カーライルからラクスルへ…CFO永見氏が語る累計79億円の資金調達【K16-9C #2】 – INDUSTRY CO-CREATION

カーライルからラクスルへ…CFO永見氏が語る累計79億円の資金調達【K16-9C #2】

LINEで送る
Pocket

「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」【K16-9C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、ラクスルCFO永見さんの自己紹介とこれまでの累計79億円の資金調達についてお話頂きました。大手PEファンド「カーライル」からベンチャーの世界に飛び込んだ永見さんのキャリアも注目です。是非御覧ください。

ICCカンファンレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級の招待制カンファレンスです。次回ICCカンファレンス FUKUOKA 2017は2017年2月21〜23日 福岡市での開催を予定しております。

icc_fukuoka2017_square-v3

登壇者情報
2016年9月7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016
Session 9C
「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」
(スピーカー)
小川 智也 株式会社アカツキ 取締役
堅田 航平 スマートニュース株式会社 ヴァイス・プレジデント 財務担当
長澤 啓  株式会社メルカリ 執行役員CFO
永見 世央 ラクスル株式会社 取締役CFO
(モデレーター)
嶺井 政人 株式会社マイネット 取締役 副社長

その1はこちらをご覧ください:【新】メガ・ベンチャーのCFOたちが語る「大型ファイナンス戦略」【K16-9C #1】


嶺井 それでは、ラクスルの永見さんから、自己紹介と会社の紹介をお願い致します。

永見世央 氏(以下、永見) はい。よろしくお願いします。

9c-2-02

永見 世央
ラクスル株式会社
取締役CFO
2004年に慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、みずほ証券株式会社にてM&Aアドバイザリー業務に従事。2006年から2013年まで米カーライル・グループに所属し、バイアウト投資と投資先の経営及び事業運営に関与。その後株式会社ディー・エヌ・エーを経て2014年4月にラクスル株式会社にCFOとして参画し、同年10月に取締役就任。ペンシルバニア大学ウォートンスクールにてMBA取得。

会社の紹介は、恐らく色々なところでご覧頂いていると思うので簡単に致しますが、代表取締役の松本が、「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」というビジョンの下、リアルな産業をインターネットの力で変えていこうということで、最初に着目したのが印刷のビジネスでした。

「ファブレス型の印刷EC」とありますが、我々は印刷工場を全く持っておらず、中小企業をお客様にしたマッチングプラットフォームとして、印刷のeコマース事業を展開しています。

加えて、同じビジョンの下、昨年末から「物流版Uber」として「ハコベル」で配送のマッチングサービスも行っています。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8905

私の自己紹介を致しますと、一番キャリアが長いのが、カーライルグループ(The Carlyle Group)という外資系の投資ファンドです。プライベートエクイティ投資(未公開株投資)と言われますが、企業を買収し、買収した会社の企業価値を上げて、最終的に売却するような投資ファンドに約7年間(うち2年間MBA留学)在籍していました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8906

このように投資家としてキャリアをスタートさせ、それから事業会社の経営に入っていったという経緯があります。

資金調達の流れについてお話すると、松本が創業したのは2009年なのですが、外部資金を本格的に受けて成長し始めたのは2012年にシリーズAで2.3億円調達した頃、その際にニッセイ・キャピタルさんやYJキャピタルさん、ANRIさんにご出資頂いています。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8907

2014年から大型資金調達を3回繰り返していまして、スライドには色々なロゴが掲載されているのにお気づきかと思います。

2015年、2016年のラウンドは、比較的既存の投資家の方にご支援頂き、我々としても感謝しています。

全体を通しての特徴としては、既存投資家の方が継続的にサポートして下さっている点です。

シリーズCの40億円調達時には10社中7社が既存投資家でしたし、直近では先月8月に20.5億円の資金調達をしましたが、やはり6社中4社が既存投資家でした。

ただ、直近の20.5億円の調達は少し毛色が変わっていて、新規VCの方から投資をお受けすることはなく、DBJ(日本政策投資銀行)さんやFidelity(フィデリティ投信)さんのような上場株も保有される機関投資家の方に仰ぎを受けています。

こんな感じで、これまで累計で79億円の資金調達をしている会社です。よろしくお願いします。

嶺井 ありがとうございます。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/Froese 祥子

続きは DeNAからアカツキへ… 弁護士出身CFO小川氏が本職CFOを探しています をご覧ください。


【編集部コメント】

続編(その3)では、アカツキ取締役小川さんの自己紹介とこれまでの資金調達と上場までの歩みについてお話頂きました。CFO大募集中だそうです!是非ご期待ください。感想はぜひNewsPicksでコメントを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。