注目の訪日外国人旅行者向けプラットフォーム「WAmazing」【F17C-WAM #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

注目の訪日外国人旅行者向けプラットフォーム「WAmazing」【F17C-WAM #1】

LINEで送る
Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

WAmazing加藤史子さんのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その1)は、訪日外国人旅行者向けプラットフォーム「WAmazing」の概要についてお話し頂きました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017 スタートアップ・コンテスト「カタパルト」プレゼンテーションの書き起こし記事です。WAmazingは、見事優勝しました! 是非御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト・グランプリ」のオフィシャル・サポーターです。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。


登壇者情報
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 1B
CATAPULT(カタパルト) -スタートアップコンテスト-
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)
加藤 史子
WAmazing
代表取締役

横須賀で生まれ育ち、慶応大学SFC(環境情報学部)卒業後、1998年、新卒で(株)リクルート入社。インターネットが一般社会に浸透する時期にリクルートの情報事業を「紙からネット化」する新規事業開発を行う。じゃらん.net立ち上げ、ホットペッパーグルメ立ち上げなどの後、観光による地域活性・調査研究を行う「じゃらんリサーチセンター」にて主席研究員として活動。スノーレジャーの再興をめざし「雪マジ!19」他、若年層需要喚起策を各種業界に提案し「マジ部」(現在、日本の全19歳人口の7人に1人が会員として利用)を立ち上げ。国・県の観光関連有識者委員や、執筆・講演活動を行ってきたが、「もう1度、世界も視野に入れた本気のスケーラブルな事業で、日本の地域と観光産業に貢献する」を目的に、2016年7月、WAmazingを創業。(国・県の観光関連有識者委員は継続就任中)

訪日外国人旅行者向け観光プラットフォーム「WAmazing」の配信済み記事一覧

加藤史子氏(以下、加藤) こんにちは、WAmazingの加藤です。

半年前に18年間勤めたリクルートを退職して起業しました。

そして2017年2月1日に日本を訪問する外国人旅行者向けの新サービスを開始しました。

訪日外国人旅行者向け観光プラットフォーム「WAmazing」

皆さんは、海外旅行に出かける時に、どんなことに困りますか?

例えば海外の空港に行って自分のスマホを取り出すと、圏外で使えなくて困りますよね。

外国人旅行者の方も同じ事に困っているんです。

それを私達はこの箱1つで解決します。

この中にはSIMカードが入っていて、自分の携帯に差すと日本でもインターネット環境が使えるようになります。

旅行者の方は、事前にWAmazingのアプリをダウンロードして、会員登録をしておくだけです。

このアプリは今、3つの機能を提供しています。

1つ目はSIMカードを設定、受け取る、管理する機能です。

2つ目、タクシーを配車したり貸し切り予約をする機能です。

そして3つ目は観光アクティビティを予約、購入する機能です。

WAmaizingのアプリを使った旅の始まりはどのようになるのでしょうか。
動画をご覧ください。

▼▼
空港にユーザーが来ました。

WAmazingの機械からSIMを取り出して設定すると、インターネットが使えるようになります。

街歩きにもスマホは欠かせません。

(動画のように)観光していても次の観光スポットに楽に移動したい、そういう時はアプリからタクシーを呼んで配車することができます。

日本語が出来なくても大丈夫なので、非常に便利です。
▲▲

訪日外国人が最も困るモバイル通信環境を500MB無料で提供

WAmazingは世界中の人たちと日本の隅々までの魅力を出会わせるサービスです。

でもどうやってサービスを知ってもらうのでしょうか。これが一番難しいんです。

海外のユーザーに日本の1ベンチャー企業が作ったアプリをインストールしてもらうのは、とても難易度が高いです。

ではどうやるのか。無料の魔法を使いました。

なんとSIMカードと5日間500MBのデータ通信容量を無償提供します。

観光庁の調査によると、外国人旅行者が困ったことの第一位は、無料公衆無線LANが無いこと、つまりFREE WIFIが無いことと言われています。

数が少ないだけでなく、WIFIは場所固定なので、動き回る旅行者には不便です。その点SIMであれば、どんな地方にいっても、いつでもどこでも自分だけのインターネット環境が手に入ります。

主要空港の到着ロビーにSIMカード受取機を設置

そして受け取り方はとても簡単です。成田空港の全てのターミナルの到着ロビーをでれば直ぐ側にWAmazingのSIMカード受取機が設置されています。

ここに事前登録したアプリをかざすことでSIMをゲットすることができます。

この受取機は実は無料で置けているんです。

日本に来る海外の旅行者の皆さんは、8割以上が成田国際空港、関西国際空港、羽田空港、中部国際空港(セントレア)の4つの空港に集中しています。

そのうち成田国際空港はトップシェアの4割を持っています。

残りの3つの空港ともお話をさせていただき、今年(2017)中に設置完了を目指しています。

日本に訪れる外国人旅行者の8割に対して、正に日本の玄関口でリーチできる。WAmazingはそんなサービスです。

【続きは 「WAmazing」は訪日外国人旅行者にとって”手の中の旅行エージェント”になる をご覧ください】

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/城山 ゆかり

WAmazing 加藤 史子さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

 

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その2)では、訪日外国人旅行者向けプラットフォーム「WAmazing」の市場性と目指す姿や事業目標についてお話し頂きました。是非ご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。