【新】メガ・ベンチャーのCFOたちが語る「大型ファイナンス戦略」【K16-9C #1】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【新】メガ・ベンチャーのCFOたちが語る「大型ファイナンス戦略」【K16-9C #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」【K16-9C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、マイネット嶺井さんのモデレーションからスタートします。是非御覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。参加者の募集を開始しました。

 


登壇者情報
2016年9月7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016
Session 9C
「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」

(スピーカー)
小川 智也 株式会社アカツキ 取締役
堅田 航平 スマートニュース株式会社 ヴァイス・プレジデント 財務担当
長澤 啓  株式会社メルカリ 執行役員CFO
永見 世央 ラクスル株式会社 取締役CFO

(モデレーター)
嶺井 政人 株式会社マイネット 取締役 副社長

「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」の配信済み記事一覧

嶺井政人 氏(以下、嶺井) 「メガ・ベンチャーのための大型ファイナンス戦略」という、本日のICCカンファレンスを締めくくるセッションです。

濃いセッションにできればと思っておりますので登壇者の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

先日の日経新聞にも出ていましたが、昨今、未上場のベンチャーにリスクマネーがどんどん流れ込んできて、ベンチャー企業の資金調達額が過去最高になっているそうです。

同時に、我々ベンチャーがしっかり投資をしながら骨太な事業を作っていける環境が整ってきているなと肌で感じています。

腰を据えて大きな事業にチャレンジしやすい環境が整ってきている中で、特に大型ファイナンスを実施してこられた、CFOやCFOに準ずる皆さんに本日はお集まり頂きました。

会場にお集まり頂いた皆さんには、本日のセッションで、どのようにそんな大型調達をしたのだろうとか、自社が調達する時にはこういう風にアイディアを活用できそうだとか、そういったものを見つけて帰って頂ければと思っています。

また、多くの未上場企業の経営陣の皆さんは、優秀なCFOを採りたいというニーズをお持ちだと思いますので、今日のお話を良いCFO採用のヒントにもして頂けたらいいなとも思います。

それでは早速セッションを進めていこうと思いますが、まずは調達環境の現状について簡単にご紹介します。

2016年上半期のベンチャー企業の資金調達額は928億円で、前年同期より21パーセント増えている状況です。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8902

昨年や一昨年は、既にバブルでそろそろ厳しいのではないかと言われ続けていましたが、CVC(Corporate Venture Capital)が新たに立ち上がったりと、資金の供給は途絶えることなく、投資先の中には上手くエグジット(売却 or IPO)した案件も増えてきて、昨年、一昨年と皆さんが懸念した状態には陥っておらず、良い企業であればどんどん資金調達ができる環境にあります。

この928億円は373社の調達額合計なのですが、本日は「大型ファイナンス」がトピックということで、ここにご登壇の皆さんの資金調達規模を簡単にまとめさせて頂きました。

公表時期の関係もあり、一概に比較は難しいですが、未上場のラクスル、スマートニュース、メルカリだけで、2016年上半期の資金調達額全体の15パーセント強に匹敵する規模となっています。

本日ご登壇の皆さんは相当大型な調達をされているということですね。

大型調達をされたからこそ分かることについて、掘り下げてお聞きしていきたいと思います。

マイネットの事業概要

嶺井 本日モデレーターを担当するマイネットで副社長をしております嶺井と申します。弊社は、スマートフォンゲームの会社です。

9c-1-01


嶺井 政人
株式会社マイネット
取締役 副社長

1984年生まれ。早稲田大学社会科学部在学中に学生向け求人サイトを立ち上げ、株式会社HPTへ売却。法人向けCMS事業の「もっとネクスト株式会社」を創業し軌道に乗せた後、東証マザーズ上場の比較.comへ売却する。2009年4月モルガン・スタンレー証券に入社し、投資銀行業務、クレジットリスク管理業務に従事しテクノロジー業界の資金調達や格付業務を担当する。2013年3月マイネットに転進し、執行役員CFO戦略室長に就任。2014年11月取締役CFOを経て、2016年3月取締役副社長に就任。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8927

ただ、例えばアカツキさんや、パズドラ(パズル&ドラゴンズ)を出されているガンホーさんなど、通常のスマートフォンゲームの会社さんとは一線を画していまして、自社で新作のゲームを作らないゲーム会社です。

他のゲーム会社さんが作られたゲームを買収して、再生・再成長させるビジネスを手掛けています。例えば、セガさん、スクウェア・エニックスさん、gumiさん、サイバーエージェントさん、グリーさん、そういった会社のゲームを買わせて頂いて、再成長させています。

2015年12月に東証マザーズに上場をさせて頂いたのですが、このビジネスモデルでは世界で最初に上場した会社です。

私の自己紹介をさせて頂きますと、大学時代にベンチャー企業を創業して、それをエグジット(会社を売却)した経験があります。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8928

その後、もう少ししっかりとビジネスについて学びたい、どうやったら多くのビジネスを学べるだろうか、多くのビジネスに共通する普遍的な部分を学べるだろうかということで、ファイナンスと英語を使う仕事をしようと考えまして、新卒でモルガン・スタンレー証券に入りました。堅田さんの後輩にあたります。

モルガン・スタンレーに4年在籍した後、2013年の3月から現在のマイネットに移り、最初はCFOとして、ご登壇の皆さんと同じように資金調達を行い、その後上場準備、マーケティング、事業作りなどをしてきました。

弊社のビジネスは、M&Aを中心としたものですので、資金ニーズは非常にありまして、未上場時から資金調達を積極的に行って事業を成長させてきたのですが、昨年12月に無事に上場することができ、調達という面では常に資本市場にアクセスできる状態を実現し、一つの山を登ることができたので、ここから事業に寄っていこうということで、この春より副社長をしております。

私が元々CFOだったので本日モデレーターをさせて頂いているというのはあるのですが、もう一つの理由として、私が「ベンチャーCFOサミット」という、上場・未上場のベンチャーCFOの皆さんが170名ほど集まるイベントを主催しているというのもあります。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8929

CFOは元々横の繋がりが少なく、皆さんCFOとして初めて向き合う仕事だらけなので、壁に当たったり躓くことがすごくあります。

そういう中で資金調達や上場準備を前進させるために、株価を安く引き受けたいと考えておられ実質、利益相反しているVCや証券会社の方から教えを乞わないといけない、そこからしか情報が入ってこないという状況を改善しないとなと思い、このイベントを主催しています。

業界の皆さんと一緒に横の繋がりを強くして、ナレッジの共有をすることでCFOの底上げをしたいと思っています。

そういった経緯で本日モデレーターにご指名頂きました。

私からは以上です。

(続)

マイネットの嶺井さんはICCカンファレンス KYOTO 2016において「創業経営者を支える経営チームに求められるもの」のセッションにも登壇しました。合わせてぜひご覧ください。また、「マイネット」に関しては代表の上原さんが創業経緯など詳しく語っている講義の記事をご覧ください。

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/Froese 祥子

続きは カーライルからラクスルへ…CFO永見氏が語る累計79億円の資金調達 をご覧ください。


【編集部コメント】

続編(その2)では、ラクスルCFO永見さんの自己紹介とこれまでの累計79億円の資金調達についてお話頂きました。大手PEファンド「カーライル」からベンチャーの世界に飛び込んだ永見さんのキャリアも注目です。是非ご期待ください。感想はぜひNewsPicksでコメントを頂けると大変うれしいです。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。