2.注目ベンチャー「WAmazing」「Relux」「アソビュー」はどんな会社? – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

2.注目ベンチャー「WAmazing」「Relux」「アソビュー」はどんな会社?

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「急成長するインバウンド市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!」8回シリーズ(その2)は、WAmazing加藤さん、Relux篠塚さん、アソビュー山野さんが幼少期の写真、自分の会社の最大の資産、最近の残念なことなどを含め自己紹介いただいています。ぜひ御覧ください。

▶ICCパートナーズではオペレーション・ディレクター及びコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)との募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCカンファレンス KYOTO 2017のプラチナ・スポンサーとして、レノボ・ジャパン株式会社様に本セッションをサポート頂きました。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2018は2018年9月3日〜6日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年9月5日・6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2017  Session 6D
「急成長するインバウンド/観光/レジャー市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!」Supported by レノボ・ジャパン

(スピーカー)
大西 啓介
株式会社ナビタイムジャパン
代表取締役社長 兼 CEO

加藤 史子
WAmazing株式会社
代表取締役社長

篠塚 孝哉
株式会社Loco Partners
代表取締役社長

山野 智久
アソビュー株式会社
代表取締役社長

(モデレーター)
柴田 啓
株式会社ベンチャーリパブリック
代表取締役社長

「急成長するインバウンド市場のビッグ・ウェーブ」の配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
1.急成長するインバウンド市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!

本編

柴田 自己紹介、次に行きましょう。

では、加藤さんお願いします。

加藤 史子氏(以下、加藤) よろしくお願いします。


加藤 史子
WAmazing株式会社
代表取締役社長

横須賀で生まれ育ち、慶応大学SFC(環境情報学部)卒業後、1998年、新卒で(株)リクルート入社。インターネットが一般社会に浸透する時期にリクルートの情報事業を「紙からネット化」する新規事業開発を行う。じゃらん.net立ち上げ、ホットペッパーグルメ立ち上げなどの後、観光による地域活性・調査研究を行う「じゃらんリサーチセンター」にて主席研究員として活動。スノーレジャーの再興をめざし「雪マジ!19」他、若年層需要喚起策を各種業界に提案し「マジ部」(現在、日本の全19歳人口の7人に1人が会員として利用)を立ち上げ。国・県の観光関連有識者委員や、執筆・講演活動を行ってきたが、「もう1度、世界も視野に入れた本気のスケーラブルな事業で、日本の地域と観光産業に貢献する」を目的に、2016年7月、WAmazingを創業。(国・県の観光関連有識者委員は継続就任中)

柴田さんから「幼少期の写真を」とのリクエストをいただいたので、本当に幼少期の写真を持ってきてしまいました。

▶編集注:かわいい!(浅郷)

小学校2年生くらいですね。私が生まれ育った横須賀市久里浜に珍しく雪が積もった時です。

当時こんなに雪が積もることは非日常的なことだったので、とても嬉しかったという写真です。

柴田 では、2つ目の質問です。「自分の会社の最大の資産は何でしょうか」。

ユーザーはお客様であり、「宣伝マン」でもある

加藤 WAmazingはまだ創業1年の会社で、何が資産かと聞かれると辛いところもあるのですが。

柴田 加藤さんそのものが資産なのではありませんか?

加藤 ありがとうございます(笑)

これは先日(2017年)8月15日に、WAmazingのサービスについてApple Dailyという台湾のメディアが勝手に動画を作ってくれたものです。その日中に9万視聴くらいに達しました。

ユーザーがエバンジェリストになってくれています。ユーザーアンケートを取ると、8割以上の認知が「友達から聞いた」となっています。

実は幼少期の雪の写真にも絡むのですが、前職のリクルートで立ち上げた「雪マジ!19」というスキー場活性化プロジェクトも8割以上がクチコミで、今は全国の19歳の5人か6人に1人が会員のサービスです。

雪マジ!19

WAmazingはまだ創業1年ですが、1つ資産として言えるとすれば、世界のユーザーの人たちが宣伝マンになってくれることです。

ユーザーがお客さんであり、宣伝マンであり、担い手であるようなサービスになってきていると思います。

柴田 コミュニティ・マーケティングですね。

加藤 はい。

柴田 3つ目の質問「残念だったこと」です。

スライドのこれは何の数字でしょうか。

加藤 実は、これは昨晩遅くに解決してしまったのですが。

WAmazingは今主要空港にSIM受け取り機を独自開発して設置しています。独自開発とはいっても、中古自動販売機を活用しています。

しかし、それは日本全国にほとんど流通していなくて、空港開拓はどんどん進んでいるのに、中古流通しているものが少なく仕入れができず「6個足りない」ということが残念でした。

しかし昨晩遅くに突如19個発掘できました(笑)すぐに押さえました。

柴田 日本にあったのですか。

加藤 日本にありました。これを今朝の11時までに決めないと、また流れていってしまいますというところでした。

柴田 おお、おめでとうございます。

では、篠塚さん、お願い致します。

プロダクトが変わったとしても、資産である「人」がいる

篠塚 孝哉氏(以下、篠塚) おはようございます。Reluxの篠塚と申します。


篠塚 孝哉
株式会社Loco Partners
代表取締役

1984年生まれ、2006年に東洋大学経済学部を卒業後、Washington State Universityへ留学。帰国後、2007年に株式会社リクルートに新卒にて入社。旅行カンパニーに配属。2011年9月に株式会社Loco Partnersを創業。2013年4月より一流ホテル・旅館の宿泊予約サービスReluxを運営している。

