【執念】クラウドワークス成田副社長が語る吉田社長の「圧倒的しつこさ」【F17-8A #4】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

【執念】クラウドワークス成田副社長が語る吉田社長の「圧倒的しつこさ」【F17-8A #4】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」【F17-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その4)は、その3に引き続き、創業者の圧倒的個性に「敵わないな!」と思う部分をお話し頂きました。一休の榊さんが語る創業者の森さん、クラウドワークス成田さんが語る吉田さんがリアルです。是非御覧ください。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017のプラチナ・スポンサーとして、Motivation Cloud (Link and Motivation Inc.) 様に本セッションをサポート頂きました。

logo_MCbyLMG

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております


【登壇者情報】
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
2017年2月21日・22日・23日開催
Session 8A
経営を支える副社長たちが語る「創業者との二人三脚」
Supported by Motivation Cloud(Link and Motivation Inc.)

(スピーカー)
五十嵐 洋介
KLab株式会社
取締役副社長 COO

川本 寛之
株式会社gumi
代表取締役副社長

榊 淳
株式会社一休
代表取締役社長

成田 修造
株式会社クラウドワークス
取締役副社長 兼 COO

(モデレーター)
岩瀬 大輔
ライフネット生命保険株式会社
代表取締役社長

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

岩瀬 榊さんは、(創業者の圧倒的個性にかなわないと思う瞬間は)どうですか?

森さんは元々日本生命に務めていたんですよね?

 はい。

岩瀬 日本生命出身者が、弊社にも沢山いますが、なぜあのようなビジネスを創れたのか全く分からないのですが。

 おっしゃる通り、森さんはインターネットの会社の社長ですが、森さん自身はインターネット業界の方らしくない方で。

バリバリ、リアルのビジネスをされているような雰囲気の方です。

普通のIT企業社長はパソコンも、スマホも上手に使いますが、それがあまりない。

そのような社長でした。

「信じて任せる」一休・森元社長の強さ

岩瀬 一緒に近くで仕事をされていて、榊さんは3、4年一緒に働かれたのかと思うのですが、
入社した時の社内は、既に今のようなポジショニングができていたのでしょうか?

それとも一緒に働いていて、「そう行くのか?そう考えるのか?」と思う瞬間はやはり節々でありましたか?

 私は5年位一緒に仕事をさせていただいたのですが、事業だとか、キードライバーは何かだとか、未来のビジョンは何かということについて、一切アドバイスをいただいておりません。

ただ、圧倒的に社員に対する愛があり、社員に圧倒的な自由度を与え、自分のサービスをあなたのサービスと思わせる力がありました。

何のアドバイスもなく、1,000億円の事業にまで育てられたということは、中々真似できないなと思います。

岩瀬 信じて任せるということですね。

 そうですね。

岩瀬 なるほど、ありがとうございます。

岩瀬 成田さん、吉田さんの圧倒的な個性を教えてください。

成田 吉田が一番強いのは、圧倒的なしつこさ、執着心、ここが普通ではない状態にまで行くと、とんでもないパワーを発揮するということを今まで何度も経験して来ました。

クラウドワークス吉田氏の圧倒的執念

岩瀬 分かりやすい、話せるエピソードはありますか?

成田 大分前の話ですが、弊社はクラウドソーシングのサービスをしており、当然競合先があります。

その競合先を仮想敵と定義した時の、執着心たるやすごい訳です。

どれ位すごいかというと、私がインターンで働いていた時、競合サービスのFacebookページに「いいね!」をしたことがありました。

すると、吉田からすぐチャットが飛んできて「お前、何『いいね!』してるんだ」と言われました。

即チャットが飛んでくるくらい、誰が何に「いいね」をしているかまで競合先の情報をストーキングするという強さ。

岩瀬 これはしつこさとも少し違うような(笑)

成田 いやいや、これは執念だと思います。

言い方は失礼ですが「この会社に勝つんだ」と思った時のパワーやしつこさはすごいなと思いました。

これは絶対に自分ではしないことですし、今でもするつもりはありませんが。

岩瀬 三木谷さん(三木谷浩史氏)も、楽天で一緒に働いていたビズリーチの南氏や、スターフェスティバルの岸田氏等に聞くと、皆「しつこい」と言いますよね。

三木谷さんの場合は、どちらかというと懐深いイメージがあるのですが、とてもしつこいということもあるようです。

成田 弊社もヤフーの小澤さんから創業時出資いただいているのですが、「三木谷さんと吉田さんが似ている点があるとすれば、しつこさ」とおっしゃっていました。

岩瀬 しつこいということは絶対強みですよね。

成田 強みだと思いますね。

岩瀬 逆に、僕はあまりしつこくないので、しつこい人と一緒に働かないと回らないのですが、皆さんの社長はしつこいタイプですか?

それとも奔放で、皆さんが細かく追い続ける役割をされているのですか?

創業者の「しつこさ」は圧倒的な意志力

五十嵐 多分、ものによると思います。

今お話を聞いていて思ったのですが、創業者は、しつこいという表現がありましたが、意志力が圧倒的に強いんだと思うんです。

自分がこうだとか、こうなりたいとか、先程のお話にもあった(gumi國光氏が取締役会で)イーロン・マスク(について話し出すこと)にしても、國光さんはイーロン・マスクを本当に自分のコンペティター(競争相手)だと思っているから・・・ですよね?

川本 そうです。

五十嵐 素でそのように思っていると思うんです。

そうなりたいという圧倒的な意思があるので、関連することは絶対譲りたくないという気持ちがあるのだと思います。

一方で「これは任せておこう」「ここは上手くいっているから、自分がやらなくても良い」と判断したことは、驚くほどあっさり任せるということがあります。

成田 吉田本人が言っていたことで、私も最近知った話なのですが、彼は一つのことに集中すると他のことが本当に頭に入ってこないらしいんです。

これは私には全くない感覚で、「そうだったのか」とそのことを知り逆に心が通じ合いました。

例えばテストを受けている時に1問目に躓くと、その問題が気になり他の問題について考えられなくなるので点数がとても悪くなるという話をしていたのですが、そのような発想で事業をする人もいるんだなと思いました。

気になるポイントがあると、没頭してしまう。

岩瀬 なるほど没頭力、維持力ですね。

成田 はい。

(続)

続きは 【喝】副社長たちが語る、創業者の「ここだけは直してほしい」ところ をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/鎌田 さくら

【編集部コメント】

このシリーズでは、実験的にタイトルに【驚】とか【喝】とか入れてみることにしました。会場の臨場感が少しでも伝わればと思います(榎戸)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。