【終】起業家はHARD THINGSを経験することで強くなる【K17-1C #10】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【終】起業家はHARD THINGSを経験することで強くなる【K17-1C #10】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「俺たちのHARD THINGS – 数々の苦難を乗り越えて「今」がある」【K17-1C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その10)では、セッションのまとめとして登壇者からアツいメッセージをいただきました。苦労話で終わらず、起業家をエンカレッジする総括はオーディエンスを前向きにさせてくれるものとなりました。是非御覧ください。

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは新産業のトップリーダー600名以上が集結する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCサミット FUKUOKA 2018は2018年2月20日〜22日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年9月5-7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2017
Session 1C
俺たちのHARD THINGS – 数々の苦難を乗り越えて「今」がある

(スピーカー)
秋好 陽介
ランサーズ株式会社
代表取締役社長

内山 幸樹
株式会社ホットリンク
代表取締役社長

松嶋 啓介
株式会社Accelaire 代表取締役
KEISUKE MATSUSHIMA 総料理長

横山 佳幸
株式会社Nagisa
代表取締役社長

(モデレーター)
井上 真吾
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン
プリンシパル

「俺たちのHARD THINGS-v3」の配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
【新】俺たちのHARD THINGS – 数々の苦難を乗り越えて「今」がある【K17-1C #1】

1つ前の記事
【問】社員がリファラル採用に貢献してくれるには?

本編

井上 ありがとうございます。議論が盛り上がってきましたが、お時間が迫ってまいりました。

今回は「俺たちのHARD THINGS」ということでした。

ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン プリンシパル 井上 真吾氏

井上 会場の「HARD THINGS」に立ち向かっている方や、今後記事を読まれる方、また若手の起業家やリーダーに対して最後にお一人ずつ、アドバイスやメッセージを頂いて締めさせて頂きたいと思います。

やったことは後悔しない

秋好 感想なのですが、皆さん失敗談を話しているのに非常に楽しそうです。

内山さんは、また30億円の買収をされるのではないかと思わされました。

経営者はやらなかったことは後悔しますがやったことは後悔しないものです。僕もたくさんやって後悔しようと思いました。

また、皆さん筋トレもぜひしてください。

ランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好 陽介氏

(会場笑)

秋好 ありがとうございました。

答え合わせをするためのコミュニケーションを

松嶋 こういう場に出て思うことは、いつも皆さんが答えを探そうとするということです。

答えを探そうと思い聞いている方がいらっしゃると思いますが、答えは常に変化しているものです。答えを聞くというより、答え合わせをずっとしていくための会話が一番重要だと思っています。

KEISUKE MATSUSHIMA 総料理長 松嶋 啓介氏

松嶋 世界には日本の常識とはかけ離れた世界が待っています。

だからこそ、コミュニケーション範囲を広げながら色々な人と会話をすることが、これから先重要になるのではないかと思っています。

海外がこうだったという話を聞いて、それが答えなのではなくて、コミュニケーションという答えを探すことがこれから必要だと思います。

組織づくりに力を入れていきたい

横山 今日は、結局、話してきたことが人と組織に必ず向いているということを勉強させていただきました。

僕のテーマである10年、20年成長続けられる会社を作っていく意味でも、タイミングタイミングでベストな組織を作れるか作れないかによって会社の成長は変わってくると感じました。

株式会社Nagisa 代表取締役社長 横山 佳幸氏

横山 とにかく組織づくりに力をかけることです。

そうすればサービスも資金調達もついてくるのではないかと改めて感じましたし、きっと世の中を変えていけると考えています。

ありがとうございました。

HARD THINGSによって会社の基礎体力が上がる

内山 今日話してみて、アメリカの会社買収は相当背伸びをしたチャレンジだったと思いました。

しかし、そのチャレンジのおかげで世界と戦うための組織の基礎体力がかなり上がったと思います。

おそらく「HARD THINGS」とはどこにチャレンジするかであって、ハードなことは起きるものです。

「ハードだから大変」ではなく、ハードだからこそ基礎体力が上がります。

株式会社ホットリンク 代表取締役社長 内山 幸樹氏

内山 筋トレに例えると、100キロのベンチプレスが上がらないときは110キロや120キロを補助してもらいながら上げます。

そうすると、その後100キロを持ち上げたときに筋肉が軽いと勘違いします。

同じように、我々が普段もっと上へとチャレンジすればするほど「HARD THINGS」が起こり、自分の基礎体力が上がるのではないかと、今日改めて思いました。

井上 ありがとうございます。

苦労話のシェアというセッションになると思っていましたが、実際は逆で、皆さん色々なHARD THINGSを経験しているが故に強くなっていることが分かりました。

そのためどちらかというと「HARD THINGSは大変だからどう避けるべきか」という話ではなく、皆さんからのメッセージは「どんどんHARD THINGSを経験してくれ」ということだったかと思います。

更なる「HARD THINGS」を経験して、ぜひ再登壇して頂きたいと思える素晴らしいセッションでした。

今一度、登壇者の皆様に盛大な拍手をお願いします。ありがとうございました。

(終)

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。
平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/本田 隼輝

【編集部コメント】

当たり前なのですが、できないことに取り組むから強くなれるのですね。(横井)

最後までお読みいただきありがとうございます!他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。