僕も幼少期の写真について何を持ってこようかと色々な写真をひっくり返しながら考えました。

僕は小学校から高校までずっとサッカーをやっていたので、その頃の写真を持ってきました。

2つ目の「最大の資産は何か」という質問について色々と考えた結果、「人」という答えに辿りつきました。ちなみにこの写真の真ん中にはサッカー選手の香川真司さんがいます。

柴田 それを見せたかったのですね。

(会場笑)

篠塚 それもあります(笑)。

よくReluxというプロダクトが先行しているように思われるのですが、Reluxは色々な事業部や人材、言語が必要なサービスです。

カスタマーサポート、開発、セールスからグローバルチェーンまで全部社内で行っています。

そのため今ちょうど100人くらいの組織になってきたのですが、弊社で最大の資産は何かというとやはり「人」です。

プロダクトが変わっても色々なものが作れるという意味でこの写真を選ばせてもらいました。

柴田 経営者らしくなってきましたね。

篠塚 ありがとうございます。

柴田 そして最後に「残念だったこと」は如何でしょう。

篠塚 49%という数字です。

ご存知の方もいるかもしれませんが、弊社は3月にKDDIグループの一員となり、今期からかなり精密な事業計画を立てています。

しかしその達成率が半期の現在49%で、大幅未達が続いています。そこが残念です。

ただ、言い訳をする訳ではありませんが、前年に比べて伸び率は250%くらいです。

伸びは良いのですが、コミットしている数値には届いていないというところで、嬉しくもあり残念でもあるというところです。

柴田 では最後に山野さんお願いします。

アソビュー山野氏の自己紹介

山野 智久氏(以下、山野) おはようございます。アソビューの山野です。


山野 智久
アソビュー株式会社
代表取締役社長

1983年千葉県生まれ。アソビュー(株)代表取締役社長。「ワクワクを、すべての人に」をミッションに掲げ、テクノロジーを用いて余暇時間の課題解決をする事業を展開。日本全国の体験、アクティビティ、レジャーチケットなどが予約購入できる日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!(アソビュー)」、お出かけ情報メディア「asoview! NEWS」「asoview! TRIP」などWEBサービスを運営。また、自治体の観光分野のコンサルティング、メーカー等、ナショナルクライアントの商品プロモーションも手がける。地方創生分野では、イノベーティブなソリューションによって、地域事業の生産性の向上に貢献し、地方創生を実現することを目的とした(一社)熱意ある地方創生ベンチャー連合を立ち上げ、共同代表理事に就任。自治体の観光アドバイザーを歴任するなど多方面で活動。2007年 明治大学法学部法律学科卒。大学在学中に累計30万部のフリーマガジンを主催。新卒にてリクルートに入社。

幼稚園、小学校、中学校の運動会の写真を持ってきました。

僕は「ミスター運動神経」と言われるほど運動が得意で、それを表現するために運動会の写真をいくつも持ってきました。

幼稚園の頃は可愛かったのですが、小学校からは今まであまり変わっていないですね(笑)

キャラクターも変わっていなくて、小中学校と応援団長をやっていました。

柴田 ちょっとワルだったのですか?

山野 悪くはありませんでした。真面目なガキ大将だったと思います。

2つ目の質問「自分の会社の最大の資産は何でしょうか」ということでした。

ある資産を表す1枚としてこの写真を持ってきました。

先に言いますと、この場で営業したいと思ってこの写真を選びました(笑)

我々はテックカンパニーで、ウェブで遊びのマーケットプレースを作っています。

この夏には、江ノ島の横にある腰越海水浴場でグランピングビーチというビーチを作りました。要するに海の家をプロデュースしました。

本当はプロデュースをするだけのはずだったのですが、結局自分たちでほぼ全部やることになりました。

ちなみに、加藤史子さんにも来ていただきました。こうして私は店長になりました。

120人の会社の社長がなぜか店長として担わざるを得なくなりました。

何を言いたいかと言いますと、我々はインターネットの会社ですが、これは全部自前で買った「資産」なのです。

柴田 投資家は怒らないのですか。

山野 ここからです。これを回収しなくてはいけません。

皆さんの会社で宴会やキックオフ等のパーティが行われることがあると思いますが、我々はグランピングのセットを持っていますのでレンタルできます。あるいは肉を焼きます。

そのように使って頂きたいと思い、今日はこの資産を写真で持ってきました。

加藤 海の家は、海の家をつくった建築資材を倉庫に入れて保管しておいて、また夏になったら組み立てて、、とやると建築資材が減価償却されて、お天気も平準化されて黒字が出ると言われますが、3年位やられるのですか。

山野 もうやりません(笑)皆さんに借りて頂くことで回収したいと思います。

もう絶対にやりません。

(会場笑)

柴田 続いて、「最近残念だったこと」です。

山野 こちらは、今年の7月17日から8月16日くらいまでの日照時間が、昨年対比で54%減であったという数字です。

どこのエリアを取るかにもよりますが、関東ではこんな状況になっていました。

我々は遊び、つまり旅行先で何をするかというレジャーを販売している会社ですが、非常に天気に左右されます。

テックカンパニーながらもかなりリアルに寄っているサービスを提供しているため、ここが大きく売上に影響してくるというところがありまして、今年の夏は非常に辛かったというのがこの数字です。

柴田 確かにつらいですね。

(続)

次の記事を読みたい方はこちら

続きは 観光産業は2030年に15兆円規模、自動車産業より大きくなる をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/立花 美幸/浅郷 浩子/戸田 秀成

【編集部コメント】

香川選手との写真、うらやましいです! 今年の夏の好天と、海の家資材のフル稼働をお祈りしています。(浅郷)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。