スマホ動画メディアでライフスタイル雑誌の世界観を実現(オープンエイトの挑戦)【K16-3B #4】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

スマホ動画メディアでライフスタイル雑誌の世界観を実現(オープンエイトの挑戦)【K16-3B #4】

LINEで送る
Pocket

「急成長する動画ビジネスの最新事情」【K16-3B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8 回シリーズ(その4)は、オープンエイト高松さんに展開する女性向けアドネットワークと、分散型動画メディア「LeTRONC(ルトロン)」についてお話し頂きました。是非御覧ください。

ICCカンファンレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級の招待制カンファレンスです。次回ICCカンファレンス FUKUOKA 2017は2017年2月21〜23日 福岡市での開催を予定しております。

icc_fukuoka2017_square-v3

登壇者情報
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016「ICC SUMMIT」
Session 3B 「急成長する動画ビジネスの最新事情」
 
(スピーカー)
上坂 優太
株式会社Viibar
代表取締役
 
小池 政秀
株式会社サイバーエージェント
常務取締役
 
高松 雄康
株式会社オープンエイト
代表取締役社長 兼 CEO
 
吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役
 
(モデレーター)
前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

その1はこちらをご覧ください:急成長するスマホ動画ビジネス-エブリー吉田氏が語る分散型メディアの挑戦【K16-3B #1】
その2はこちらをご覧ください:Abema TV は新たな視聴習慣を作れるのか?(サイバーエージェントの挑戦)【K16-3B #2】
その3はこちらをご覧ください:高品質×リーズナブルな動画制作によってデジタル動画市場を切り拓く(Viibarの挑戦)【K16-3B #3】


高松 雄康氏(以下、高松) オープンエイトの高松です。よろしくお願いします。

高松 雄康
株式会社オープンエイト
代表取締役社長 兼 CEO
 
1996年04月 株式会社博報堂入社、大手自動車メーカー等のマーケティング戦略立案に携わる
2005年04月 株式会社アイスタイル 執行役員を経て取締役就任(現任)
2006年    株式会社アイメディアドライブ 代表取締役社長就任
2009年10月 株式会社アイスタイル CMO(最高マーケティング責任者)就任
2012年    istyle Global (Hong Kong) Co., Limited 代表取締役就任/
       株式会社コスメ・コム 代表取締役就任
2012年   株式会社コスメネクスト 代表取締役就任/
         istyle Global (Singapore) Pte. Limited 代表取締役就任
2012年    istyle China Co., Limited 董事長就任/PT.Creative Visions Indonesia 取締役就任
2012年   株式会社アイスタイル COO(最高執行責任者)就任
2015年04月 株式会社オープンエイト設立 代表取締役兼CEO就任

オープンエイトですが、2015年4月に立ち上がって、もう1年と少しが経ちました。

事業内容は、スマートデバイスにおけるマーケティングとメディアに関する動画事業を手掛けています。いまは資本金、資本準備金を合わせて8億6,000万円を、VC(ベンチャーキャピタル)さん含めてシリーズAで資金調達しています。

国内最大規模の女性向けスマホ動画アドネットワーク

主力事業は、女性系スマホ動画広告のプラットフォーム事業をやっておりまして、一部の仕様については、他社さんも同じような仕様を持っているのですが、一応弊社がパテント(特許)を持っているものがあります。

皆さんから見て左側のビデオタップというのが、オーバーレイ型のブロードリーチを創出するものです。

右側のネイティブタップというのがネイティブアドです。この辺りについては、相当力を入れていて、これも新しい仕様で特許申請しています。

私たちのマーケティング事業の強みは、国内最大規模の女性ターゲットリーチを実現出来るということで、垂直立ち上げで大体1年で月間ターゲットリーチ4,000万人を超えています。

90%以上が女性で、20〜40代の比率が94%です。

これだけのターゲットリーチが実現できるビジネスモデルは、なかなかスマートフォン上でないので、おかげ様で1年で1,000ブランドを超えるナショナルブランドさんの圧倒的な出稿実績があります。

日本のテレビCMを代表するようなクライアントさんがかなり出稿してくれています。

大体いま月間5,000万円~1億円の間を行ったり来たりするぐらいの規模まで1年で育ってきています。

オープンエイトの分散型メディア「LeTRONC」

2つ目はメディア事業で、これは実は立ち上げて2ヶ月しか経っていないのですが、マーケティングのノウハウも活かしつつ、分散型メディアのLeTRONC(ルトロン)というトラベル&カルチャーを軸とした動画マガジンをローンチしました。

強みのポイントは3つあります。

まずは、ハイクオリティー&ラグジュアリーであること。次に、300本の動画制作を内製でやっています。かつ、自分たちでマネタイズ出来るシェアード・アドネットワークがあるので、それを活用してやっています。

これは「星のや」さんと組んで、「星のや」さんの全てのリゾート施設を特集させて頂いて、1施設大体5〜6本撮影しています。

【参考情報】
・「星野リゾート」に関する記事

これはたまたまトラベルの雰囲気を捉えた動画ですが、この中にハウツーやティップス、グルメなども入れ込んで動画を作成しています。

独自のネットワークを持っていて、もちろん分散型メディアですので、全てのソーシャルネットワークに配信するとともに、直近で言うと、ヤフービューティーさんのTRILL(トリル)と組んで配信しています。

先ほどのアドネットワークをしているメディアさんにも配信していて、一気に伸びてきています。

先ほど言ったように旅モノだけではなく、ハウツーで浴衣の着方やヨガのやり方なども扱っています。最近では、ユニバーサルスタジオジャパンさんと特集を組んで、ハリーポッターのコーナーを1日かけて撮影したり、DMMさんがお台場で開催していたDMMプラネッツなども特集したりしました。

【参考情報】
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、ライド無しでハリー・ポッターの世界が楽しめるアトラクション『DMM.プラネッツ Art by teamLab』で最新デジタルアートを満喫

月に300本くらい配信する体制で、大体2ヶ月で20万ユニークユーザーです。リーチではないです。

僕たちは完全に1次メディアとしての価値を目指していますので、20万ユニークユーザーが1次メディアとしての価値で、分散型の数字は入れていないです。

1年後には、大体200万ユニークユーザーを目指してやっている状況です。

以上です。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/藤田 温乃

続きは スマホ動画メディアは収益化できるのか? をご覧ください。


【編集部コメント】

続編(その5)では、スマートフォンを中心とした動画メディアはマネタイズできるのか?」という直球の問い等を議論しました。是非ご期待ください。感想はぜひNewsPicksでコメントを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

LINEで送る
Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。