注目”便”チャー「メタジェン」は腸内細菌解析技術で病気ゼロ実現に挑む【F17C-MTG #1】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

注目”便”チャー「メタジェン」は腸内細菌解析技術で病気ゼロ実現に挑む【F17C-MTG #1】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

メタジェン 福田 真嗣さんのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その1)は、メタジェンの「茶色い宝石(=便)関連事業」についてお話し頂きました。便から腸内細菌情報を解析し、予防や治療につなげる注目”便”チャーです。是非ご覧ください。

ICCカンファレンス FUKUOKA 2017スタートアップ・コンテスト「カタパルト -リアルテック特集-」Supported by リアルテックファンド プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。

本記事で特集しております8分間のプレゼンテーションを行う「CATAPULT(カタパルト)」のプレゼンターを募集しております。「スタートアップ」「IoT/ハードウエア」「リアルテック」「カタパルト・グランプリ」の4カテゴリーで募集しております。ぜひ募集ページをご覧ください。


2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT(カタパルト) -リアルテック特集-
Supported by REALTECH FUND

(プレゼンター)

福田 真嗣
株式会社メタジェン
代表取締役社長CEO

2006年明治大学大学院農学研究科博士課程を修了後、理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て、2012年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授。2011年にビフィズス菌による腸管出血性大腸菌O157:H7感染予防の分子機構を世界に先駆けて明らかにし、2013年には腸内細菌が産生する酪酸が制御性T細胞の分化誘導を促進して大腸炎を抑制することを発見。ともに「Nature」誌に報告。2013年文部科学大臣表彰若手科学者賞、2015年文部科学省科学技術・学術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2015(ナイスステップな研究者)」を受賞。同年、第1回バイオサイエンスグランプリにてビジネスプラン「便から生み出す健康社会」で最優秀賞を受賞し、慶應義塾大学と東京工業大学とのジョイントベンチャーとして株式会社メタジェンを設立。専門は腸内環境システム学、統合オミクス科学。著書に「おなかの調子がよくなる本(KKベストセラーズ)」。

腸内細菌解析技術で病気ゼロ実現に挑む「メタジェン」の配信済み記事一覧

福田真嗣(以下、福田) 皆さん、こんにちは。

皆さんは、茶色い宝石をご存知ですか?

私たちはこの「茶色い宝石」から病気ゼロ社会の実現を目指しています。

ここで、株式会社メタジェンの概要を簡単に説明させていただきます。

メタジェンは、2015年3月、山形県の鶴岡市に設立しました。

(会社概要を指して)私達の主要事業は「茶色い宝石関連事業」です。

(会場爆笑)

この謎の事業を展開していて、何故か売り上げがあるのです。「茶色い宝石関連事業」ですが、私達のコンセプトは”Ben-efit”です。

(会場爆笑)

腸内細菌の情報は便に含まれている

私たちのお腹の中には無数の腸内細菌が住んでいます。約1,000種類、数にしておよそ100兆個の腸内細菌の集団は、腸内細菌叢(そう)または腸内フローラと呼ばれています。

この腸内細菌叢のバランスが崩れると、様々な疾患に繋がることが近年の研究で続々と明らかになっています。

その一方で、腸内細菌叢が良いバランスを保っていれば、私たちの健康維持、疾患予防に大きく貢献してくれることも分かってきました。

皆さんのお腹の中には無数の腸内細菌が棲んでいますが、彼らが腸内でどのような振る舞いをしているか?という情報が、実は便の中に含まれているのです。

皆さんのお腹の中にどのような腸内細菌がいて、彼らがどのような代謝物質を産出しているのか。これらが皆さんの健康、あるいは疾患のリスクと関連するわけです。

便の中には、私たちの健康状態をあらわす、いわば宝石と同じぐらい価値のある情報が詰まっているのです。そのため、私たちは便のことを「茶色い宝石」と呼んでいます。

しかしながら、これが一向に流行りません

(会場爆笑)

その理由は明白です。例えば皆さんの目の前にこの茶色い宝石がポンと置いてあったら、どのような気持ちになるでしょうか。

(会場笑)

当然、臭いですし汚いので、価値はゼロ、むしろマイナスかもしれません。

しかし、この宝石の中には、皆さんの健康あるいは病気のリスクに関する情報が沢山詰まっているわけです。

最先端テクノロジーで腸内細菌の振る舞いを把握する

私達は最先端テクノロジーを用いて、便から健康維持に有益な情報を取り出し、その情報を皆さんが理解しやすい形でフィードバックすることによって、病気ゼロ社会の実現を目指しています。

