「BASE FOOD」は、パンやパスタを完全栄養化して、継続できる健康習慣を作る(ICC KYOTO 2020)【文字起こし版】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「BASE FOOD」は、パンやパスタを完全栄養化して、継続できる健康習慣を作る(ICC KYOTO 2020)【文字起こし版】

Pocket

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

ICCサミット KYOTO 2020 スタートアップ・カタパルト 総集編に登壇いただいた、ベースフード 橋本 舜さんのプレゼンテーション動画【「BASE FOOD」は、パンやパスタを完全栄養化して、継続できる健康習慣を作る】の文字起こし版をお届けします。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。 次回ICCサミット FUKUOKA 2021は、2021年2月15日〜2月18日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2020 プレミアム・スポンサーのTokyo Prime にサポート頂きました。

【ICCサミット10回開催記念特別企画①】歴代スタートアップ・カタパルト優勝・入賞者が再登壇!ライブ中継もあります!(ICC KYOTO 2020)


【登壇者情報】
2020年9月1〜3日開催
ICCサミット KYOTO 2020
Session 8A
第10回開催記念特別企画 STARTUP CATAPULT 総集編
Supported by Tokyo Prime

橋本 舜
ベースフード株式会社
代表取締役

1988年大阪府生まれ。東京大学教養学部卒業後、株式会社DeNAに新卒入社し、新規事業を担当する。2016年、ベースフード株式会社を創業し、「主食をイノベーションして、健康をあたりまえに」をミッションに掲げ、世界初の完全栄養の主食 BASE PASTA を開発し販売開始。2019年、世界初の完全栄養のパン BASE BREAD も販売開始。「ICCサミット FUKUOKA 2018 スタートアップ・カタパルト」準優勝。「EY Innovative Startup 2020」受賞。


世界初の完全栄養のパン、パスタ

橋本 舜さん よろしくお願いします。ベースフードの橋本です。

弊社のミッションは、「主食をイノベーションして健康を当たり前にする」です。

弊社の商品は主に2種類で、「BASE BREAD」と「BASE PASTA」を販売しています。

もちろん、ただの主食ではありません。

世界初の完全栄養の主食として、厚生労働省が策定している日本人の食事摂取基準に基づいて、1日に必要な栄養素の全ての3分の1が、一食分に含まれるように設計して作っています。

右側のイラストのように、全粒穀物や豆類、海藻類、種子類を混ぜ合わせて、サラダのような健康効果があるけれども、主食のようなおいしさ、簡便さというところを目指しています。

D2C×サブスクリプションで商品開発・健康習慣を継続

それをD2C×サブスクリプションという形で販売しています。

具体的には、自社のウェブサイトでの直販と定期購買での売上が、全体の売上の9割以上を占めています。

D2Cにすることによって、お客さまの意見や購買データに基づいた商品開発をすることが出来るので、プロダクトマーケットフィットを素早く行うことができています。

また、健康で一番難しいことは習慣化だと思っていますので、サブスクリプションで健康習慣の継続を提供しています。

弊社としては、投資対効果が良く、SaaS的なリターンレートを上げていくことで積み上がっていくようなビジネスモデルを展開できています。

サプライチェーンとしては、D2Cの特徴とは、アウトソースもフル活用しつつ、上流から下流まで全てを見ることでカスタマーエクスペリエンスを上げていく。つまり作るだけ、売るだけではなくて、作って売りますというところだと思っています。

工場での生産や、倉庫での保管、ヤマト運輸での宅配という部分は外注していますが、特に工場での生産に関しては、従来の小麦だけの主食の作り方とはまるで違いますので、弊社のメンバーが入って、一緒に作っています。

少子高齢化の国の課題を、健康面から解決する

私は28歳のときに起業していますが、なぜ起業したかという話をします。

小学生のときから、「橋本くんが大人になったときには少子高齢化で大変だよ」と言われ、少ない数の子どもで多くの高齢の方を支えているようなイラストをよく見せられていました。

でも、たぶん誰かが何かしてくれるだろうなと思っていましたが、28歳になっても何も変わっていませんでした。

世界最高レベルの少子高齢化の国で、社会保障費の増大が、我々世代にも重くのしかかっています。

当時は、大きい会社の新規事業担当をしていましたが、この課題を誰かがやらないといけないと考えたときに、自分がやりたいと思いました。

いろいろ調べてみると、寿命に対して健康寿命がのびていませんでした。

医療が強い国だからこそ、病気の予防が十分にできておらず、健康寿命がのびていないのです。

健康寿命をのばすためには、栄養と睡眠と運動と定期的な検診が必要であるということは明らかになっています。

当時、ビジネスパーソンとして6時間くらい睡眠をとっていましたし、週に1~2回はジムに行って、年に1回は健康診断を受けていました。

ただ、1人暮らしでしたし、渋谷で働いていたので、ランチや夕飯は割と簡単に済ませていて、そこは非常に良くなかったと思います。

私の仮説ですが、働き方改革で労働時間が減っていくと、睡眠時間がとれないとか健康診断が受けられないということはないと思います。一方で、共働き、1人暮らしが増えて、一汁三菜の献立を用意することが減っていく中で、栄養バランスを保つことは、どんどん困難になっていくだろうと思います。

