【新】凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略【F17-7C #1】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【新】凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略【F17-7C #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」【F17-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、メルカリ小泉さんと、Bloom&Co.彌野さんに自身が手がけてきたクリエイティブなどの事例を交えて自己紹介頂きました。是非御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。


【登壇者情報】
2017年2月21〜23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 7C
凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略

(スピーカー)
小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役(当時)

齋藤 太郎
株式会社dof
CEO/Communication Designer/Founder

志伯 健太郎
GLIDER
クリエイティブディレクター

戸田 宏一郎
CC INC.
Founder & CEO/Creative Director/Art Director

(モデレーター)
彌野 泰弘
株式会社Bloom&Co.
代表取締役

「凄腕クリエイティブディレクターが考えるブランディング戦略」の配信済み記事一覧

彌野泰弘 氏(以下、彌野) では皆さん、よろしくお願い致します。

今日のテーマは「凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略」です。結構大きなテーマですね。

ICC(Industry Co-Creation ™)のカンファレンスには、業界をまたいだコネクションやシナジーを生み出そうという意図があります。今日はスタートアップにブランドが必要か?といったところを話していければと思っています。

まず、パネラーの方々に簡単な自己紹介をして頂きたいと思います。

最初に、「日本を代表する」クリエイティブディレクター(笑)の小泉さんからお願いします。

小泉文明 氏(以下、小泉) 出落ち感すごいですね(笑)。


小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役(当時)

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2007年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統轄する。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。2014年3月取締役就任。

(会場笑)

彌野 何回やってもここに戻ってきてしまいますね(笑)。

小泉 (スライドを見ながら)彌野さん、これは絶対わざとでしょう? (笑)

彌野 ここだけ気合を入れて作りました(笑)。

小泉 小泉です。よろしくお願い致します。

ブランディングも手がけるメルカリ小泉さん

小泉 僕はICCでの登壇が結構多く、今までは人事や経営など、本当に色々なテーマで話してきましたが、クリエイティブディレクターとしてのセッションが遂に来たなという感じですね。

彌野 素晴らしいですね。

小泉 実は、メルカリでは去年(2016年)1年間で15本、16本のテレビCMを作っています。

スマホユーザーは興味関心の移り変わりが早いので、色々なクリエイティブを見せながら、飽きさせないように作っています。

現在、僕ともう1人の2人体制でオフラインのマーケティングを見ており、クリエイティブディレクター本職の方に協力して頂きながら、企業側として一緒にアイディアをぶつけながらテレビCMを作っていっています。

実は、僕は皆さんのご想像以上にプロモーションを見ているし、実際に手掛けてもいるという状況です。

メルカリのブランディングにおいては、僕が前職でミクシィの取締役をしていた時からの学びもあり、基本的にアプリのブランディングと会社のブランディングを分けることを大事にしています。

強いプロダクトがある会社のブランディングにおいては、プロダクトがどんどん成長していくので、コーポレートブランディングをあまり意識しなくても何となく「出来上がっている感」があります。

しかし、プロダクトとコーポレートブランドが同質化し始めると、会社として違う戦略でいきたい時、またはプロダクトのライフサイクルの中で少し伸び悩むフェーズの時に、ブランド共々死んでいくというか、一緒に勢いがなくなっていくようなところがあります。

例えば、Googleには「検索」というプロダクトのイメージもあれば、Googler(グーグラー)という言葉と共に、働く場所としてのブランディングもできていて、それらが結構綺麗に分かれているなと思っています。

プロダクトのメルカリは、スタートした時から、簡単で手軽に利用していただきたいということで、どちらかというと女性向けのポップで明るいイメージがあります。

一方で、働く場、つまり会社としてのメルカリは、もう少し力強くて、プロフェッショナルが集まっていて、オトナでという、かなり違ったブランディングがされていて、そこの両方を見つつ、PR(広報)、そして特にHR(人事)と共にブランドを作っていけたというのがこれまでの3、4年かなと思っています。

