メーカーから小売店まで、統一された製品情報マスタをAIで構築する「Lazuli PDP」(ICC KYOTO 2021 )【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

メーカーから小売店まで、統一された製品情報マスタをAIで構築する「Lazuli PDP」(ICC KYOTO 2021 )【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC KYOTO 2021 SaaS RISING STAR CATAPULTに登壇いただいた、Lazuli 萩原 静厳さんのプレゼンテーション動画【メーカーから小売店まで、統一された製品情報マスタをAIで構築する「Lazuli PDP(ラズリPDP)」(ICC KYOTO 2021)】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2022は、2022年2月14日〜2月17日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2021 プレミアム・スポンサーのベクトル にサポート頂きました。

【速報】どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021)


【登壇者情報】
2021年9月6〜9日開催
ICC KYOTO 2021
Session 3A
SaaS RISING STAR CATAPULT
次のユニコーンを探せ!
Sponsored by ベクトル

萩原 静厳
Lazuli株式会社
代表取締役 CEO/CTO

2005年にリクルートに入社。2014年よりリクルートマーケティングパートナーズにてビッグデータエバンジェリスト、リクルート次世代教育研究院 主席としてデータ/AIを活用した事業づくりや東大松尾研との「アダプティブラーニング」共同研究をはじめ産官連携共同研究などを推進。
2018年にトレタに入社しデータソリューション部部長兼「トレタデータサイエンス研究所」所長に就任。
2019年よりDataDavid株式会社のCEOを務め、2020年にLazuliを共同創業、代表取締役CEO兼CTOを務める。


萩原 静厳さん よろしくお願いします。

リテールの商品情報管理にイノベーションを起こす、Lazuli PDPをご紹介します。

商品情報管理は、商売においてとても重要ですが、それが今、大変困難な状況にあります。

大手ECの取扱商品数は膨大

例えば、大手ECの取扱商品数はどれくらいだと思われますか?

答えは、1,000万点以上です。

それでは、大手ECが毎週仕入れる商品数はどれくらいでしょうか?

1,000点以上です。

延々と続く新商品の情報登録作業

実はこの1,000万点を超える商品を売るために、企業はメーカーや卸から商品情報を取り寄せますが、そのやり取りは基本的にメールかエクセルです。

そして毎週、1,000点を超える新商品が入ってくるために、その作業は延々と続きます。

サプライヤーから入手したデータを、自社のフォーマットに手入力で転記するので、ミスも歯抜けも多数発生します。

それらのミスを回避するため、印刷をして読み合わせをする企業もあります。

EC販売は、店頭販売より多くの商品情報が必要

それでも今まで、店頭でものを売る時は、商品名と価格があれば売れていました。

しかし昨今のデジタルセールスのために、必要な情報が爆発的に増加しており、小売企業の裏では悲鳴が上がっています。

商品情報なくして売れない時代なので、今、商品マスタの進化が急務になっています。

リテールのデジタル化を加速させるためには、根本的な商品情報のイノベーションが必要です。

表記のばらつき、データ抜けなど不揃いデータを正規化

そこで我々Lazuliは、プロダクトデータプラットフォーム「Lazuli PDP」を提供し、多大な工数がかかっている商品情報整備と情報付与業務のAI化、自動化を実現しています。

例えばこちらの表では、商品名の書き方がバラバラであったり、容量が入っていなかったり、単位が不揃いであったりします。

そんなデータの情報を正規化したり、足りない要素を補充したり、単位を整理したり、デジタルセールスに必要な情報を拡充したりすることで、これまでかかっていた年間数千万~数億円のコストを効率化します。

3ステップで商品情報登録が完了

PDPの中では、自然言語処理AIと商品情報拡張AIで、各種タスクに対応します。

ユーザーは各業務プロセスをプラグイン化して選択、データを投入し、待っているだけで商品情報がきれいに出てきます。

簡単3ステップなので、デモ動画も作れませんでした。

工数削減だけではなく、UXを向上させるためのデータ生成も自動化できるので、売上向上にも貢献します。

圧倒的な時間・人手の効率化を実現

これを、月額80万円から提供しています。

高いか、安いか、どう思われるでしょうか?

実際に、人手が10人から1人に、作業時間が30日から1~2日へと圧倒的な効果を上げています。

10人を雇うと、約300~500万円かかる作業なので、投資対効果は抜群です。

アサヒ飲料をはじめ、「Lazuli PDP」本導入が進む

2021年8月に「Lazuli PDP for F&B(Food & Beverage)」を正式リリースして、リリース2カ月目ですが、大手メーカー、卸、小売、販促やマーケティングリサーチ会社、広告代理店において、テスト導入、本導入が着々と進んでおり、エンタープライズSaaSとして手応えを感じています。

例えばアサヒ飲料では、商品マスタのクレンジングや情報付与のために導入頂いています。

【Lazuli株式会社】アサヒ飲料株式会社が、飲料業界に向けたAIソリューション「Lazuli PDP for F&B」を採用(PR TIMES)

「今後はマーケティングやサプライチェーンマネジメントなど、社内全体への展開を順次進めていきたい」と言って頂いています。

製薬メーカーでもPoC(Proof of Concept)の段階から期待頂いており、商品開発、R&D、マーケティングリサーチの核となる商品マスタとして利用しようとしておられます。

Lazuli株式会社 複雑な医薬品マスタを統合する製薬業界向けソリューション「Lazuli PDP for Pharma」の提供を本格開始(PR TIMES)

リテールのデジタル化に商品情報のイノベーションは不可欠

この商品情報のイノベーションは、リテールのデジタル化には不可欠だと考えています。

人の手で行うのは、もうやめましょう。

消費者ニーズの多様化により、商品数はさらに増加傾向で、その上、コロナによるデジタルセールスは待ったなしの状態です。

これから、企業内に限らず、企業間の情報流通をスムーズにしていくため、プロダクトを進化させていきたいと考えています。

そしてこの課題は業界を超えて、ホリゾンタル(※業界横断型)に広がっているので、順次展開していきます。

世界中の製品情報を整理しデータを民主化する

日本からグローバルへの進出も考えています。

それを実現するために、AI、UX、事業開発のスペシャリストらであるボートメンバーと、AI研究の第一人者の松尾 豊先生、元良品計画でオムニチャネル(※) と言えばの奥谷 孝司さん、グローバルSaaSであるトレジャーデータ創業者の芳川 裕誠さん、太田 一樹さんという、スペシャルなアドバイザー陣とともにLazuli PDPを進化させています。

▶オムニチャネルとは、複数の販売チャネルを活用する「マルチチャネル」販売(小売り)の進化形で、リアル(実店舗)とネット(インターネット通販)の境界を融解する試み。購入(販売)以外の顧客の行動についても、包括的・双方向で捉えようとするところがポイントである(Wikipediaより)。

これらのメンバーを中心に、シードインベスターでCORAL、パートナーとしてマイクロソフトとトレジャーデータと共に、世界中の製品情報を整理して、データを民主化してまいりたいと思っています。

皆さん、どうぞ応援よろしくお願いします。

実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。