ここで、株式会社メタジェンが持つテクノロジーについて簡単に紹介します。

便の中に含まれる腸内細菌が作り出す化合物を一斉分析する「メタボロミクス」という技術。それから、便の中に含まれる腸内細菌の遺伝子を網羅的に解析する「メタゲノミクス」という技術。これらは生命科学の分野における最先端技術ですが、既存の技術です。

メタジェンでは、この二つの技術を融合させた「メタボロゲノミクス®」という新規解析技術を開発しました。この最先端テクノロジーを駆使して、茶色い宝石を分析しているのです。

この技術を用いると、一体何が分かるのでしょうか。

まず最初に、「メタゲノミクス」によって、皆さんのお腹の中に棲んでいる腸内細菌叢の遺伝子地図を作ることができます。

更に、腸内細菌叢由来の代謝物質を解析し、それらの情報を遺伝子地図上にマッピングするのです。

これにより、皆さんのお腹の中で「どのような腸内細菌がどのような物質を作っているか」ということを、車の設計図を引くように、非常に綿密に細かく把握することができるのです。

私たちはこれを「腸内デザイン」と呼んでいます。

株式会社メタジェンが開発したこの独自技術を用いることにより、私たちは便から健康状態を評価できる世界屈指の「便チャー企業」であると自負しています。

病気ゼロ社会実現のための、疾患予防・治療戦略

「健康」と「病気」を両端に置いた時に、中央には「未病」という概念があります。未病とは、病気になる一歩手前で、検査結果が異常値に近い、または自覚症状と言うほどではないが身体に何らかの違和感があるような状態をいいます。

病気ゼロ社会を実現するために、われわれは2つのストラテジーを持っています。

まず1つ目のストラテジーは「予防」。健康を長く維持するためのストラテジーが「予防」です。そして2つ目は、病気になってしまった方に対する「治療」のアプローチです。

病気ゼロ社会実現のためには、これら2つのストラテジーが必要だと考えています。

血液型と同じように腸内環境のタイプを知ることが大切

まず1つ目、「予防」の観点でのアプローチを紹介します。

皆さんの腸内環境を分析し、ご自身の腸内環境の状態を知っていただくという事業です。

まず、皆さんからオーダーをいただくと、我々が採便キットをお送りします。そのキットを使って採便をしていただき、キットを送り返していただきます。そして先に述べた技術を用いて便を解析し、得られた情報を皆さんにお返しします。

私たちは、このような事業を通じて皆さん一人ひとりが自身の腸内環境のタイプを知り、健康維持のために活用していただきたいと思っています。

多くの人は自分の血液型をご存知だと思います。それと同じように、腸内環境のタイプを知っていただく必要があると考えます。

それはなぜでしょうか。

腸内環境は人によって異なり、長期的な食習慣が皆さんの腸内細菌叢のバランスを決めるということが分かっています。たとえ一卵性双生児であっても異なる腸内環境になる場合もあります。

ここで、腸内環境改善を謳う商品を例に挙げましょう。全ての人の腸内環境を改善できる単一の商品というものは、存在しないと考えています。

なぜなら腸内環境のバランスは皆さんそれぞれ違うからです。

ですから我々は、皆さんの腸内環境を調べて、その機能別タイプ分けをします。

そして、私たちのテクノロジーを使って、実際に臨床試験を行い、その結果に基づいてそれぞれの腸内環境タイプに適した製品を提案する「エビデンスベースの腸内環境改善アドバイス」を実施したいと考えています。

自分の腸内環境に合う商品が提案される未来

このデータがどんどん蓄積してくると、どうなるでしょうか。

例えばスーパーには腸内環境のタイプ別に、タイプA用の陳列棚、タイプB用の陳列棚ができるでしょう。

自分の腸内環境タイプが分かっていれば、その棚からどの商品を選んでも自分の腸内環境改善に効果があるというわけです。あとは自分の味や好みで選んでいただけます。

さらに、オンラインショップ等に自分の腸内環境のタイプを入力、保存しておけば、提案される商品の全てが自分の腸内環境に合ったものになる、という未来がやってくるかもしれません。

日常的に腸内環境を理想の状態に保つことにより、疾患予防を実現したいと思っています。

メタジェン福田 真嗣さんのプレゼンテーション動画をぜひご覧ください。

(続)

次の記事を読みたい方はこちら

続きは 「便は薬になる」メタジェン福田氏が語る”腸内細菌サプリメント”の可能性 をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/城山 ゆかり

【編集部コメント】

「便」チャー、Ben-efit、茶色い宝石、ブラウンオーシャン(※その2で登場)、ご整腸(清聴/その2で登場)…溢れ出るパワーワードにICC FUKUOKA 2017 会場は大いに沸きました。ぜひ動画もご覧ください!(榎戸)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。