NPOが国を動かす – 「e-Education」がバングラデシュで進めるデジタル教育改革【F17C-EED #2】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

NPOが国を動かす – 「e-Education」がバングラデシュで進めるデジタル教育改革【F17C-EED #2】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

e-Education三輪開人さんのプレゼンテーションを4回シリーズでお届けします。(その2)は、途上国での教育支援を行う「e-Education」がバングラデシュで世界銀行や教育大臣等と連携し、デジタル教育を推進するまでになった軌跡をお話し頂きました。三輪さんはカタパルトグランプリで、見事優勝しました。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひご覧ください。

スタートアップビジネスの「エコシステム」を構築し、日本の起業家を支援するプログラム「IBM BlueHub」は「カタパルト(CATAPULT)」のオフィシャル・サポーターです。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRANDPRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

三輪 開人
特定非営利法人e-Education
代表理事

1986年生まれ。早稲田大学在学中に税所篤快と共にNPO、e-Educationの前身を設立。バングラデシュの貧しい高校生に映像教育を提供し、大学受験を支援した。1年目から合格者を輩出し「途上国版ドラゴン桜」と呼ばれる。大学卒業後はJICA(国際協力機構)で東南アジア・大洋州の教育案件を担当しながら、NGOの海外事業総括を担当。2013年10月にJICAを退職してe-Educationの活動に専念。14年7月に同団体の代表理事へ就任。これまでに途上国14カ国8000名の中高生に映像授業を届けてきた。2016年、アメリカの経済誌「Forbes」が選ぶアジアを牽引する若手リーダー「Forbes 30 under 30 in Asia」に選出される。

最高の授業を世界の果てまで届ける「e-Education」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

▼Part 1のハイライト▼

三輪開人(以下、三輪) 皆さんこんにちは。

NPO法人e-Education代表理事の三輪開人と申します。

「e-Education」は最高の授業を世界の果てまで届けるというミッションを掲げた、途上国で教育支援を行なっているNPOです。

私たちが活動しているバングラデシュという国は、アジア最貧国と呼ばれ、大変な国なのです。

まず一つ、先生が全然足りませんでした。その数40,000人。これは2010年のデータで、今はもっと人数が増えています。

小中学校で教育支援を行なっているNPOは全国で1万団体以上ありましたが、40,000人の先生が足りない中で、特に深刻なのが高校生です。先生の足りない高校生の層が、大学を受験するに壁がある。

一方、大学に入ることができれば奨学金が貰えるだけではなく、アルバイトで大学の通学費や生活費の全てを稼ぐことができ、当然ですが就職することもできる。

では高校を卒業して大学に行けたら、彼らの人生は変わるのではないかと僕たちは思いました。

そして始めました。e-Educationという事業です。

日本の東進ハイスクールをモデルにして、授業を映像にして届けることができたら面白いことが起こるのではないか。バングラデシュで初めてのDVD予備校を作りました。

すると奇跡が起きました。

最初の半年、彼らが一生懸命勉強した結果、現地の東京大学にあたるダッカ大学に合格する学生が1人誕生しました。

嬉しかったのは、合格したヘラル君だけではなく、そのお母さんがとても喜んでくれたことです。

「e-Educationに出会えて、私は本当に幸せだった」と私の手をきゅっと握ってくれました。

恥ずかしながら、あまり人に感謝されて生きてきませんでしたが、さすがに知らない国の年配の方から涙を流しながら手を握られると、これは人生をかけてみようではないかと胸が熱くなりました。

▲Part 1のハイライトはここまで▲

▼Part 2 はこちらから▼

途上国版ドラゴン桜「e-Education」の快進撃

三輪 (e-EducationのDVD予備校を使って、ダッカ大学に合格した実績を)実際に日本のメディアでも途上国版ドラゴン桜といったような形で取り上げて頂き、たくさんの応援を頂けるようになりました。

初年度(ダッカ大学の合格者が)1人だったところ、2011年には3人に、そして2012年からは東京大学と京都大学が我々の事業を研究対象にさせて欲しいということで一緒に共同研究を始めます。

2014年には私たちが一番協働したかった世界銀行と一緒にお仕事をさせて頂く機会を得ました。

そして、ついに100名、私たちのプログラムから、現地のトップ大学に合格する学生が100名を超えたのが2015年になります。

バングラデシュの教育大臣や中央銀行と連携

少し補足をさせてください。

1972年、バングラデシュが独立してから、約40年間でたった1人しか合格者が出なかった村から、2015年に103人の合格者が誕生しています。

現地の方々から評価頂き、嬉しいことに2015年にバングラデシュの教育大臣からご連絡を頂き、表彰して頂きました。

(会場拍手)

ありがとうございます。

そして我々が教育大臣と一緒にどういう事業ができるかを話し合った結果、一つ大きなカンファレンスを開催しました。バングラデシュの教育業界のリーダーたちが集合しました。

今バングラデシュの教育省は、400万台のパソコンを入れるというデジタル教育を一生懸命進めています。そして、その中に我々のコンテンツを入れられるのではないか、と言う話が進み、さらに、中央銀行が進めている先生の公共財化というところに相乗りをさせて頂きました。

こうして、e-Educationは、バングラデシュにおける公教育のデジタル授業改革という部分に携わらせて頂いております。

(続)

続きは バングラ人質テロ事件で気づいた生きる意味(e-Education三輪) をご覧ください。

e-Education三輪開人さんの感動のプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

▶三輪さんの、本プレゼンテーションの準備に関するブログもぜひ御覧ください。
「心を動かすプレゼンテーションをするために参考にした動画33選(日本人・日本語)」

 

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/nosonho

【編集部コメント】

三輪さんが、このカタパルトグランプリに際して、心を動かすプレゼンテーションをするための準備をブログに綴ったものを上記に貼りました。そちらもぜひ御覧ください!(榎戸)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。