”バカ”だと言われても「ミドリムシで世界を変えます!」と伝え続けた(ユーグレナ永田)【A16-1 #6】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

”バカ”だと言われても「ミドリムシで世界を変えます!」と伝え続けた(ユーグレナ永田)【A16-1 #6】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「ソーシャル・イノベーション実現に向けて」【A16-1】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)からは、参加者の質問にユーグレナ永田さんが回答していきました。学生から熱い質問が絶えませんでした。ぜひ御覧ください。

「ICCx AIESEC カンファレンス」は、NPO法人アイセック・ジャパン(AIESEC)とICCパートナーズが共同で開催した、AIESECに所属する大学生を対象としたカンファレンスです。当日は高い志を持った大学生250名が、ビジネスリーダー/社会起業家たちのパネルディスカッションと、質疑応答セッションに参加しました。

本年も、2017年9月15日(金)に「ICCx AIESEC 2017」を開催する予定です。参加を希望される方は、ぜひ全国25大学のAIESECの各委員会に所属ください。

Aiesec Logo


【登壇者情報】
2016年9月13日開催
ICC×AIESEC ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016
Session 1
「社会をより良くする起業家の夢の実現を支える仕事」

(スピーカー)
永田 暁彦
株式会社ユーグレナ
取締役 財務・経営戦略担当

(モデレーター)
小林 雅
ICCパートナーズ株式会社
代表取締役

「ソーシャル・イノベーション実現に向けて」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

小林 それでは質問タイムに移りたいと思います。

質問したい人はどんどん移動して下さい。

所属と名前を言っていただいてから質問をお願いします。

質問者1 早稲田大学2年の〇〇と申します、ありがとうございました。

社会的イノベーションを起こすにためには「パッション×力」が必要とのことでしたが、僕も力が欲しいのですが、永田さんはどうやって力を得たのかお聞きしたいのですが。

永田 例えば皆さん三国志を読んだことありますか?

曹操は曹氏の跡継ぎで、生まれた時からお金持ちですごくパワーを持っているけれど、僕達はどちらかというと劉備です。

今日お話したことに皆さんが少しでも共感してくれれば嬉しいなと思うのですが、自分の言っていることが正しいのであれば、それを公に発信することはすごく大切だと思います。

そのことにより、一緒に働く仲間や、応援してくれる人、出資してくれる人が生まれる訳ですよね。

そのような意味でいうと、世の中を本当に変えようという想い、それを伝える力、共感させる力があれば、実は自分自身がお金を持っていなくても、計算ができなくても、世の中を変えることができると思っています。

自分の思いを創意工夫しながら発信しよう

永田 そして必ず大切なのは、「自己責任だ」と思うことです。

僕達が13年前に「ミドリムシで世界を変えます!」という発言を繰り返していた頃、大体の人からは「バカじゃないの」と言われました。

でも、その時に「世の中が分かっていない」と思った瞬間に終わってしまいます。

そうではなく、僕達の発信力や、伝え方、表現力が劣っているのだと思えるかどうか、この力はとても重要だと思っています。

それを考え直すと、創意工夫が生まれ、チャレンジする回数が増え、実現に辿り着くと思っているので、自分が本物だと思っているのであれば、そのことを工夫することがとても大事なのかなと思います。

小林 (質問者さんは)普段情報発信で心がけていることはありますか?

質問者1 渉外に行く時も、「どうすれば伝わるかな」と考えてはいるのですが、そういった力を伸ばせていないことが現状です。

小林 では、自分のできることからしっかりやっていきましょう。

ありがとうございます。

(会場拍手)

小林 次の質問者の方、お願いします。

創業して5年間ほどは とにかくお金がなかった

質問者2 関西学院大学1年生の〇〇と申します。

宜しくお願いします。

お話を聞いていたら順調に事業が成長したように感じたのですが、事業によっては中小企業におさまることも多いと思います。

失敗があり、資金がなくなるというような状態が起こるというイメージでいたのですが。

ミドリムシのプラントを作る際等に、失敗せず、なぜ成功したのか?

なぜ上手く展開できたのか?

