【NEW】ICC サミット KYOTO 2024 開催情報詳しくはこちら

「クラウドワークス」が展開する「CrowdLog」は、工数管理の課題を解決し、企業の生産性向上に貢献する(ICC FUKUOKA 2024)

カタパルトの結果速報、ICCサミットの最新情報は公式X(旧Twitter)をぜひご覧ください!
新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC FUKUOKA 2024 ガーディアン・カタパルト (シーズン2) – 頂上対決 -に登壇した、クラウドワークス 磯辺 美穂さんのプレゼンテーション動画【「クラウドワークス」が展開する「CrowdLog」は、工数管理の課題を解決し、企業の生産性向上に貢献する(ICC FUKUOKA 2024)】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に学び合い、交流します。次回ICCサミット KYOTO 2024は、2024年9月2日〜9月5日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションのオフィシャルサポーターはICCパートナーズです。

【速報】契約業務に変革を起こすクラウドサービス「Hubble」がガーディアン・カタパルト優勝!(ICC FUKUOKA 2024)


【登壇者情報】
2024年2月19〜22日開催
ICC FUKUOKA 2024
Session 12A
ガーディアン・カタパルト (シーズン2) – 頂上対決 –
Sponsored by ICCパートナーズ

磯辺 美穂
株式会社クラウドワークス
クラウドログ事業推進部 部長
HP | X(旧Twitter)

新卒でSIer企業にシステムエンジニアとして入社。 工数管理の重要性を身をもって実感し、クラウドログ事業部へ参画。 セールス、カスタマーサクセス、プロダクトマネージャーなどを経て、2023年より事業責任者に就任。


磯辺 美穂さん こんにちは、クラウドワークスの磯辺と申します。

本日は、工数管理ツールCrowdLogをご紹介させていただきます。

クラウドワークスが展開するSaaS事業「CrowdLog」

皆さん、クラウドワークスがSaaS事業を展開していることはご存知でしたか?

クラウドワークスといえば、お仕事や人材マッチングのイメージが強いのではないかと思いますが、実はSaaS事業も展開しています。

▶︎フリーランス人材プラットフォーム:CrowdWorksビズアシ
▶︎エンジニア・デザイナー領域:Crowdtech
▶︎クラウドソーシング:CrowdLinks

本日は、そのSaaS事業についてお話しします。

誰でも、簡単に工数管理ができるツール

まずCrowdLogとは、 誰でも、簡単に、意味のある工数管理を実現できるツールです。

工数管理とは、誰が何に何時間使ったかを可視化し、時間の内訳を把握、改善、最適化を図ることができる手段です。

工数管理の3つの活用シーン

工数管理の主な活用シーンをご紹介します。

まず、プロジェクトの採算管理です。

プロジェクトごとに工数管理を行うことで、コストを把握して利益の最大化を図ることができます。

次に、業務改善、DX推進における作業の定量化です。

ルーティンワークはなるべく減らして、より付加価値の高い仕事に時間を使うように、普段の時間の使い方の意識を変えていくことが可能です。

最後が、ソフトウェアの資産計上で、これにも正確な工数データが必要になります。

上場準備にも必要です。

このように工数の情報を取得することで、利益の改善や生産性向上が可能になるので、工数管理は企業にとって非常に有効なものだと考えています。

工数管理が進まない理由

ですが、工数管理はなかなか運用が定着しづらいものです。

その要因は、入力が面倒なので従業員が入力しない、集計作業に膨大な時間がかかりリアルタイムで可視化できない、など様々な課題があることです。

その結果、 工数管理はやるだけ無駄、意味がないとして、やめてしまいます。

ですが、工数管理に意味がないのではなく、工数情報を取得して利益改善や生産性向上につなげられていないのが問題であると考えています。

ワンクリックでカレンダーに工数を登録可能

CrowdLogなら、簡単に工数の情報を取得することができます。

どれだけ簡単か、デモ動画をご覧ください。

まず、カレンダーとの連携が可能なので、カレンダーをもとに、ワンクリックで工数の登録ができます。

まだ隙間が空いていますが、「まとめて登録」という機能がありますので、業務を選択いただき、使った時間を割合で入力いただきます。

これだけで1週間の工数の入力が完了しました。

データが集まれば、レポート画面で見たい情報を選択して、数値を確認するだけです。

スタートアップから大手まで750社以上が導入 

おかげさまで、現在の導入企業は750社で、様々な業界でお使いいただいています。

ARR5.5億円とまだまだこれからの事業ではありますが、事業成長を続けることができています。

生産性向上SaaS「クラウドログ」、ARR5億突破~既存導入企業の利用部門拡大と大手企業の新規導入が堅調 平均解約率0.8%と高い満足度を維持~(CROWDWORKS)

M&A前は、会社のお荷物的な存在だった

そんなCrowdLogですが、M&Aにより、事業譲渡という形でクラウドワークスにジョインしました。

私自身も、もともとは買収された企業の一社員で、M&Aがきっかけでクラウドワークスに入社しました。

ここで少し、クラウドワークスにジョインする前のお話をさせてください。

実は以前の会社では、CrowdLogは会社のお荷物的な存在でした。

その会社では、新規事業への投資は優先度が低く、工数管理事業を続けることに賛成している人は、多くありませんでした。

「そんなサービス売れるの?いつまでやってるの?」という声を、たくさん頂きました。

広告費はほぼゼロで、メンバーも数名規模で、細々と行われている事業でした。

「こういうツールが欲しかった」という現場の声

そんなあまり応援されていない事業でしたが、当時私がお客様のところに営業としてプロダクト紹介に行くと「こういうツールが欲しかった、かゆい所に手が届いていて本当に良いプロダクトですね」というポジティブなコメントをたくさん頂きました。

なので、このツールは絶対に社会の役に立つ、この事業はもっと伸びると思っていました。

そんなある日、クラウドワークスにジョインすることが決まりました。

予算がつき、これまでできなかった取り組みに挑戦

突然、運営する会社が変わり、組織カルチャーも仕事の進め方も全く異なる会社になり、正直戸惑ってしまい、前向きな気持ちで取り組むことがなかなかできませんでした。

ですがクラウドワークスでは、この事業の成長性や低い解約率、プロダクトの良さを評価してもらうことができ、だんだんと私の中で「クラウドワークスの中でCrowdLogを伸ばしていきたい」という気持ちになっていきました。

その後、広告や採用に予算をつけてもらえるようになり、ホームページのリニューアルや展示会への出展など、これまでできなかった取り組みにたくさん挑戦し、新たな顧客を獲得することができました。

数名だった組織も、今ではたくさんの仲間が増えました。

私自身も、いち営業でしたが、事業責任者にチャレンジするチャンスを頂きました。

お荷物な存在でしたが、諦めずに続けてきた結果、クラウドワークスにジョインし、ARRは8倍の5.5億円になりました。

工数管理の課題を解決して、生産性向上に貢献 

勿論、まだまだこれからの事業ですが、ARRが5億円を超えるということは、工数管理という領域に確実に企業の課題があり、CrowdLogがそれを解決できていることの証拠だと考えており、私はこの事業に自信を持っています。

私はこれからも、CrowdLogで工数管理の課題を解決し、企業の生産性向上に貢献していきたいと思っています。

皆さん、是非一度CrowdLogを使ってみてください。

ありがとうございました。

▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

カタパルトの結果速報、ICCサミットの最新情報は公式X(旧Twitter)をぜひご覧ください!
新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/森田 竜馬/小林 弘美/正能 由佳/戸田 秀成

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!