自社にとって最適な株主は誰か?を考えよう【F17-2A #8】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

自社にとって最適な株主は誰か?を考えよう【F17-2A #8】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」【F17-2A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その8)は、資本市場を活用していくための市場との向き合い方について議論しました。元スタートトゥデイの齋藤剛さんが語るスタートトゥデイ前澤代表の哲学も必見です。是非御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております


【登壇者情報】
2017年2月21〜23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 2A
メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論

(スピーカー)
齋藤 剛
SMBC日興証券株式会社
株式調査部シニアアナリスト

長澤 啓
株式会社メルカリ
執行役員CFO

永田 暁彦
株式会社ユーグレナ
取締役 財務・経営戦略担当

米島 慶一
クレディ・スイス証券株式会社
株式調査部 マネージング ディレクター

(モデレーター)
嶺井 政人
株式会社マイネット
取締役 副社長

「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」の配信済みの記事一覧

嶺井 では次に、「資本市場を活用していくための市場との向き合い方」というところですね。

齋藤さん、アナリストとして個別銘柄のお話ってなかなかしづらいお立場かと思うのですが、是非前職のお話を伺いたく。

スタートトゥデイの時に、まさに資本市場と向き合っていらっしゃったと思うのですけれども、キャッシュがどんどんたまっていく会社さんなので、スタートトゥデイには資金ニーズがないと思うんですね。

ですから資本市場の活用というのはなかなか浮かばないかもしれませんが、そういった中で、資本市場とどういう向き合い方をしていらっしゃいましたか?

まず、資金ニーズがないというところは合っていますかね?

齋藤 資金ニーズは全くないですね。

嶺井 全くないですよね。

創業者が株を売りだすための資本市場での「地ならし」

齋藤 起業してから今に至るまで、起業して2年目に入るくらいの時に、代表の前澤(友作)さんがお父さんに借りた50万円というのが唯一の資金調達と聞いています。

(会場 笑)

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 Session 2A 「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」

嶺井 すごいですね。(笑)それだけなのですね。

齋藤 それだけですね。

嶺井 素晴らしいですね。

齋藤 皆さんご存知かどうか分かりませんが、前澤友作という人間自体が、資本主義を否定しているんですね。

おかしいと思っているところに乗り込んで土俵に乗らないと、資本市場をおかしいと言えないから上場したというのが最初のきっかけです。

あとは、特にZOZOTOWN(スタートトゥディ社)の場合は、ユーザーが20代、30代なので、そういった意味では本業の方に上場が絡まないのですけれども、やはりB to Bの取引では、上場しているかそうではないかで関係性が変わってきますよね。

そういった意味ではそこがすごく変わってきたので、後講釈なのかもしれないですが、上場した意義があったのかなと思っています。

僕は結局5年間いたのですけれども、上場しているのであれば上場しているためにやらなければいけないことをどう回していくかというところだけを考えていました。

5年くらい前だと前澤さんが50数パーセント、お蔭様で外人の投資家が40パーセントくらい持っていたため、市場にほとんど株が流通しておらず、流動性をきちんと維持するために何をしよう、というところに取り組んでいました。

結局、(株を)持って頂いている外人の投資家さんに売って下さいと言う訳にもいかないので、あとはもう、代表に売ってくれと言うしかなくて。

今は取扱高が2,000億円くらいなのですが、上場した時からずっと20XX年に5,000億円やると言い続けている会社で、それを一番信じているのが代表なので、当然今のところで売りたくないんですよ。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 Session 2A 「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」出所:2017年4月28日「平成29年3月期 通期決算説明会資料」P34から引用

それを売らせるという社内営業を僕とCFO(柳澤さん)でずっとやっていて、一方で、社長が売るとなると基本的にネガティブに捉えられてしまうんですよね。

要は、やる気がなくなったのではないかといった見方をされるので、ずっと、それを言われないようにする「地ならし」をやっていましたね。

一昨年にバイバックをして、その後で売り出しをしているのですが、両方とも全て前澤さんに株を出してもらっています。

ちょうど絵を買ったりするというタイミングだったので、絵を買うために資金調達したなどと色々言われているのですが(笑)、実は全くそういうことはなくて、株を市場に出すためにそうしたんですよね。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 Session 2A 「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」

嶺井 そうだったんですね。ありがとうございます。

永田さんは、資本市場を活用するために、どんなことを意識しながら向き合っていらっしゃいますか?

常識に囚われず自分たちに最適な手法を見極める

永田 僕以外、皆さん証券会社出身ですよね?

嶺井 そうですね。

永田 まず、あまり証券会社と向き合わないことと、

(会場 笑)

嶺井 そもそも(笑)。

永田 すみません。ちょっと今、日本語を間違えました。常識に囚われない、という意味です。

嶺井 常識に囚われない?

永田 これが適切な表現です。

こうあるべきだという話だとか、戦略ってこうだよねといった話が、あまりにも多いなと思っていて。

僕達はそれを無視していく、というか、自分たちの最適なものだけを見極めていこうという姿勢をとても大切にしています。

ですから、目的は一つで、例えばアマゾンなんだと定めたら、それを実現するための手法論が市場との付き合い方だと。

そうなると、市場の中で僕達がどう信任されて愛されていくのか、これをどう実現するのかということに脳みそが切り替わっていくということだと思うんですよね。

「株を持ってもらう」ことの意義を入れ替えていく

永田 株価を上げる必要があるのかというお話はまさにおっしゃる通りで、資本市場をファイナンスとして利用しないのであれば株価はいらないのではないかというのも本当にその通りですが、僕達には株価が必要なんですよね。

そういう意味で、取捨選択する中で結果論として個人投資家というのをすごく大切にしています。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 Session 2A 「メガ・ベンチャーのためのファイナンス戦略と資本市場の活用法を徹底議論」

これは、IPOした後のロードショーですごく体感したことなんですよね。

機関投資家って、こういう人達なんだと。

僕達は、2週間、毎日7スロットのミーティングをやったのですが、IPOして初めて機関投資家を学ぶ訳ですよね。

僕達が付き合うべき人達というのは誰なんだろうということをとことん考えていった結果、個人投資家であることに気づいて、しかも個人投資家を、更にその中で細分化していったんですね。

この中にも、色々な上場株を持っておられる方がいらっしゃると思います。

僕達は、当然、株価を上げることに全力を注ぐ訳ですけれども、僕達は、この株を持つということの意義を入れ替えていこうと考えたんですよね。

例えば、ユーグレナのシェアホルダー(株主)だということが幸せであると言えるためにはどうしたらいいのだろうとか、そうなると僕達とどういう付き合い方ができるのかとか、株主接点というのは自分たちなりに設計できるという風に考えていて、そこに相当こだわった市場との付き合い方をしてきたし、今、さらにアクセルを踏んでいるかなという風に考えています。

嶺井 勉強になります。ありがとうございます。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/Froese 祥子

続きは 企業と資本市場との対話はどう変わっていくか? をご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その9)では、会場から質問を受け付け、本業以外のM&Aをする際の資本市場からの受け止められ方や(株式)アナリストの仕事の変化などについて議論しました。是非ご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。