Education
代表

(スピーカー)

蛯原 健
リブライトパートナーズ 株式会社
代表パートナー

竹内 寛
MAGENTA Venture Partners
Managing General Partner

中山 充
株式会社ブラジル・ベンチャー・キャピタル
代表

濱田 安之
株式会社 農業情報設計社
代表取締役 CEO, ファウンダー

※ 本セッションは2020年2月に開催されました。その後世界的に拡大した新型コロナウイルス感染症の影響により、現在の市場動向は異なる可能性がございます。

「教えてほしい!グローバル市場の最新動向(インド/イスラエル/ブラジル)」の配信済み記事一覧


連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
1. シリコンバレーの約2割は“実質インド企業”? インド工科大卒の超秀才たちが創る新たなスタートアップ像

1つ前の記事
4. ベンチャー投資額は年間9,000億円。軍事技術の民生転換を支えるイスラエルのスタートアップ

本編

三輪 インド、イスラエルと来て、次はブラジルです。

ブラジルの市場動向については、中山さんと濱田さんのお二方に解説いただきます。

まずはブラジルベンチャーキャピタルの中山さんです。

皆さん、大きな拍手をお願いします!

(会場拍手)

日本企業のブラジル進出や現地スタートアップを支援、ブラジル・ベンチャー・キャピタル中山さん

中山 ありがとうございます。盛り上がった感じで嬉しいですね(笑)。


中山 充
株式会社ブラジル・ベンチャー・キャピタル
代表

サンパウロ在住。早稲田大学卒業後、ベイン&カンパニー東京支社勤務後、起業を経てスペインIEビジネススクールMBA取得。2012年よりブラジルに移り、ベイン&カンパニーサンパウロ支社を経て、ブラジル・ベンチャー・キャピタルを創業。ブラジルを中心にラテンアメリカのシードステージのスタートアップへの投資育成、日本のスタートアップ企業のラテンアメリカ進出サポートを行う。JETROグローバルアクセラレーション・ハブ事業をサンパウロで担う。ブラジル唯一の日本の投資家・企業向けのブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラムや、ブラジル・アグリビジネス・フォーラムの主催など、日本とブラジルのスタートアップを繋ぐ活動多数。著書「中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本」「未来をつくる起業家 ブラジル編」「Empreendedor – Criadores do Futuro」。ブラジル日本商工会議所イノベーション研究会幹事。

私は人間には2種類しかいないと思っていまして、それは「ブラジルに行ったことがある人」と「行かずに死ぬ人」です。

(会場笑)

ブラジルに行ったことがある人、手を挙げていただけますか。おお、いらっしゃいますね。

残りの方々は「勝ち組予備軍」ということで(笑)。

ブラジルの公用語はポルトガル語ですが、今日はこの2語だけ覚えて帰ってください。

「Bom Dia!(ボンジーヤ!)」と「Tudo bem?(トゥドゥベイン?)」です。

1つめのボンジーヤ、これは「おはようございます」です。

2つめのトゥドゥベイン?は、このフレーズを素晴らしく翻訳された方がいます。

アントニオ猪木さんです。「元気ですかー!」ですね。

アントニオ猪木さんは少年期に家族とブラジルへ渡り、興行でサンパウロを訪れていた力道山から直接スカウトされ、日本に帰国してプロレスラーになりました。

先ほど、イスラエルには邦人数が少ないという話がありましたが、ブラジルは総人口2億人のうち1%にあたる200万人が日系人です。ですので、日本人にとっては非常に住みやすい国です。

私はブラジルのベンチャー企業に投資をしていますが、掲げているビジョンは「日本企業に真のグローバルビジョンを」というものです。

と言うのは、これだけグローバル化が叫ばれているにもかかわらず、日本ではブラジルもしくは南米は全く話題にも上らない、大きな大陸なのに忘れられている感じがあるからです。

そこを最低でも検討ぐらいはしましょうよ、というのが今のスタンスでして、あらゆる登壇機会でブラジルの話をしています。

とは言っても登壇機会自体もそうありませんので、「登壇機会をつくる」こともやらせていただいています。

2018年よりブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラムを立ち上げ、サンパウロで始めています。

人生のKPIは「ブラジルに連れてきた日本人数」

中山 投資の話に限定しますと結構狭き門になってしまいますので、私の人生のKPIは「ブラジルに連れて来た日本人数」と思い切り幅広く掲げることにしました。

(会場笑)

こうすると、色々なことが楽しく出来るようになったのです。

昨年のICCであるセッションに出た時に、やはりプレゼンのポイントは何かを理解させるのではなく「あのプレゼンは良かったな」と右脳に訴えるのが大事だと痛感しましたので、今回急遽プレゼンを作り直しました。

ブラジルと言えば、サッカー、ネイマール選手が有名です。

アマゾン川、広大な大自然。

肉もビールも美味い。

手付かずの自然がまだまだあります。

これはフェルナンド・デ・ノローニャという世界遺産にも登録された孤島です。

リオデジャネイロのコルコバードの丘にある、有名な巨大キリスト像です。

最初のブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラムでは、日本からお二人、サイバーエージェントベンチャーズ(現 サイバーエージェント・キャピタル)の北尾崇さんと、ヤマハ発動機の白石章二さんに来ていただきました。

一番右は、最近売却されましたが楽天ブラジルの代表だったアベ・レネさんです。

そしてICCでのプレゼン後、ブラジルにお越しいただいた日本企業の方は7人まで増加しました。

まさに3.5倍増加、「ICC本当にありがとう!」でございます。

(会場拍手)

ですから、本日はこの中から何人来ていただけるか期待しております。

ちなみに最近、日本から強力な助っ人が来ました。

ブラジルサッカー1部のボタフォゴFRと契約した本田圭佑選手です。

これでまた、皆さんにブラジルへ足を運んでいただける機会が増えるのではないかと期待しています。

とは申し上げても、ブラジル進出は簡単に実現できる話ではないと思いますので、とりあえず足を運んでいただける機会を年間3回は設けるように努めています。

実は今週末から来週にかけて、WAOJEというコミュニティでサンパウロへ11人ほどの日本人起業家・投資家の方々をご案内する予定です。そのうちの2名は、なんと前回のICCサミット FUKUOKA 2019で知り合った方々です。

来週は無理でも、来年のカーニバルをご検討いただければ有り難く、また他にも年内に本田圭佑選手の観戦、合わせてブラジルのスタートアップ視察ツアー、そして11月13日に第4回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラムを予定しています。

三輪 本田選手も今、スタートアップを支援されていますよね。本田選手に会えるツアーにきっとなる、という理解でよろしいでしょうか。

中山 あの、会うと言いますか、まあスタジアムで見れるという(笑)。

(会場笑)

これはリオデジャネイロのカーニバルの様子なのですが、これはぜひとも一生に一度はご覧いただきたいですね。

多分、ICCでこんなスライドを出すのは私ぐらいではないでしょうか。

(会場笑)

というわけで、ここまでで私の今日のプレゼンテーションは9割方目的に達しました(笑)。

ですが一応皆さんの上司や株主に対しブラジルへ行く理由が必要になるかと思いますので、ここからはその説明を始めたいと思います。

(続)

次の記事を読みたい方はこちら

続きは 6. 米テック企業にとって、ブラジルは自国に次ぐ世界第2のマーケットに をご覧ください。

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/尾形 佳靖/浅郷 浩子/小林 弘美/蒲生 喜子/戸田 秀成

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。