【一挙公開】B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?(全5回)

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICC FUKUOKA 2022で好評を博したセッション「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」、書き起こし記事の登場です。グロービス・キャピタル・パートナーズ湯浅 エムレ 秀和さんをモデレーターに、リングサイドには4名の気鋭のプラットフォーマーたちが並び、ビズリーチ多田 洋祐さんとラクスル福島 広造さんと質疑応答する形でセッションが進められました。需要と供給の両側を見ながら、ビズリーチが、ラクスルが現在の形を築くまでにどのような思考と施策を重ねてきたのか、率直にお話しいただいた学びの深い内容です。ぜひご覧ください!

ビズリーチの多田 洋祐さんは、2022年7月2日に逝去されました。記事の確認が終了しており、ご了承をいたただいたため記事を公開いたしました。 2018年からICCサミットにご参加いただき、学び合うコミュニティに多大な貢献をいただいたことを改めて感謝するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。


【登壇者情報】
2022年2月14〜17日開催
ICCサミット FUKUOKA 2022
Session 8F
B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?
Supported by 三栄商事

(スピーカー)

多田 洋祐
株式会社ビズリーチ
代表取締役社長
(登壇当時)

福島 広造
ラクスル株式会社
取締役COO

(モデレーター)
湯浅 エムレ 秀和
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
ディレクター

(リングサイド席)
及川 厚博
株式会社M&Aクラウド
代表取締役CEO

後藤 正幸
三栄商事株式会社
代表取締役社長

森川 照太
株式会社カケコム
代表取締役社長

森口 拓也
株式会社Mellow
代表取締役

1.ビズリーチ、ラクスルが登場! B2Bマッチング・プラットフォームを語り尽くす

あわせて読みたい
1.ビズリーチ、ラクスルが登場! B2Bマッチング・プラットフォームを語り尽くす Business to Business、需要のある法人と供給する法人をつなぐプラットフォームのビジネスをディスカッションするセッション「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」全5回シリーズ。その①は、そのプラットフォームとはどんなものなのか、モデレーターのグロービス・キャピタル・パートナーズ湯浅 エムレ 秀和さんが解説します。スピーカーはビズリーチ多田 洋祐さんと、ラクスル福島 広造さんです。ぜひご覧ください!

2.プラットフォーマーの“ニワトリ卵問題”、需要と供給、どちらを先に取り組むべきか

あわせて読みたい
2.プラットフォーマーの“ニワトリ卵問題”、需要と供給、どちらを先に取り組むべきか 「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」全5回シリーズの②は、プラットフォームの両サイド、需要側と供給側のどちらから着手するかという“ニワトリ卵問題”について議論します。ビズリーチとラクスルはどちらから着手し、いかにサービスを成長させていったかを、実例から学びます。ぜひご覧ください!

3.スケールを目指すなら、目先のトランザクションより量と質にこだわれ

あわせて読みたい
3.スケールを目指すなら、目先のトランザクションより量と質にこだわれ 「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」全5回シリーズの③は、三栄商事の後藤 正幸さん、カケコムの森川 照太さんが、ここまでの議論を受けて、ビズリーチ、ラクスル2社に質問します。成長を描くときに、どこを起点と定めるか?という質問から、2社の具体的な戦略が明らかになっていきます。苦しくとも質にこだわり抜くのは事業家の矜持で、それがスケールにつながるといった金言続出の議論が続きます。ぜひご覧ください!

4.ビズリーチ、ラクスルはオペレーションをいかに構築したのか

あわせて読みたい
4.ビズリーチ、ラクスルはオペレーションをいかに構築したのか 「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」全5回シリーズの④は、実際の日々の運用についてを議論。プラットフォーマーのオペレーションをいかに仕組み化するか、分業化の功罪、エデュケーションコストの考え方など、実践してうまくいった点、そうでなかった点を赤裸々に語ります。ぜひご覧ください!

5.B2Bプラットフォーマーは直営事業をするべきか?【終】

あわせて読みたい
5.B2Bプラットフォーマーは直営事業をするべきか?【終】 「B2Bマッチング・プラットフォームの成功のポイントは?」全5回シリーズの最終回は、Mellowの森口 拓也さんからの鋭い質問「プラットフォーマーは直営事業をすべきかどうか」や、会場からの質問に答えていきます。マッチングの案件配分や予算の立て方など、学びの多い議論が続きます。最後までぜひご覧ください!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/小林 弘美/戸田 秀成/大塚 幸

新着記事を公式LINEで配信しています。友だち申請はこちらから!
動画コンテンツも充実!ICCのYouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICCサミットとは?

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット KYOTO 2022は、2022年9月5日〜9月8日 京都市での開催を予定しております。参加登録などは、公式ページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!