内藤 裕紀 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?(全6回)

マイネット、VOYAGE GROUP、KLab、ドリコムといったネット業界の上場企業経営者が集結し「変化し続ける経営」について語り尽くしたセッション。新規事業のテーマ設定やR&Dチームの作り方、優秀な人材の流出への対処法、撤退ラインの引き方まで幅広いテーマで盛り上がりました。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. 業界のギャップを見つけて“選択と集中”で変化を遂げる「マイネット」

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(その1)は、“ ITベンチャー界の気合い担当”ことマイネット代表取締役社長の上原仁さんのトークです。変化し続ける同社が、別事業からソーシャルゲームに参入した背景とは?ぜひご覧ください!
記事を読む

2. 強みを活かした事業展開をし続ける「VOYAGE GROUP」

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(その2)は、VOYAGE GROUP 代表取締役社長兼CEOの宇佐美進典さんのトークです。同社の「強み」をベースにした新規事業展開の仕組みを、これまでのコア事業の変遷とともに解説いただきます。ぜひご覧ください!
記事を読む

3. KLab 真田氏が語る「パドリング競争には参加しない」新規事業のテーマ設定

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(その3)では、KLab代表取締役会長兼社長 CEOの真田哲弥さんに、これまでの事業展開を“サイバード設立前”まで遡って解説いただきます。真田さんが信じる10年周期のジンクスとは?ぜひご覧ください!
記事を読む

4. ドリコム 内藤氏「社長直下の小チームでAR・AI・ブロックチェーン・HTML5などの研究開発を推進する」

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(その4)では、2006年マザーズ上場を果たしたドリコム代表取締役社長・内藤裕紀さんに、当時を振り返りつつこれまでの事業展開を解説いただきます。ゲーム事業で常に新手を打ち続ける同社の秘訣とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

5.「ネット業界では優秀な人材がすぐに独立してしまう」成長企業ゆえの悩みとその対処法

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(その5)は、成長を続けるネット企業ゆえの“高い人材流動性の課題”を議論します。独立志向のある優秀な人材に対して、上場企業経営者はどのように向き合っているのでしょうか? ぜひご覧ください!
記事を読む

6. ネットビジネスの事業撤退ラインの決め方とは? 上場企業経営者が徹底解説!【終】

『上場ネット企業経営者が語る「変化し続ける経営」とは!?』6回シリーズ(最終回)では、会場からの質問をきかけに事業撤退ラインの引き方を議論します。挑戦を重ね成長し続けるためには、時として撤退も必要。上場企業経営者はどう決断し、実行しているのでしょうか? ぜひご覧ください!
記事を読む

【最終回】「鏡の前で俺は天才だと言い続ける」自分でスイッチを入れられる起業家は変われる【KS16-1A #7】

「創業期の苦難をいかに乗り越えるか」【KS16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その7)は、事業を成長させる上での時間や行動で意識していること、そして困難にどう立ち向かうか、についてメッセージを各登壇者から頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

ベンチャー企業がキャズムを超えるためには?【KS16-1A #6】

「創業期の苦難をいかに乗り越えるか」【KS16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その6)は、会場からの質問を受け付け、マイネット上原さんやクラウドワークス吉田さんの事業に対する真剣なアドバイスで盛り上がりました。是非御覧ください。
記事を読む

「自分でできること・できないことを直視する」起業人生で気付かされた大事なこと【KS16-1A #5】

「創業期の苦難をいかに乗り越えるか」【KS16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その5)は、組織を創る上での「仲間(人)」をテーマに、会社を経営していく中での苦難・大事なことをお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

「競争優位性がないことを受け入れた」クラウドワークス吉田氏の気合い経営【KS16-1A #4】

「創業期の苦難をいかに乗り越えるか」【KS16-1A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!7回シリーズ(その4)は、製品やサービスの開発をテーマに、どう世に受け入れられるものを創れるか、その苦難と経験をお話しいただきました。是非御覧ください。
記事を読む