8.日本人が知らないだけ?訪日外国人観光客が注目する観光資産とは【終】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

8.日本人が知らないだけ?訪日外国人観光客が注目する観光資産とは【終】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「急成長するインバウンド市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!」8回シリーズ(その8)は、新しいビジネスアイデアや、訪日観光客が注目する日本の観光資源について。人が集まることで観光地化されたところもあるそうです。ぜひ御覧ください。

▶ICCパートナーズではオペレーション・ディレクター及びコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)との募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCカンファレンス KYOTO 2017のプラチナ・スポンサーとして、レノボ・ジャパン株式会社様に本セッションをサポート頂きました。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2018は2018年9月3日〜6日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年9月5日・6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2017  Session 6D
「急成長するインバウンド/観光/レジャー市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!」Supported by レノボ・ジャパン

(スピーカー)
大西 啓介
株式会社ナビタイムジャパン
代表取締役社長 兼 CEO

加藤 史子
WAmazing株式会社
代表取締役社長

篠塚 孝哉
株式会社Loco Partners
代表取締役社長

山野 智久
アソビュー株式会社
代表取締役社長

(モデレーター)
柴田 啓
株式会社ベンチャーリパブリック
代表取締役社長

「急成長するインバウンド市場のビッグ・ウェーブ」の配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
1.急成長するインバウンド市場のビック・ウェーブに乗り遅れるな!

1つ前の記事
7.日本の民泊市場でAirbnbは独り勝ちするのか?

本編

柴田 では次の質問です。もし今から旅行・観光系の新しいスタートアップを立ち上げるとしたらどんなビジネスアイデアがありますか。

旅行・観光系スタートアップを立ち上げるなら?

篠塚 絶対やりたいと思っているのはメタ領域で、アプリです。

どのサイトも結構コモディティ化していってしまっているので、検索の最適性を作り出したいです。

ナビタイムさんの思考に近いかもしれませんが、検索してから予約までの経路を最短にできるようなツールはまだまだないと思っています。

検索を始めて3~4秒くらいで予約ができるようなアプリができると結構面白いと思います。

世界的には急成長しているそのような会社がいくつかあるので本当は参入したいと既に思っています。

柴田 では、僕が出資します(笑)

篠塚 ありがとうございます(笑)

加藤 旅行市場は実は国内市場の方が大きいです。国内市場は20兆円くらいの一方、インバウンドはまだ4兆円くらいです。

ですので、もう一度国内市場で、国内市場が伸びるのはシニア市場なので、墓ビジネスと観光を組み合わせた新事業をやりたいです。

柴田 シニア旅行ビジネスですね。

加藤 ええ。

今閉山しているスキー場の禿山に樹木葬を誘致してそこを美しい山に蘇らせながらお墓参りと観光がセットになるという事業です。

柴田 良いですね。

では、終わりの時間が近づいてきましたので、皆さんに作って頂いたスライドをベースにしながら締めたいと思います。

日本人が知らない、インバウンドの観光客に人気な日本の観光資産とはどのようなものがあるのかを皆さんにお聞きしました。

訪日観光客に人気な日本の観光資産は?

柴田 これが面白いです。まずは大西さんからお願いします。

大西 「NAVITIME for Japan Travel」の先ほどのアプリでログを見ていたら無人駅にログが集中していました。

アンケートで国籍をタイに選択している人のログが集中しており、インスタグラムや写真共有サイトなどで公開されている写真とこのログ情報を照らし合わせてみると、スライドにあるような写真が見つかりました。

こういった、富士山と五重塔と桜が一度に観られるところはあまりありませんよね。

日本人の知らない外国人ならではの視点で見つけた場所を写真に撮って、SNSに投稿して拡散するというのが、ログから発見できたのは面白かったと思っています。

柴田 ここに行くのは大変なのですか?

大西 まだ無人駅なのですが、たくさん人が来るようになったので、今は物見台ができました。

我々はその後、山梨県の観光アプリもこれで受託しました。今後も一緒にこういった資源を発掘しましょうということになったので、これは非常に良いきっかけになりました。

柴田 東京からどのくらいでいけるのですか。

大西 河口湖がそこに見えるのですが、2時間半かからないくらいです。

柴田 確かに最近外国人にここに行きたいと聞かれますね。どうやって行ったらいいのでしょう。

大西 スライドにありますが、下吉田駅で降りると歩いていけます。

柴田 ありがとうございます。では、次は加藤さん。

加藤 こちらは、和歌山県の桃農家さんの風景です。中国からの訪日観光客により、自然発生的にツアーができたということを、ピーチ・アビエーションの井上社長がおっしゃっていました。

参考画像 出所:紀の川市観光協会

加藤 「桃源郷」や「桃」は中国大陸の方にとって縁起が良いので、桃のLCC(=ピーチ・アビエーション)に乗って、和歌山の桃源郷を見に行くというものです。

ここは単なる農家で、全く観光地ではないので農家さんは、驚いて、少し迷惑しているということですが。

自然発生的に「桃源郷だ」といって「桃の飛行機」に乗ってやってくるという、全く我々が知らなかったものです。

柴田 なるほど。面白いですね!

では、篠塚さんお願いします。

篠塚 見たことがある方がいらっしゃるかもしれませんが、The Ryokan Tokyoという湯河原にある宿です。

篠塚 この宿は非常にユニークで、インバウンド観光客のためだけに作られており、日本の文化を全て詰めこんでいるような宿です。

日本人が行くと違和感が凄くあると思いますが、例えれば海外にある日本のアミューズメントパークのような感じです。コスプレがあったり、習字が体験できたり、輪投げがあったり、食事はラーメンもカレーも餃子もあるような。

実は、(WAmazing)加藤さんと千葉(功太郎)さんが経営されている旅館で、訪日旅行客のためだけに作った宿だったそうですが、蓋を開けてみると日本の方もたくさん来たという、新しく面白いコンセプトの旅館だと思っています。

柴田 加藤さんにも色々聞いてみたいところですが、お時間もあり、山野さんで締めさせていただきたいと思います。

山野 「パウダースノー」という切り口でこの写真を挙げました。

山野 日本には近隣諸国からたくさんの外国人旅行者に来ていただいていますが、それらの国には雪が降りません。

非日常を体験するといったとき、自分のところにないものだと分かりやすいので、「雪」というのが良いコンテンツになります。

また、「パウダースノー」と言いましたが、日本は圧倒的に雪質が良いです。ニセコもそうですし、最近では、草津や伊香保などの温泉街+雪遊びができるところが流行ってきています。

パウダースノーという観光資源が、日本にとっては大きな資産なのではないかと思っています。

柴田 ということで時間になりました。まだ質問は10問くらい用意していたのですが(笑)、また別の機会に聞かせてもらいたいと思います。

皆さんパネリストの方に拍手をお願いします。

一同 ありがとうございました。

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/立花 美幸/浅郷 浩子/戸田 秀成

【編集部コメント】

こちらの想像以上に、外国人は日本のいろいろなところを訪れているのですね。The Ryokan Tokyoが面白そうで、泊まってみたいと思いました。(浅郷)

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。