失敗話を少し期待していた部分もあったので、お伺いできればと思います。

小林 苦労話ということですね。

永田 2005年に会社を創業してから、2010年位までは本当に苦しかったですね。

本当にお金がなかったです。

一番酷い時は、社員が10人いるのに(会社の現預金が)2桁万円しかない時がありましたし、それで辞めてしまった人もいます。

新入社員が入る時に、親が賛成したことは一度もなかったですね(笑)。

皆苦い顔をします。

弊社に転職すると、大体は彼女にフラれるということがパターンでした(笑)。

小林 (笑)

永田 幸せな時代は、当初ほとんどなかったです。

本当にお金がなかったですし。

先ほどの質問者にお話ししたことと重なりますが、100万人に理解されることはとても大変だと思いますが、とても重要な1人か2人に理解されることがすごく大切だと思うんですね。

一番の転機は、伊藤忠商事という総合商社が「あれ、ミドリムシ結構すごくない?」と気付いてくれたことなんです。

僕達はそれまで、企業に何百回という営業をしていたのですが、伊藤忠商事が出資していただけるとなった瞬間、「伊藤忠が付いているなら、すごいんじゃない?」と。

一人のアンテナによって色々な会社が動いてくれました。

小林 それまで全部の会社にフラれていたという。

永田 そうです。

それだけ続ける、継続する想いがあったかどうかという話だと思っています。

最後の方になると僕達はとにかくお金がなかったので、ご飯は一日牛丼一杯というような生活をずっとしていました。

それでも「ミドリムシすごいんです」ということを本当に分かってもらえる人に伝えたと思っています。

だから伝わった時は嬉しかったですよね。

小林 やはり社会的に認められることですよね。

自分達は良いことをしているけれど、良いと理解されない時代は結構長いものです。

それを、いかに取り組みしていくか。

ブランディングや、マーケティングといった所に学ぶと、色々なことができると思うんです。

全く無名の所から、いかに社会に浸透させていくのかということを勉強すると、ものすごく汎用的なスキルになります。

勉強するのであれば、そういった所を学ぶと良いと思います。

質問者2 ありがとうございました。

小林 続いてお願いします。

永田さんが出雲代表に引きつけられたワケとは?

質問者3 永田さんが出雲さんのビジョンを実現したいと思ったのはいつだったのか、理由についてもお聞きしたいです。

意図は、社会課題を解決したり、社会に影響を与えるためには、自分の足りない部分を補ってくれる仲間や強力なフォロワーというものが必要だと感じました。

理想を描ける人は多くいますが、そういった強力なパートナーを見つけることができない人もいると思います。

その中で出雲さんが、永田さんを引きつけることができた理由を知りたいなと思っています。

小林 素晴らしいですね。

実は先週、出雲さん、永田さん、僕の3人で対談(鼎談)しました。

これを記事化してアップする予定ですので、後程ご確認ください。

「ユーグレナに学ぶ真の経営チームとは何か?」(3人の鼎談記事)配信記事一覧

永田さん改めてお話いただければ。

永田 僕は、元々投資ファンドにいたんですね。

でもお金がお金を生む世界みたいなものが僕は嫌だなと思っていて。

本来お金というものは、人類にとって価値があるものに向けられるべきだと思っていたので、そういう意味では、そういう社会で自分の能力を活かしたいなと思っていました。

僕は公にも言っていますが、元々はミドリムシに興味はありません。

「人と地球を健康にする」という課題に興味があり、それを解決する最大の武器がミドリムシだと思っています。

もし明日、アカクサという草の方が、栄養素も多く育てやすいとなれば、僕はアカクサでも良いと思っています。

つまり、ミドリムシに惹かれて出雲を好きになったわけではないのです。

出雲に惹かれた理由は三つあります。

まずは発信力があり、人をファンにする力があること。

2つ目は、彼と出会った時は僕はまだ学生だったのですが、3年4年付き合い、普段の生活や、休みの言動を見ていて、「この人は本当かもしれない」と思ったんですよね。本当に世界を変えようとしているんだ、と信じられたことです。

最後に彼らのチームの中で、僕というファンクション(役割)が入ることにより価値が10倍になるという確信を持てた。

自分が役に立てると感じた、このことがすごく大きかったと思います。

発信力があり、今後のことを感じることができ、自分が役立つと思えた。

ぶら下がるだけでは嫌なんですね。

自分であれば押し上げられるという気持ちからです。

質問者3 ありがとうございます。

小林 大丈夫ですか? そういった出会いは今までありました?

質問者3 いや、まだないです。

永田 絶対AIESECの中にいますよ。

小林 この合宿で出会いましょう!

(続)

続きは 世界を変える人を支える仕事がしたい(ユーグレナ永田) をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/鎌田 さくら

【編集部コメント】

本文途中にも参考記事として紹介しましたが、【新】ユーグレナの誕生-ライブドア堀江氏の支援と取締役・永田氏の参画もぜひお読みください。(横井)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。