【新】SHOWROOM前田 × メルカリアッテ松本 – 注目の事業プロデューサー対談【K16-6E #1】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

【新】SHOWROOM前田 × メルカリアッテ松本 – 注目の事業プロデューサー対談【K16-6E #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」【K16-6E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、SHOWROOM前田さんにSHOWROOMを作るに至るまでの経緯についてお話しいただきました。ぜひ御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。参加者の募集を開始しました。


【登壇者情報】
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMIT」
Session 6E
「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

(出演者)
前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

松本 龍祐
株式会社ソウゾウ
代表取締役社長

小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役(当時)

(聞き手)
井上 真吾
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン
プリンシパル

坂本 達夫
AppLovin Corporation
Director Sales, Japan

井上真吾 氏(以下、井上) それでは始めさせて頂きます。

小泉文明 氏(以下、小泉) たくさん質問させて頂くかもしれません。

井上 よろしくお願いします。

得意領域はUI、苦手領域はマネタイズ

松本龍祐 氏(以下、松本) まずは自己紹介からしていいですか。

松本龍祐です。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」


松本龍祐
株式会社ソウゾウ
代表取締役社長

中央大学在学中より出版系ベンチャーの立上げ、カフェなどを経営。2004年より中国企業のSNS立ち上げに参画、その後2006年にコミュニティ企画・運営に特化したコミュニティファクトリーを設立。2009年以降はソーシャルアプリ開発に特化し、写真をデコってシェアできるスマートフォンアプリ『DECOPIC』が2,800万ダウンロードを記録。2012年9月にヤフー株式会社へ会社を売却。同社アプリ開発室本部長を経て、2015年5月よりメルカリに参画。新規事業を担当する子会社株式会社ソウゾウの代表取締役社長に就任。

今はメルカリの子会社の、株式会社ソウゾウの代表です。メルカリに入ってから1年3か月くらいです。

その前は自分で会社をやっていました。その後Yahoo! Japanに行き、Yahoo! Japanで女性向けのメディア「TRILL」を作ったりと、会社を経営しつつ、そこで新規事業を立ち上げるというのが特徴です。

得意な領域はUI(User Interface)、苦手な領域はマネタイズです。

(一同笑)

前田裕二 氏(以下、前田) 新しい合コンみたいな自己紹介ですね(笑)

ありがとうございます。では、僕も。

前田です。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」


前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。​20​11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。株式市場において数千億〜兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。その後、​0​→​1​の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、​20​13年​5​月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。​20​15年​8​月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。

SHOWROOM前田さんの処女作『人生の勝算』(幻冬舎)が出版されました!詳しくはこちら

僕は新卒でUBSという証券会社に入って、1年弱くらい勤務していたのですけれども、昔から海外に行きたいという気持ちがすごく強かったので、このお客さんでトップ3に入ったらという約束を上司にしていて、本当に運よくその順位を達成できて。

その後NYに行って、NYで機関投資家と言われる、所謂お客さんからお金を預かって運用していく様な人達に対して株のアドバイスをしていました。

井上 全く想像がつかない。

(一同笑)

前田 武田(純人:UBS証券株式会社 マネージングディレクター)さんがICCカンファレンスにいらっしゃっているので、彼に聞けばよく分かるのですけれども。

そういった仕事をしていました。

南場智子に「いま起業したら失敗するよ」と言われて

前田 その後自分で会社を立ち上げようと思ってアメリカに籠り、その時は日本に戻って来るのではなくて、アメリカで会社をやろうとしていました。

南場智子(DeNA代表取締役会長)さんに、会社を作ろうと思うのですけれどもアイディアを聞いてもらえますかと相談をしたら、一蹴されたというか、おそらく失敗するからやめておいた方がよいと言われました。

そもそも、投資銀行やコンサルティング会社などが営む「アドバイザリー」業務は、すごく強調した言い方ですが、ゼロイチで価値を産んでいる実業に比べると、「虚業」だ、と。

前田がどれだけその中で成功して、そこで成果を出したからといって、実業は甘くないよ、と。

坂本達夫 氏(以下、坂本) 南場さんがおっしゃるとすごく説得力がありますね。

前田 そうなんです。

あのマッキンゼーの中にいて、しかも超優秀なマッキンゼーの人を集めても黒字転換までに4年かかったのだから、君みたいにNYで一番になったからといって、と言われて。

一番痛いところを突かれた感じがして。

実業を経験してから修行を経て自分で会社を立ち上げてもよいのではないかと言われて、確かにそうだなと。

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

複数のサービス経験を経て、SHOWROOMを着想

前田 それでDeNAに入って、幾つか考えて立ち上げたのが「SHOWROOM」です。

前田 「SHOWROOM」を立ち上げる前に2個くらいサービスをやっていて。

松本 そうなんですか!

坂本 でも、DeNAに入ってから「SHOWROOM」を立ち上げるまでに確か半年くらいありましたよね?

ICCカンファレンス KYOTO 2016 Session 6E 「新規事業の立ち上げプロデューサー対談」

前田 「SHOWROOM」を立ち上げる前に2か月間、ずっと別の動画サービスをしていて。

坂本 早っ。

前田 高速で。

坂本 それはどのようなサービスだったのですか?

前田 今で言う「クローズド動画共有サービス」というもので、おじいちゃんおばあちゃんが、スレッドに送られてくる孫の動画を見てほっこりするサービスです。

その当時はまだ、日本で動画をオープンの場で送ることに関してのハードルが高いと思っていたので、あくまでクローズドで家族や友達の写真をどんどん送るような場を作れば、動画を皆コミュニケーションにもっと使うんじゃないかと考えて。今で考えたらLINE グループでいいのですけれども(笑)。

とにかくやってみた、という感じなのですけれども、全くグロースしなくて。予算は基本的にゼロなので、目立ったマーケ活動もせず。

坂本 予算はゼロ?

前田 はい。原則、人件費のみ、ですね。ヘッドカウントとしては僕と、エンジニアとデザイナー。この失敗を通じて、インターネットサービスはこうやって立ち上げるんだと、何となくの感覚をつかみました。

とは言えまだまだ、僕自身インターネットは素人だったので、他にも事例を見たくて、韓国や中国に行って、「SHOWROOM」の原型になるようなサービスを現地で見てきました。

松本 ありますね。確かに。

SHOWROOM前田さんの処女作『人生の勝算』(幻冬舎)が出版されました!詳しくはこちら

(続)

続きは 小学生で月10万円の稼ぎ!SHOWROOM前田の原点となった弾き語り をご覧ください。

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/城山 ゆかり

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その2)では、SHOWROOM前田さんに小学6年生から始めた弾き語りがSHOWROOMを始めた背景となったお話について語っていただきました。是非ご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。