プロマジシャン | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1. ビジネスパーソンにとっての読書とは? シーズン2も本を語り尽くす!

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その1)は、シーズン1からのホスト、博報堂ケトル嶋 浩一郎さんが作った「本屋B&B」の話から、個性的な本屋の紹介が始まります。本を選ぶように本屋を選び、本屋が準備する本との出会いを楽しむ。シーズン2もスタートからディープな読書談義の始まりです。ぜひご覧ください!
記事を読む

2. 本から学ぶのか、読書体験から学びを生むのか。前シーズンの名言を振り返る

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その2)は、シーズン1に登壇し、今回嶋さんとWホストを務めるTakram渡邉 康太郎さんによる、前シーズンの振り返りです。名言続出、非常に盛り上がった議論のエッセンスを紹介していきます。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. 読書で出会う「関係ないノイズ」「異質なもの」が、自分のアルゴリズムを強化する

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その3)は、今回加入した研究者、経営者、禅僧といったプロフィールの登壇者たちがいよいよ登場。自分にとっての読書を少しずつ明らかにしていきます。ただ読むだけでなく、読みながら何を意識しているのか。自分の仕事とのリンクを感じている方もいるようです。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. 研究者の読書とは、知識の行間やクエスチョンを見つける旅である

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その4)は、リバネス丸 幸弘さんが登場。文系の読書家たちに対して、研究者の読書を紹介します。一部かなり独特な方法も紹介されますが、大量の資料や、すぐに理解できない内容を読み込む方法は、非常に参考になります。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. Takram渡邉さんが漫画『神の雫』に見る、多重の”共著”

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その5)は、ここからが本編。ホストのTakram渡邉 康太郎さんから、一人ずつ読書のポイントや1冊を挙げて紹介していきます。「本を読んだ」とは何かという問いかけに始まり、「共著」という渡邉さんが紹介する概念から紹介された本は思わぬ作品です。ぜひご覧ください!
記事を読む

6. 「理解できないものに挑む読書こそ、価値がある」リバネス丸さんの主張

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その6)は、リバネス丸さんの読書スタイルとおすすめの1冊を紹介。オーソドックスな本選びのポイントから紹介されたのは、丸さんが研究者としての原点だという1冊。「内容が難しければ難しいほどいい」と訴えるその理由とは?ぜひご覧ください!
記事を読む

7. 仕事も趣味もひたすら多読、慶應義塾大学 琴坂さんの血肉となる読書

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その7)は、慶應義塾大学 琴坂 将広さんの紹介。「捕食」「100円コーナーを一気買い」など、尋常ではない伏線を見せてきた琴坂さんの読書スタイルが明らかになります。ジャンルを問わず多読・乱読・積ん読、紙、電子書籍、何でも読む琴坂さんが、研究者になることを決めた1冊とは?ぜひご覧ください!
記事を読む

8. 「見えるものだけが真実ではない」春光院 川上(全龍)隆史 さん、HLAB高田さんが想像する文章の背景

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズ(その8)は、春光院 川上(全龍)隆史さんと、HLAB高田 修太さんが自分の読書を紹介。禅僧の仕事は「すべてを疑う」ことといいますが、そんな川上さんが面白いと感じる1冊とは。マジシャンでもある高田さんは、今の景色から過去に思いを馳せる1冊を紹介します。ぜひご覧ください!
記事を読む

9. 「本屋B&B」を作った嶋さんが勧める、「効果効能を求めない読書」の愉しみ【終】

「大人の教養シリーズ『読書』〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2 )」全9回シリーズの最終回は、ホストである博報堂ケトル嶋 浩一郎さんの読書を紹介。自分が読まないジャンルの本も必ず読み、時々の「当たり」に喜ぶ嶋さんがおすすめする1冊とは? もっと本が読みたくなる読書セッション、最後までぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】大人の教養シリーズ「読書」〜ビジネスパーソンこそ本を読め!(シーズン2)(全9回)


記事を読む