【最終回】「30代で時価総額1兆円に挑戦する」SHOWROOM前田氏の大いなる野望【K16-6E #9】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【最終回】「30代で時価総額1兆円に挑戦する」SHOWROOM前田氏の大いなる野望【K16-6E #9】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事もいよいよ最終回!9回シリーズ(その9)は、ソウゾウ松本さんとSHOWROOM前田さんに、新規事業の面白さや今後の目標について語っていただきました。ぜひ御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております


【登壇者情報】
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMIT」
Session 6E
「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

(出演者)
前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

松本 龍祐
株式会社ソウゾウ
代表取締役社長

小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役(当時)

(聞き手)
井上 真吾
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン
プリンシパル

坂本 達夫
AppLovin Corporation
Director Sales, Japan

【前の記事】

【本編】

SHOWROOM前田さんの処女作『人生の勝算』(幻冬舎)が出版されました!詳しくはこちら

井上 松本さんにお聞きしたいのですけれども、新規事業が作れた時が快感なのか、それともそれが世の中に広がっていくというのが快感なのか、どんなモチベーションなのでしょう。

100%上手くいくプランができる瞬間がある

松本 はっきり2つありますね。

1つは、自分の中でプランが固まった瞬間。

例えばあるアプリを作っていた時に、ブレインストーミングしていってホワイトボードにUIを描いていたんですよ。

1時間くらいブレインストーミングして、ここにこういうボタンを置いたらいいのではないの?という話になった時に、あ、これは100パーセント上手くいくね、って。

実際それで1,000万ダウンロードされているのですけれども。

サービスを作っている時に、そのようなことが人生の中で何回かあって、これはものすごい快感ですね。

もう1つは、自分が関係ないユーザーに実際に使われている時ですね。

坂本 友達や知り合いではない人ですね。

松本 友達ではない人達なんかが使っているのを見た時というのは、めちゃめちゃ嬉しいですね。

そこだけジャンキーになって、もっともっと使って欲しいみたいな。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

10億円のオーダーより、投げ銭による1円の売上

前田 僕も近くて、2つあるのですけれども、最初の1円の売上が立っているのを見た時というのは、快感なんです。

僕はリリースの快感を味わったことがなかったので、すごいなと思ったのですけれども。

それまでは自信が持てないというか。

松本さんはサービス立ち上げ経験が多いから思うのでしょうけれども、僕は経験が薄かったので立ち上がったというところまで快感が持てなかったです。

投資銀行にいた時、僕、機関投資家がお客さんだったので、10億とかって大きな枠をくれて、10億のオーダーを貰う時にはすごく快感があったのですけれども。

10億とったよ、みたいな嬉しさがありましたけど、その時の感覚よりも、「SHOWROOM」で最初のギフティング1円が投げられた時の方が気持ちよかったですね。

1円という幸せは、自分がゼロから作ったなみたいな、というのがすごく気持ちよくて、超絶な快感だった。あともう1つは、実際にサービスを使っているユーザーや、特に出演者の方と喋る時に感じる、そういった方々の人生を少しは変えられたかな、という感覚です。

出演者側には、夢を叶える機会を提供して、その人たちが正当に評価される世界を作りたいと思っているのですけれども、もし「SHOWROOM」がなかったら今頃普通にバイトなんかをしていて、芸能なんかしていなかっただろうなとか思う子に、ファンが300人位ついていてライブが盛り上がっていると、人生を変えているなと感じられて快感だし、生き甲斐を感じますよね。

これはもう、やめられなくなります。

坂本 松本さんは何度も新しいものができる快感を味わってきたと思いますが、前田さんはどうなのでしょうか。

また新しい事業をどんどん作っていきたいとか、それとも今の「SHOWROOM」をすごく大きくしていく、つまり10→100から100→1,000みたいなところに持っていくのは、ご自身にとって快感なのか。

前田 両方快感で、取り敢えずは「SHOWROOM」がDeNAの時価総額を超えるまでと思っているので、そこまではやろうと思っています。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

20代で時価総額1,000億円、30代で1兆円に挑戦する

小泉 あっという間だね(笑)!

前田 そういうことをあっという間にやって、20代は(時価総額)1,000億円に挑戦して、30代は(時価総額)1兆円に挑戦するということを大学の時からずっと思っていました。

井上 孫(正義)さんだ。

坂本 (豆腐の1丁、2丁になぞらえて)1兆、2兆と数えられるようにみたいな。

前田 ですから20代で1,000億円にすることが大事で、今そこは見えてきています。

30代で1兆円というのを「SHOWROOM」でやるのか、或いは別でやるのかというのは、その時に考えたいのですけれども。

とりあえずは、今の事業をスケールさせていくことですね。

坂本 松本さんはどうなのですか?

大きくしていく過程にはあまり興味がなくて、ある程度大きくなったらまた次に新しいことをやりたいというタイプですか?

松本 色々な人に使ってもらいたいという思いが強いので、「アッテ」においては海外に出していたりする、そこの過程はやりたいですよね。

ただ、自分が陣頭指揮を執ることがサービスとして最善なのかということですね。

先ほどの得意不得意の話で、そこはもしかしたら経営者としてや、一歩引いてプロデューサーではない立場の方がよいかもしれないです。

やはりサービスというのは子どもなので、当然、ずっと見届けたいという気持ちはありますね。

世界中の人に使ってもらいたいし。

坂本 今までご自身が立ち上げられてこられたサービスも、同じですか?

松本 同じです。

プロデューサーとして、一区切り、あそこは終わったなというのはあったりするのですけれども、その後今度はチームのリーダーや経営者としてといったように、関わり方が変わってくるという感じですかね。

坂本 なるほど。そちらも関わっていきたいというのは、もちろんあるのですね。

松本 そうですね。そちらの方が、幾つか同時に見ることができたりするので。

井上 ありがとうございます。まだまだ、沢山お話を伺いたいのですが、時間となってしまいましたので、こちらで終わりにさせていただきます。

本日はありがとうございました。

一同 ありがとうございました。

SHOWROOM前田さんの処女作『人生の勝算』(幻冬舎)が出版されました!詳しくはこちら

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

(終)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/城山 ゆかり

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。