【F会場運営チーム】DAY1夜、5時間の反省会からチーム全員が活躍して見事リベンジ!(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【F会場運営チーム】DAY1夜、5時間の反省会からチーム全員が活躍して見事リベンジ!(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

2021年3月23日〜24日、ICCオフィスにて、ICC FUKUOKA 2021の最後のイベント、運営スタッフ打ち上げが2回に分けて行なわれました。そこで開催された運営スタッフがチームごとに自分たちの仕事をプレゼンする「チーム・カタパルト」の書き起こし記事をお届けします。「F会場運営チーム」を代表してプレゼンを行なったのは遠山 晋作さんです。ICCサミットの運営を担うスタッフがどんな人たちで、どんな役割を担っていたかわかる内容です。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2021は、2021年9月6日〜9月9日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。


【チーム情報】
2021年2月15〜18日開催
ICCサミット FUKUOKA 2021

(F会場運営チーム)
安藤ふき菜、遠山 晋作、宍戸 直也(統括)、藤巻 滉平(統括)、中野 聡美、森田大地


▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。



本編

遠山 晋作さん  「最高のチームと最高のチーズケーキ」、F会場運営チームのチーム・カタパルトを私、しんさく/ Maxがプレゼンテーションさせていただきます。

まず皆さんに思い出してほしいのですが、F会場はこちらの8名のメンバーで運営していました。

この8人のメンバーで、準備日も含め4日間色々なイベントを乗り越えました。

グラフは感情の起伏を表しています。

色々ありましたので、今回はイベントの一つひとつを振り返りながら、最終的に、いかに「チーズケーキ」にたどり着いたのかをお話しできればと思います。

準備日:頼りにしていたマッキーさんが不在

まず準備日に、いきなりF会場統括のマッキーさん(藤巻 滉平さん)がいないという事件が発生しました。

皆さんご存じのとおり、会場全体のWi-Fiがおかしかったということがあり、そこにマッキーさんが駆り出され、私たちが一番頼りにしていたマッキーさんが準備日にいなくなってしまい、あとは残った4人でやることになってしまいました。

最終的に、準備日は十分に準備ができないまま終わってしまいました。

さらに準備日の夜にもう1つ大きな事件が発生してしまいました。

我々はこの事件を「もつ鍋事件」と呼んでいますが、ふっきーこと安藤ふき菜さんがフードデリバリーのフードパンダでもつ鍋を頼んでくれたのですが、なんと具材だけが届くという大ハプニングが起きてしまいました(笑)。

結果、ホテルでキッチングッズを一式お借りして、なんとかなり、みんなで料理をすることで仲が深まった、いいイベントでもありました。

ですが、もつ鍋のせいもありまして、準備不足だったところをいったん忘れてしまい、良くも悪くも楽しい夜になってしまいました。

1日目:Wi-Fiがつながらず大苦戦

そして、準備不足で迎えた1日目。

いきなり大問題が発生します。

先ほどE会場の皆さんはオンラインワークショップでの偉業を発表(※) していましたが、私たちはオンラインワークショップで大苦戦をしました。

▶編集注:E会場運営チームは、オンラインワークショップで生じるハウリングの対応策を考え、講師の仲山 進也さんからのさらなる要望にも急きょ対応し運営を成功させた。

セッション1Fもオンラインワークショップでしたが、なんとWi-Fiがつながらなかったのです。

Zoomがつながらないという、どうしようもない状況になってしまい、最終的に個人のPCに切り換えることでなんとか乗り切りましたが、F会場のメンバー全員が魂を削られるような出来事になってしまいました。

反省したかったのですが反省している暇はなく、皆さんからも「F会場大変そうだね」と言われていた通り、F会場は超ハードなスケジュールでした。

目先のことで精一杯、そんな1日目で終わってしまいました。

1日目夜:5時間の反省会

1日目の夜は徹底的にみんなで反省をして、マッキーさんがいなかったこともあって準備不足だったので、では明日どんな準備をするか、そんな話をしました。

この時、日をまたいで5時間ぐらい反省会をしましたが、実は日が切り替わった瞬間に、私、しんさくの誕生日を迎えておりました。

前日、「僕は明日誕生日だから」と何回も言っていたのですが、誰も日が切り替わったことに気づくことなく(笑)、それぐらい余裕がないような1日目でした。

2日目:オンラインワークショップが無事成功

そして2日目は、リベンジの機会をいただけるようなスケジュールになっていました。

2日目もオンラインワークショップがあったのです。

1日目の夜に5時間の反省会をし、2日目は無事になんの問題もなく開始することができました。

これが自信につながり、2日目以降はどんどん我々は自走して成長していくようになっていきました。

それに伴い余裕も出てきて、Slackも最高潮に盛り上がっていきました。

「どね」「コンピュー」は分からないと思いますが、色々なスタンプが生まれていき、実際会期中のSlackのメッセージ数を見たところ、我々F会場がナンバーワンぐらいコミュニケーションを取っていたという結果がありました。

3日目:会場全体に貢献

最高のF会場を作って迎えた3日目、さらに余裕が出てきて、3日目はF会場だけでなく、会場全体に好影響を及ぼすような1日になりました。

特に印象的だったのは備品の片付けリーダーを参加2回目の私と、初参加のふっきーが突然宍戸(直也)さんから任され、会場全体の備品を統括するという大きい仕事を成し遂げることができました。

最高に仕上がったチームで食べたチーズケーキ

そして最終日の3日目、最高のノリノリの状態の時に、なんとマッキーさんが突然チーズケーキを持ってきてくれました。

控室に置いてあった、あのチーズケーキです。

皆さん、食べたくても食べられなかった人も多いと思いますが、最後の最後で最高に仕上がったチームで食べるチーズケーキは、本当に美味しかったです。

いい思い出になりました。

(小林)雅さん、用意してくださってありがとうございました。

1日遅れの誕生祝いに感謝

1日目の反省会の時には忘れられていた私の誕生日でしたが、打ち上げの後、1日遅れでサプライズのケーキをいただきました。素晴らしく、楽しい、ありがたい打ち上げになりました。

やはり共に困難を乗り越えたからこそ、この最高のチームが出来たのではないかと思っています。

チーム全員が活躍できた

そして皆さんからも実際に評価をいただき、マッキーさんはスタッフMVPで2位、私はステップアップ賞で3位、ふっきーは新人賞で3位、そしてさとみん(中野 聡美さん)とだいちさん(森田 大地さん)は次回統括に任命されるという、全員が活躍したF会場でした。

最後に、唯一皆さんに覚えて帰ってほしいことがあります。

2月17日は何の日か分かりますか?

こちらは私の誕生日になっています!

次の福岡のICCサミットでも、皆さんお祝いの言葉をお待ちしております。

ありがとうございました。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/北原 透子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。