【サポートチーム】会期前から最終日まで、歩き、運び、補充しまくる! 体力と柔軟性でイエス、サポート!(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【サポートチーム】会期前から最終日まで、歩き、運び、補充しまくる! 体力と柔軟性でイエス、サポート!(ICC FUKUOKA 2021 チーム・カタパルト)

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

2021年3月23日〜24日、ICCオフィスにて、ICC FUKUOKA 2021の最後のイベント、運営スタッフ打ち上げが2回に分けて行なわれました。そこで開催された運営スタッフがチームごとに自分たちの仕事をプレゼンする「チーム・カタパルト」の書き起こし記事をお届けします。「サポートチーム」を代表してプレゼンを行なったのは張 鋭さんです。ICCサミットの運営を担うスタッフがどんな人たちで、どんな役割を担っていたかわかる内容です。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット KYOTO 2021は、2021年9月6日〜9月9日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページのアップデートをお待ちください。

【新メンバー募集(6月末まで)】ICCサミット KYOTO 2021 運営チーム募集


【チーム情報】
ICCサミット FUKUOKA 2021

(サポートチーム)

市川 大樹(統括)、岩元 颯オリビエ(リーダー)、森 俊貴、有馬 聖人、張 鋭、原口 史帆


▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

本編

張 鋭さん(以下、張) こんにちは。サポートチームの張です。

サポートチームは今回、統括の市川さん、リーダーのオリビエさんを含めた6人で構成されました。

統括以外のメンバー5名は全員初サポートチーム

統括の市川さん以外の5名は、なんと全員が初めてサポートチームに配属になったということもあり
ドキドキのスタートとなりました。

そんなサポートチームが今回走り抜くことができたのは、参加はできなかったものの準備段階からサポートしてくださった吉留さん(※) の存在が大きいです。

▶編集注:吉留 玲緖さんは、前回ICC KYOTO 2020でサポートA(飲料・展示)チームに所属。

スプレッドシートを用いて事前に注意点を共有してくださったり、全員の疑問を一つ一つ解消してくださったりと、とても助けていただきました。

会期前の取り組み

さて、皆さんは会期前に私達サポートチームが行っていた取り組みをご存知でしょうか。

実は皆さんのSlackチャンネル(※) を覗き見しておりました。

▶編集注:チームごとのSlackチャンネルがあり、開催前から活発で継続的なコミュニケーションが行われている。

これには、「皆さんを知ろう!!」という思いと、「各チームの良い取り組みを真似していこう!!」という2つの目的があります。

そんな私達の取り組みに気づいてくださったチームもあり、「話題に出したの、バレてる!」と、そこからコミュニケーションが生まれたことがとても嬉しかったです。

こういった準備を経て、会期中のサポートチームは様々なことを行いました。

飲料・軽食の管理、展示サポート、お弁当配布…、陰ながら参加者をサポート

飲料・軽食の管理、展示のサポートやお弁当の配布といった業務の他にも、陰ながら皆さんのサポートをさせていただきました。

サポートチームの1日の流れ

具体的な1日の流れはこういった形です。

この流れの中で多々登場するのが、「加湿器(※) の管理」です。

▶編集注:新型コロナウイルス感染症対策として、加湿器を会場に設置した。

会期中加湿器に補充した水の重量

実は、重いもので36Lの水を、3日間で計40回以上補充しました。

重さにして1.4トン、「牛かよ!」と突っ込みたいところですが、牛よりも重いです。

実は、私も「ジアイーノを運んでおいてくれる?」と頼まれ、何も考えずに「任せてください!」と返事をしたところ、行ってみたら重すぎて動かすことすらできず、慌てて助けを呼びに行った、なんてこともありました。

そしてこの話には続きがありまして、運んだもののおろす時に、「おろせない…」となり、またまた助けていただきました。

会期中運んだ飲料の本数

ただ、ジアイーノは運ぶことができなかった私も、飲料の補充はせっせと行いました!

3日間で運んだ量はなんと、

4,391本。重さにして1.7tです。

「牛かよ!」ですね。ただこれも牛よりも重いです。

1日に約3万歩、会場を動き回りサポート

さらに私たちサポートチームは、1日に約3万歩を歩きました!

ちなみに私も1日に2万~3万歩を歩いた4日間でした。

それ以来、こんなに歩いた日はありません。

サポートチームに大切な「柔軟性」

グラフを見ると「アスリートを目指しているのでは?」と思うほどですが、

私はサポートチームでは「柔軟性」がとても大切になるなと感じております。

この柔軟性が一番求められたのは、前夜祭、スタッフの打ち上げの準備です。

いただいた打ち上げマニュアルは3枚でした。

勝手にパーティーマニュアルと比較しました。

同じ会場で行われたのにもかかわらず、この差です。

いただいた3枚のマニュアル。

記載されていた一言は、「ゆっくり休みましょう」でした。

原口 史帆さん 休んでいる場合じゃないわー!

体力・柔軟性を兼ね備えたチームメンバー

 まとめると、

サポートチームは「体力」、

そして「柔軟性」を兼ね備えたメンバーということです!

このプレゼンが誰かに響きますように

最後に、私は前回のICC KYOTO 2020のチーム・カタパルトでサポートチームのプレゼンを見て、「次回私もサポートチームになれたらな」と思いました。

【サポートA(飲料・展示)チーム】前夜祭から打ち上げまで。運営スタッフを支え、ICC全体を盛り上げる縁の下の力持ち(ICC KYOTO 2020 チーム・カタパルト)

今回のプレゼンが、同じように、皆さんの中の誰かに響けばなと思います。

以上です。ありがとうございました。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/小林 弘美/浅郷 浩子/戸田 秀成

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。