「夢中になることがなかった」READYFOR米良氏が一歩踏み出したきっかけ【A16-4 #9】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

「夢中になることがなかった」READYFOR米良氏が一歩踏み出したきっかけ【A16-4 #9】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「小さな一歩が社会を変える」【A16-4】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!15回シリーズ(その9)は、READYFOR米良さんに、READYFORを創業するまでの自己紹介を頂きました。やりたいことがないと言う学生にも、勇気づけられるストーリーです。ぜひ御覧ください。

「ICCx AIESEC カンファレンス」は、NPO法人アイセック・ジャパン(AIESEC)とICCパートナーズが共同で開催した、AIESECに所属する大学生を対象としたカンファレンスです。当日は高い志を持った大学生250名が、ビジネスリーダー/社会起業家たちのパネルディスカッションと、質疑応答セッションに参加しました。
2017年も、秋頃に「ICCx AIESEC 2017」を開催する予定です。参加を希望される方は、ぜひ全国25大学のAIESECの各委員会に所属ください。

Aiesec Logo


【登壇者情報】

2016年9月13日開催
ICCx AIESEC カンファレンス 2016
Session 4
「小さな一歩が社会を変える」

(スピーカー)

安部 敏樹
リディラバ代表理事/
Ridilover代表取締役

三輪 開人
e-Education
代表理事

米良 はるか
READYFOR
代表取締役CEO

(モデレーター)

小林 雅
ICCパートナーズ
代表取締役

小さな一歩が社会を変える」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

小林 時間が押しておりますが、まだまだ続きます。

米良 (1人)20分ずつのはずですよね?

お二人が長かったので、私も30分話しますね(笑)。

皆さんこんにちは。

会場 こんにちは。

米良 クラウドファンディングのサービスを行う、READYFORという会社を運営している米良と申します。

クラウドファンディングを知っているという方?

(会場 ほとんど挙手)

すごいですね、感動します。

Readyfor Slide

私は大学時代にWebサイトを立ち上げ、大学院生の時READYFORというサービスを立ち上げました。

当時 私は、「学生だから」と言われることがとても嫌いでした。

(ICCパートナーズの)小林さんと初めてお会いしたのも、22歳の時だったかと思います。

「若いから、女の子だから、学生だから」と言われることがとにかく嫌いで、自分としては「真剣に事業をする」「この事業分野でナンバーワンになる」と思い取り組んできました。

とはいえ、「事業を起こしたい」、「起業家になりたい」と小さな頃から思っていたかというと、そうではありません。

子供の頃は、「自分がやりたいこと」や「夢中になること」がなく、どちらかというと内気な性格でした。

今、このことを言うと笑われるのですが。

小林 本当ですか?

米良 そうですね(笑)。

本当に夢中になることがありませんでした。

父親や、祖父(以下の写真の人物)は、物づくりをしていたり、発明家だったりと、夢中になることを持つクリエーターだったのですが、私自身は全くそのようなことがなく、そのことにコンプレックスを持ちながら生きてきました。

Readyfor Slide

パラリンピックスキーチームの資金集めに「投げ銭」サイトを創る

大学3、4年生になるまで自分が何をしたいのか分からず、会場の皆さんの様に、こういったカンファレンスに参加してベンチャー企業の話を聞く、ということも一切していませんでした。

そんな中、パラリンピック、スキーチームの監督をなさっていた荒井監督とお会いする機会がありました。

Readyfor Slide

皆さんも良く聞く話だと思いますが、パラリンピックの競技等、マイナースポーツは、世界と戦っているにも関わらずお金がありません。

監督からお金がないために、勝負ができない環境にあるという話を聞き、「自分がこのチームのために何かしたい」となぜか急に思い立ちました。

それまでも、私自身は色々なことに出会ってきたけれど、胸を動かされるということはあまりありませんでした。

でも、なぜかこの時「何かしたい」と思い、大学4年生の時、スキーのワックス代100万円を集めるというプロジェクトを行いました。

Readyfor Slide

「投げ銭」の小さなプラットホームを立ち上げ、インターネットを用いて、500円、1,000円の寄付を沢山の方から募るという活動を行い、無事お金を集めることができました。

私にとってこの経験が、自分の人生を大きく変えるタイミングとなりました。

「やりたいことがある人はかっこいいな」、「社会を変えるなんて言う人は、生まれ持った才能があるからだな」とずっと諦めていた私が、サイトを立ち上げ、100万円を集め、その結果チームの皆さんにとても喜んで頂きました。

私の活動と直接関係はありませんが、結果的にチームは金メダル2個、銀メダル1個という結果を収めることとなり、自分の小さな力でも、世の中に繋がったように感じました。

Readyfor Slide

自分が一歩を踏み出せば、世の中は変わると思いました。

色々考えるのではなく、とにかく行動を起こし、自分のやりたいことや、好きなことを、どんどん見つけていく。

その様な社会になれば良いのではないかと思いました。

誰もがやりたいことを実現する世界を創る

この経験が、私自身のやりたいことが見つかった瞬間で、「多くの方々の、やりたいことを応援する仕組みを作る」ということが、私のやりたいことになりました。

e-Education三輪さんの話で共感できると感じたのは、私も「一歩踏み出す」ということがとても大事だと思っています。

学生はノーリスクです。

学生起業もすごいことだと思います。

「学生だから」と言われないよう、とことん死ぬ気で頑張って起業するということは良いことだと思います。

私たちのREADYFORは「誰もがやりたいことを実現できる世の中を作る」ということをミッションとしています。

Readyfor Slide

「こんなことが社会にあったらいいな」とか「やってみたいな」と思ったら、絶対にその想いの炎を消さないで、その一歩を絶対に行動に移せる、そういう社会づくりをしていきたいと思って日々取り組んでいます。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/鎌田 さくら

続きは チャレンジャーの循環を実現させたい(READYFOR米良) をぜひご覧ください。

【公式LINE@はじめました! 平日 毎朝7時に新着記事を配信しています。】友達申請はこちらから!
【ICCの動画配信をスタートしました!】ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!から!

【編集部コメント】

続編(その10)では、READYFOR米良さんに、READYFORの事業紹介を頂きました。想いのこもった素晴らしいプロジェクトの数々もご紹介頂きました。是非ご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。