【保存版】小説『下町ロケット』の弁護士モデルが語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 (全8回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】小説『下町ロケット』の弁護士モデルが語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論 (全8回)

Pocket

2017年2月6日〜2月15日まで配信しました「小説『下町ロケット』の弁護士モデルが語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論」の全シリーズをまとめました。『下町ロケット』の弁護士モデル、鮫島正洋氏らがベンチャー企業が考えるべき知財戦略について議論しました。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2016年9月6日・7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016 「ICC SUMMIT」
Session 6D
小説「下町ロケット」の弁護士モデルが語るグローバルニッチ・トップを目指すための知財戦略論
 
(スピーカー)
鮫島 正洋
弁護士法人内田・鮫島法律事務所
代表パートナー弁護士・弁理士
 
杉江 理
WHILL Inc.
CEO
 
玉川 憲
株式会社ソラコム
代表取締役社長
 
(モデレーター)
水島 淳
西村あさひ法律事務所
パートナー

【新】「下町ロケット」の弁護士モデルが語るニッチトップの知財戦略【K16-6D #1】

【必読】「ベンチャー企業は特許を取得すべきか?」下町ロケットの弁護士モデルが解説【K16-6D #2】

クラウド×通信でグローバルなIoTプラットフォームを構築する「ソラコム」【K16-6D #3】

「車いすをメガネのような存在にする」楽しくスマートな移動を提案するWHILL【K16-6D #4】

下町ロケットの弁護士モデルが考える「特許を取るべきところ・技術を隠すべきところ」【K16-6D #5】

下町ロケットの弁護士モデルが語る「特許を活用したベンチャー企業の資金調達」【K16-6D #6】

ベンチャーは1件の特許品質を徹底的に高めるべき【K16-6D #7】

【最終回】ベンチャー企業が取るべき知財戦略の第1歩【K16-6D #8】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。