「弁護士費用は高い?」労働事件にまつわる誤解 – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(3) 【K16C-NLN #3】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

「弁護士費用は高い?」労働事件にまつわる誤解 – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(3) 【K16C-NLN #3】

LINEで送る
Pocket

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

日本リーガルネットワークのサービス残業問題を解決する「残業証拠レコーダー(残レコ)」のプレゼンテーションを4回シリーズでお届けします。(その3)は、残レコが解決する弁護士や労働事件に関する誤解についてお話し頂きました。2016月9月6日・7日に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016スタートアップ・コンテスト「カタパルト」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」
Session 1B
CATAPULT(カタパルト) - スタートアップコンテスト -
Supported by IBM BlueHub
 
(プレゼンター)
 
南谷 泰史
株式会社日本リーガルネットワーク
代表取締役CEO
 
1987年生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。同大学を卒業後、司法修習を経て、2011年、西村あさひ法律事務所に入所し、弁護士として勤務。
その後、一般的な弁護士像とは異なるスキル、メンタリティを習得したいとの思いから、同事務所を退職、一旦、法曹界を離れ、2013年、経営コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループに入社。同社では、コンサルタントとして、ウェブ関連事業、商社、製造業、金融等、様々な業界のプロジェクトに従事。
Legal Techの分野で社会課題の解決に貢献する事業を造ることを目指し、2015年に同社を退社し、株式会社日本リーガルネットワークを設立。自身でも弁護士の実務を行いつつ、同社にて、残業代の請求をサポートするスマートフォンアプリ「残業証拠レコーダー」を開発、提供している。

その1はこちらをご覧ください:【新】 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(1) – リーガルテックでサービス残業問題を解決【K16C-NLN #1】
その2はこちらをご覧ください:注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(2) – ブラック企業と戦うスマホアプリ”残業証拠レコーダー” 【K16C-NLN #2】


残レコ(残業証拠レコーダー)」がサービス残業問題を解決します。続いては、残業代の請求に対するハードルと解決策を説明いたします。

弁護士や労働事件への誤解

ここまでで残業代を請求しようと思った場合、やはり弁護士に依頼したいかと思います。しかし、ここで、弁護士や労働事件への誤解がハードルになります。

例えば、弁護士に依頼するとすごく高くて、ほとんどが弁護士費用で消えてしまうのでないか?ですとか、あとはドラマなどのイメージだと思いますが、弁護士に頼むとすぐに裁判になって、周囲に広まって大ごとになるのではないか?と思う方がいます。

でも、これらは実際には誤解です。

例えば、弁護士報酬ですと、300万円請求して獲得した場合、よくある料金基準では、弁護士報酬は24%程度です。

そのため、この場合、依頼者の手元に、228万円、76%残ります。大部分は依頼者の手元に残るんですね。

残業代請求の流れ

すぐ裁判になるのかという話についても、通常は、依頼後、まずは会社側と示談交渉します。

そして、示談で解決できない場合も、訴訟、いわゆる裁判はせずに労働審判という手続を行います。それでも解決しない場合に訴訟という流れです。

そして、ほとんどのケースは、示談か労働審判で解決します。そして、これらは非公開の手続きで、守秘義務契約が結ばれるのがほとんどなので、通常、思われているほど大ごとにはなりません。

残業代に関する法律知識

残レコでは、これらの誤解を解くためにQ&Aを設けています。UIはまだまだなのですが、残業代に関する法律知識や、弁護士や労働事件の実態についての網羅的なQ&Aになっています。

そして、いざ請求される際には、アプリ上から、近くの残業代請求を取り扱っている弁護士さんにコンタクトがとれます。なお、これは弁護士さんの広告にもなっています。

現時点で、ほぼ全都道府県で対応する弁護士さんがいらっしゃいます。

残レコでは、こういった形で、残業請求までのハードルを解消していきます。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成

スマホアプリをダウンロードする場合は、「残レコ」をご覧ください。

続きは 【最終回】ブラック企業と戦う”残レコ”のビジネスモデル – 注目のベンチャー特集「日本リーガルネットワーク」(4) をご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「社会起業家」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。