衝撃のヒット!「イライラ」→「キラキラ」ポジティブ変換アプリ”しずかったー”の開発秘話【SP-DS2 #4】 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

衝撃のヒット!「イライラ」→「キラキラ」ポジティブ変換アプリ”しずかったー”の開発秘話【SP-DS2 #4】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

これまでに配信した、デザインに関する議論を総特集いたします。今回は、ICCカンファレンス TOKYO 2016 より「優れたプロダクトの生み出し方」の記事を再編集して9回シリーズでお届けします。

デザイン特集2(その4)は、PARTY中村さんに自己紹介とプロダクト開発において重要だと思うことについてお話しいただきました。ぜひご覧ください。

ICCカンファレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCカンファレンス KYOTO 2017は2017年9月5〜7日 京都市での開催を予定しております。


登壇者情報
2016年3月24日開催
ICCカンファレンス TOKYO 2016
Session 4B
「優れたプロダクトの生み出し方」
 
(スピーカー)
佐々木 大輔
freee株式会社
代表取締役
 
鈴木 健
スマートニュース株式会社
代表取締役会長 共同CEO
 
徳生 裕人
グーグル株式会社
製品開発本部長
 
中村 洋基
PARTY
Creative Director / Founder
 
(モデレーター)
赤川 隼一
株式会社ディー・エヌ・エー
モバイルソーシャルインキュベーション事業部 シニアマネジャー

「優れたプロダクトの生み出し方」の配信済み記事一覧

【前の記事】

【本編】

赤川 それでは、中村さんお願いします。

中村 中村と申します。



中村 洋基
PARTY Creative Director / Founder
 
1979年生まれ。電通に入社後、インタラクティブキャンペーンを手がけるテクニカルディレクターとして活躍後、2011年、4人のメンバーとともにPARTYを設立。最近の代表作に、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、トヨタ「TOYOTOWN」トヨタのコンセプトカー「FV2」、ソニーのインタラクティブテレビ番組「MAKE TV」などがある。国内外200以上の広告賞の受賞歴があり、審査員歴も多数。「Webデザインの『プロだから考えること』」(共著) 上梓。

私は9年間、電通という会社にいて、広告のデジタルプロモーションをやっていました。PARTYは、日本で、面白いデジタルクリエイティブをつくっていた、別の会社にいたメンバーたちがいっせいに独立してつくった会社です。

今は、キャンペーンだけではなく、広告の枠を超えて、会社全体と一緒にサービスの開発をすることがおおくなってきました。自主的にもプロトタイピング開発を始めるようになりました。

僕は、みなさんを勉強しに来ました。クライアントがいない自主開発の分野では、大きく当てたプロダクトはないからです。

「インタラクティブ」-どう物語をつくるか

中村 私の一言は、「インタラクティブ」です。

私は先ほど申し上げた通り、広告キャンペーンとかを請け負ってやる仕事で言うと、グロースとかしないんですね。納品して終わりです。1〜2ヶ月くらいでどういう風にバズが起きるか、みたいな一発勝負の連続です。

左脳でロジカルに詰めるのというのは、クライアントにプレゼンするときだけです。

うまくキャンペーンがバイラルして、世の中にヒットするか、というのは、実はローンチしないと分からないところがあって。クライアントさんのお金をもらって、プロモーションしていて恐縮なんですけど、大体なんとなくこっちの方が合っているなっていうのが分かるんですけど、上手くいくかどうかっていうのはローンチしないと分からないですね。

たまたまたリリースしたら、予想外にすごくいった、クリティカルヒットが出た、経絡秘孔が突けたものとして、「しずかったー」というアプリを作りました。

企業のプロモーション用途のアプリって、せいぜい1万DLやそこらなのですが、これは150万ダウンロードいきました。これは何のアプリかというと、「ドラえもん」のしずかちゃんが、ソーシャルにつぶやく悪口とか、ネガティブな言葉を浄化してくれるというものです。

例えば、左はネットに上がっていたんですけど、「ロードが長すぎてイライラする。バランスは悪いし、システムも稚拙。グラフィックはうんこで不愉快。ストレスがどんどん溜まるクソゲー」みたいなものをリアルタイムに「イライラする」を「キラキラする」に変えるとか、「良くはないけど決して悪くもない」みたいな(笑)。

(会場笑)

文意はなんとか守ったまま、無理やりポジティブに変換するシステムをつくりました。これは高度なことはやっていません。単なる正規表現の「検索・置換」です。

まず、2人のコピーライターに、しばらくツイッターをウォッチしてもらって、悪口とかネガティブな頻出語句を6千個くらい抽出して、全部、無理矢理ポジティブな表現に置き換えてもらったんですね。

赤川 これ、すごいですね。「明日」が「夜の妖精が連れて来てくれる新しい日」になるんですね(笑)。

中村 そうですね。もはや悪口ですらない。

皆さんに是非グロースとはどういうものかっていうのを勉強させてもらいたいなと思います。

赤川 ありがとうございます。続けてパネル・ディスカッションに移りたいと思います。

(続)

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/藤田 温乃

続きは ユーザーは自分が困っている「ペインポイント」に気づけない をご覧ください。

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/藤田 温乃

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

【編集部コメント】

続編(その5)では、スマートニュース鈴木さんの格言「経絡秘孔」を土台に、ユーザーが困っている「ペイン」をいかに見つけるか?といった点などを議論しました。是非ご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。