アート | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1. ソーシャルグッド事業に携わる6人が集結! その取り組みを語る


記事を読む

2. ソーシャルビジネスの提供者が幸せでなければ、事業は続かない


記事を読む

3. ICCサミットのソーシャルグッド・カタパルト、審査員の評価軸は?


記事を読む

4. NPOや一般社団法人のビジネスインパクト、スケールをどう考えるか


記事を読む

5. ソーシャルグッド社会の実現のために、もっと「関係人口」を増やそう!【終】


記事を読む

【一挙公開】ソーシャルグッド社会の実現に向けて(シーズン2)(全5回)


記事を読む

経営者よ、表現者たれ!なぜイノベーションにはアートが必須なのか?【ICC FUKUOKA 2020レポート#15】

2月17日~20日の4日間にわたって開催されたICCサミット FUKUOKA 2020。そのレポートを連続シリーズでお届けします。今回はICCサミット初登場のアーティスト、土佐尚子さんをメイン・スピーカーに迎えた異色のセッション「新しい価値を創造しよう! 『アート・イノベーション〜リーダーに必要なアート力を身につける』」の模様をお送りします。67分にわたるプレゼンと作品鑑賞の末に見た、アートと経営、アートとイノベーションの分かち難い関係とは? ぜひご覧ください。
記事を読む

「歴史に残るクリエイティビティは、当時の最先端技術とつながっている」アーティスト土佐 尚子さんが考える、アートとイノベーションの密接な関係

今回ICCサミットに投入する新企画、セッション10C「新しい価値を創造しよう!『アート・イノベーション〜リーダーに必要なアート力を身につける』(90分拡大版)」。このセッションにメインスピーカーとして登壇するアーティストで 京都大学大学院総合生存学館 アートイノベーション産学共同講座 教授の土佐尚子さんの実験室のある京都大学を訪れました。ぜひご覧ください!
記事を読む

新たな資本主義「サステイナブル・キャピタリズム」を追求する異色のアーティスト“長坂 真護”の哲学とは?

ユーグレナ永田さんから「面白い人がいるので、ぜひ会って欲しい」とご紹介を受け、私たちは35歳の気鋭のアーティスト、MAGO(マゴ)こと長坂真護さんの制作スタジオを訪ねました。スラム街の電子ゴミからアートを生み出すMAGOさん。彼がアートを通じて世界に伝えたい“持続可能な資本主義”とは? ぜひご覧ください!
記事を読む