Abema TV は新たな視聴習慣を作れるのか?(サイバーエージェントの挑戦)【K16-3B #2】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

Abema TV は新たな視聴習慣を作れるのか?(サイバーエージェントの挑戦)【K16-3B #2】

Pocket

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「急成長する動画ビジネスの最新事情」【K16-3B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8 回シリーズ(その2)は、サイバーエージェント小池さんにAbema TVの現状とユーザーの視聴スタイルについて語って頂きました。是非御覧ください。

ICCサミットは新産業のトップリーダー600名以上が集結する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCサミット FUKUOKA 2018は2018年2月20日〜22日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

 

 


【登壇者情報】
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMIT」
Session 3B 「急成長する動画ビジネスの最新事情」
 
(スピーカー)
上坂 優太
株式会社Viibar
代表取締役
 
小池 政秀
株式会社サイバーエージェント
常務取締役
 
高松 雄康
株式会社オープンエイト
代表取締役社長 兼 CEO
 
吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役
 
(モデレーター)
前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

「急成長する動画ビジネスの最新事情」配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
急成長するスマホ動画ビジネス-エブリー吉田氏が語る分散型メディアの挑戦【K16-3B #1】

本編


小池 政秀氏(以下、小池) サイバーエージェントの小池と申します、よろしくお願いします。



小池 政秀
株式会社サイバーエージェント
常務取締役
 
1975年 静岡県下田市生まれ 法政大学経営学部卒業
1998年 萩島商事株式会社(現:アイア株式会社)入社。
2000年リンクメディア入社 同年 プラットフォーム・フォー・イー・ドットコム立ち上げ参加
2002年 株式会社サイバーエージェント入社
2004年 広告局 営業統括本部長
2007年 Ameba事業本部ゼネラルマネジャ-
2011年 株式会社AMoAd設立 代表取締役就任
2012年 株式会社サイバーエージェント取締役就任
2014年 同社 常務取締役就任(現任)

当社は、大きく分けると、広告領域、メディア領域、ゲーム領域を進めています。私が担当している領域は、メディアです。

僕らがやっているメディアの一覧を持ってきました。既存と書いてあるのが、10年ほど前からやっているアメブロやアメーバピグ、ゲーム、755(ナナゴーゴー)やspotlight(スポットライト)をやっております。

ここ1〜2年で立ち上げ始めているのが、AWA(アワ)やコンテンツ・サービスですが、1番 私も社長の藤田も時間をかけているのが、1番右の赤く塗っている Abama TV(アベマTV)です。

数字で見る 「Abema TV」

スライドには25チャンネルとあるのですが、いまは30チャンネルほどに増えていて、いまも日々増えています。

赤く塗っている部分が、内製で作っているチャンネルで、ニュースを24時間、バラエティも30番組ほど、1週間配信しています。

なんとか毎日ニュースやバラエティが提供出来るような内製の体制にしつつ、誰かしら1つや2つ、趣味に引っかかるようなコンテンツを増やしていった結果、今は30個ほどのチャンネルになったという経緯です。

先日リリースして以来、順調にダウンロード数が伸びています。

これはタブレットとスマートフォンの数ですが、先々週にリリースして、700万ダウンロードほどになっております。スタート当初、100-200万ダウンロードぐらいのときは、30-40代の都会に住まれている中年男性によく見て頂いていたのですが、TVCMを打ってグロースするに従って、若い層が増えてきています。

右上のグラフですが、18歳〜24歳、25歳〜34歳の世代がマジョリティーになって来ているのがポイントです。

スマホの比率は78%で、PC・タブレットが少し増え始めているのと、クロムキャストやAmazon Fire TVへの対応をして、テレビを通した視聴も増えてきました。

Wi-Fiは73%で意外に多かったなという感じです。

Abema TVの中でFRESH!(フレッシュ)という生放送のプラットフォームを運営しておりまして、この秋からグロースするタイミングです。

AbemaTV以外では、料理投稿サービス「ペコリ」や、芸能人を使ったキャストのサービスなども運営しております。本日はよろしくお願いいたします。

「AbemaTV」でエンゲージメントの高いコンテンツは?

前田 よろしくお願いいたします。いくつか質問があります。

AbemaTVに関して今25チャンネルとおっしゃっていましたが、ユーザーの行動を見てみた結果、これが1番見られているというものや、あるいは見られている人数以外のところで、コメントなどから見てエンゲージメントが高いコンテンツはこれであるなど、分析して分かったことがあれば教えて頂きたいです。

小池 そうですね。スタート当初からやはり人気なのは、アニメですね。

アニメがやっぱり勢いが良くて、ユーザーもかなり定着して頂いているのですが、この2ヶ月くらいでニュースがやっと伸び始めています。

ニュースを入口に視聴習慣が少しずつ出来ているのかなという感じです。

あとは、弊社の代表の藤田の影響もありまして、マージャンのコンテンツもありまして、市場規模も大きくて、視聴者は一度見出したらずっと見ています。釣りとマージャンは見出したら、ずっと長時間見ています。

前田 面白いですね。コンテンツによって、ユーザーに期待する視聴スタイルは結構変わってくるということでしょうか?

小池 結構違いますね。なので、チャンネルごとに視聴習慣をどう作ろうかということで、例えば、夜21時台は毎回同じようなコンテンツを流そうか、とか、週末はこうやろう、来週につながるためにはどういうような編成にすればいいか、など話し合っています。

僕らは入口で登録させて課金するサービスではないので、毎日来てもらってなんぼなので、毎回来てもらえるようにかなり編成を重要視していますね。

前田 コンテンツの種類によって、マネタイズのあり方は違ってあるべきかもしれないと思うのですが、いまは一様にTo B(企業向け)で広告のマネタイズをされているのでしょうか?

小池 そうですね。広告と課金、オンデマンドで見たい方への課金ですね、最終的には、7:3か6:4くらいで仕上がれば嬉しいなと思っています。

前田 有難うございます。では、上坂さんよろしくお願いします。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/藤田 温乃

続きは 高品質×リーズナブルな動画制作によってデジタル動画市場を切り拓く(Viibarの挑戦) をご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その3)では、動画制作のクラウドソーシングを手がけるViibar上坂さんに、高品質×リーズナブルな動画制作を実現する仕組みと、それによって狙うミドルレンジの動画市場についてお話頂きました。是非ご期待ください。感想はぜひNewsPicksでコメントを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。