そこで、共働き、1人暮らしの人でも今までの生活のまま理想的な食事ができるようにと考えて、今の事業を行っています。

伸び続けている健康食品市場と食のEC

食品市場自体は人口が減るので縮小しますが、健康食品市場と食のECは伸び続けていて、ECは新型コロナウイルス感染症の流行によって、伸びの角度が上がっています。

そこで、私が見据えているのは、世界で年間約100兆円消費されている主食市場です。

主食については、「主食を食べることはエンプティカロリー(カロリーは高いが栄養はないこと)で、炭水化物だけ摂ってしまうので控えよう」ということがここ10年間起きています。

例えば、100兆円の主食市場の10%が健康的な主食に置き換わって、その10%が弊社だと年商1兆円を目指せるという夢を持ってやっています。

創業、スタートアップ・カタパルト準優勝からの道のり

ここからは創業期の話ですが、ICCのスタートアップカタパルトに登壇する前の1~2年間は、自宅にこもって、さまざまな人の協力を得ながら麺を作っていました。

OUR STORY(BASE FOOD)

引きこもり生活をしていて、その後、起業してから1年後にBASE PASTAを販売したら、まさかのAmazonの食品・飲料・お酒の人気度ランキングで1位になりました。

2位と3位が大手のミネラルウォーターで、水よりも多く売れました。

多くの需要をいただいて、そこから本当に会社作りも真剣にやっていきました。

その1年後の2018年2月に、ICCサミット FUKUOKA 2018 スタートアップ・カタパルトで準優勝し、そこから2年半で、ICCからいただいた人脈や知恵によって、売上は約30倍以上に成長しています。

BASE FOODは、完全栄養パスタ「BASE PASTA」から主食にイノベーションを起こしていく(ICC FUKUOKA 2018)【文字起こし版】

それをLTV(顧客生涯価値)/CPA(顧客獲得単価)の向上により実現しているため、収益性も大きく改善しています。

プロダクトのバリエーションとしては、当時はフェットチーネだけでしたが、中華麺のようなBASE PASTA アジアンや、BASE BREADはプレーンとチョコフレーバーを作っています。

今日は試食をご用意していますので、ぜひお召し上がりいただければと思います。

バリエーションが増えることによって、新規顧客の拡大も増えていますし、継続率も向上しています。

プロント、ラーメン凪とのコラボレーション

また、コラボレーションをさまざまにさせていただいています。

2020年9月現在、プロント全店で提供されていて、京都の町でもBASE PASTAの看板が並べられています。

プロント全国226店舗で、コラボメニュー「ミートクリーム BASE PASTA®」新発売(BASE FOOD)

また、ラーメン凪とのコラボレーションでは、『ガイアの夜明け』で特集していただき、こういったものでも認知が非常に広がっています。

シリーズ「外食王」第5弾 “超”進化!ラーメン新世紀(2018年12月11日 放送 第844回)

海外でも有望なマーケットと目されるフードテック

2019年5月に、米国のBEYOND MEATというフードテックの会社が、第1号としてナスダックに上場して、一時期は時価総額1兆円をつけて、今も5,000億円~1兆円の間で推移しています。

これによって、いわゆるUberなどが苦戦している中、フードテックは有望なスタートアップのマーケットだと思われるようになりました。

BEYOND MEATは植物性の代替肉ですが、植物性の肉のほうが健康にとっても、環境にとっても良い。それが動物性の肉よりもおいしくなったら、植物性の肉に置き換わるだろうというロジックです。

我々も植物性たんぱくを含む主食で、人間の健康にとって良いものが、小麦粉だけの主食よりもおいしくなったら置き換わるだろうという発想でやっているので、海外の投資家からは、似たロジックだと思われて注目されています。

BASE FOODは、with/afterコロナに必要とされる存在に

また新型コロナウイルス感染症の流行によって、身体に良い主食が毎月届くという定期購買は必要性の高いものになってきました。

良いプロダクトだけれども、私は買っていなかったという人たちが、手に取るようになってくれていると思っています。

以上です。ありがとうございました。

▶︎実際のプレゼンテーション動画もぜひご覧ください。

(終)

新着記事を公式LINEでお知らせしています。友だち申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! YouTubeチャンネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/小林 弘美/戸田 秀成/SNOWLIGHT

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。