今日はその辺をお話できればと思っています。

彌野 ありがとうございます。

僕がスタートアップのテレビCMのお手伝いをする時に、最初によく良い例としてよく出すのがメルカリの1本目のCMで、最近ではラクスルさんのCMなどはとても上手くいっていると認識しています。

▶編集注:メルカリが初めて打ったCMについて、小泉さんが語ったこちらの記事も御覧ください。

特にメルカリの1本目のテレビCMに関しては、小泉クリエイティブディレクターの「俺がやった感」がすごく出ているので、その辺も是非お聞きしたいなと思っています。

よろしくお願いします。

小泉 よろしくお願いします。

P&G、DeNA等を経て独立(Bloom&Co.彌野)

彌野 次に、私の自己紹介をさせて頂くと、先ほど申し上げたBloom&Co.(ブルーム・アンド・カンパニー)という長い名称の会社をしております。

最近自分でも長いなと思っていてBloomとしか言っていないのですが、Bloom&Co.の彌野でございます。


彌野 泰弘
株式会社Bloom&Co.
代表取締役

P&G社にてブランドマーケティングを、日本・シンガポール・スイスなどで約9年間に渡って担当。多国籍なチームメンバーと共にマーケティング戦略の策定、および実行の指揮を取る。2012年1月にDeNAに入社。執行役員 マーケティング本部 本部長として、主力のモバイルゲーム事業、EC事業、新規事業において、パフォーマンスフォーカスのテレビCM、デジタルマーケティング、戦略PRなどのクロスメディアの360°統合マーケティングを推進。DeNA社のコーポレートブランディングの刷新や、横浜DeNAベイスターズやDeNAランニングクラブを活用したスポーツマーケティングなど、全社のマーケティングを統括。2015年4月に株式会社Bloom&Co.を設立。ナショナルクライアントからスタートアップ企業まで、マーケティング戦略やブランディング戦略の策定および実行を支援。CNET Japan CMO Award 2014 受賞。Ad Tech Tokyo、Google Think、Play with Twitterなどで登壇。株式会社マナボ 社外取締役、KDDI ∞ Labo社外アドバイザー、株式会社VRize アドバイザー

小泉さんと同じように事業会社側にいた人間で、P&Gで9年ほどマーケティングをした後、DeNAで3年半ほどマーケティング本部の責任者を務め、2015年の4月に独立して、今はBloom&Co.という会社で、マーケティングのアドバイザーとしてスタートアップのマーケティング戦略策定や実行の支援をしています。

彌野 では、次にクリエイティブディレクターのお三方に、次からは言わずもがなですが(笑)、齋藤太郎さん、よろしくお願いします。

(続)

編集部よりシリーズの予告

お読み頂き、ありがとうございます。本シリーズは、以下のテーマと日程で配信されます。ぜひ毎日御覧ください!

7月24日:【新】凄腕クリエイティブディレクターと考えるブランディング戦略

7月25日:電通から独立した凄腕クリエイティブディレクターたち

7月26日:スタートアップのブランディングはいつから必要か?

7月27日:ブランドづくりとは、「旗印を立てる作業」である(CC戸田)

7月28日:「お金が入るとテレビCMを打ちたくなる」dof齋藤氏がスタートアップに鳴らす警鐘

7月31日:仏眼鏡メーカー「エシロール」はなぜインドで視力検査キットを配るのか?(GLIDER志伯)

8月1日:メルカリのブランディングを凄腕クリエイティブディレクターたちが徹底議論!

8月2日:お金がなくても相談できる?クリエイティブディレクターとの様々なタッグの組み方

8月3日:【最終回】凄腕クリエイティブディレクターが語る「これからのクリエイティブ」

以上

(続)

続きは 電通から独立した凄腕クリエイティブディレクターたち をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/Froese 祥子

【編集部コメント】

日本を代表するクリエイティブディレクターにメルカリ小泉さんが大相談?メルカリのケーススタディを交えながら、これからのコミュニケーションを徹底議論です!ぜひご期待ください。(榎戸)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。