今井 紀明 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1. 孤立する10代の若者にセーフティーネットを(認定NPO法人D×P 今井 紀明さん)

ICCサミット KYOTO 2019の高評価セッション「ソーシャルビジネスが世界を変える!」を全14回シリーズでお届けします。ソーシャルセクターで活躍する気鋭の社会起業家5名に、各15分間のプレゼンテーションをしていただきました。トップバッターは、認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長を務める今井紀明さんです。ぜひご覧ください!
記事を読む

2. 独自授業×LINE×リバ邸で通信制・定時制高校の生徒を支援!NPO法人D×Pの取り組み

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その2)は、通信制・定時制高校の生徒を対象としたD×Pの支援活動について。オフラインでの特別授業の他、LINEによる進路相談、“リバ邸”とのコラボレーションなど、多彩な活動をご紹介いただきました。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. 10代を生きる若者の大きな可能性を、社会へつなぐ

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その3)は、D×Pの活動を支える寄付者とボランティアについて、D×P理事長の今井さんが解説します。10代の若者が持つ可能性を社会へとつなげるために、今井さんはICCサミットの参加者に向けてコラボレーションを呼びかけます。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. 将来選択の4ステップ〜Inspiration, Information, Motivation, Resources(HLAB 高田 修太さん)

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その4)は、2人目のプレゼンター、HLAB共同創設者・理事 兼 プロマジシャンの高田さんが登壇します。日本の高校生の進路決定における問題点とともに、HLABが提唱する「将来選択の4ステップ」を解説いただきました。ぜひご覧ください!
記事を読む

5. スタディサプリ、Coursera、edX…オンライン授業が普及する今「学校」が提供するべき顧客体験とは何か?

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その5)は、仲間同士で学び合う「ピア・メンターシップ」がテーマです。世界トップ大学の多くは、キャンパス内に学生寮を舞台に居住型教育を実施しているとのこと。そこに着想を得た、日本における新しいピア・メンターシップの場とは? ぜひご覧くださいい!
記事を読む

6.「多様性」と「寝食」を共にする、HLABの2つの居住型教育

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その6)は、HLABが提供する2つのレジデンシャル(居住型)教育の紹介です。高校生・大学生・社会人が集うサマースクールと、2021年開校予定の長期居住型教育「レジデンシャル・カレッジ」について解説いただきました。ぜひご覧ください!
記事を読む

7. かものはしプロジェクト創業のきっかけは「12歳で騙され、1万円で売られた少女」の物語(共同創業者・村田 早耶香さん)

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その7)は、子どもの人身売買問題の解決に挑む、かものはしプロジェクトのプレゼンテーションです。共同創業者の村田さんは、大学の授業で知った、ある少女の物語が創業のきっかけになったと語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

8.「子どもが売られない世界はつくれる」カンボジアでの“売らせない・買わせない”ための活動を通じて(かものはしプロジェクト村田さん)

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その8)は、かものはしプロジェクトがカンボジアで実施した2つの取り組みについて、共同創業者の村田さんが解説します。そうした活動の甲斐もあり、カンボジアの売春宿に従事する児童数は激減したのだそうです。その実績をもとに、村田さんは「子どもが売られない世界はつくれる」と力強く語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

9.【世界最大の被害者数】インドの「子どもの人身売買」を解決するために、日本から支援の輪を

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その9)は、かものはしプロジェクトがカンボジアの次に目を向けたインドでの取り組みを解説いただきます。村田さんらの働きかけにより、2018年、インド全州で適用の反人身売買法案がインド下院を通過しました。継続的な取り組みのために、村田さんは会場の参加者に向けて協力を呼びかけます。ぜひご覧ください!
記事を読む

10. ボーダレス・ジャパンは、“ソーシャルビジネスしかやらない”社会起業家のプラットフォーム(代表取締役社長・田口 一成さん)

「ソーシャルビジネスが世界を変える!」全14回シリーズの(その10)は、本セッション4人目のプレゼンター、ボーダレス・ジャパンを率いる田口一成さんが登壇です。世界9カ国、グループ30社で社会課題解決型のビジネスを展開するボーダレス・ジャパンを、どのような思いで経営しているのか? いま社会起業家のプラットフォームが必要とされている理由とは? ぜひご覧ください!
記事を読む