「変な」ハードウェアを矢継ぎ早に市場投入する「Cerevo(セレボ)」【F17-8D #5】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

「変な」ハードウェアを矢継ぎ早に市場投入する「Cerevo(セレボ)」【F17-8D #5】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?」【F17-5B】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その5)では、Cerevo岩佐さんに、「変な」製品を次々と市場に投入する独自の戦略について聞きました。60を超える国に製品を販売できる秘密とは?是非御覧ください。

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは新産業のトップリーダー600名以上が集結する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCサミット FUKUOKA 2018は2018年2月20日〜22日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
2017年2月21日・22日・23日開催
Session 8D
社会をより良くする革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?

(スピーカー)
岩佐 琢磨
株式会社Cerevo
代表取締役

町野 健
KAMARQ HOLDINGS PTE. LTD.
取締役CCO

吉藤 健太朗
株式会社オリィ研究所
代表取締役CEO

三宅 徹
株式会社未来機械
代表取締役社長

(モデレーター)
守屋 彰人
ダイソン株式会社
Head of Direct

「日本発の革新的なハードウェア・スタートアップ」の配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
【新】革新的なハードウェア・スタートアップは日本から生まれるのか?【F17-8D #1】

1つ前の記事
OriHimeは、寝たきりの人に「もう一つの自分の身体」を提供する(オリィ研究所・吉藤)【F17-8D #4】

本編

守屋 登壇者の方々に「どう社会をより良くしたいのか」、「どう革新的なのか」という2点を強調する形で会社の紹介をいただいております。

最後に、Cerevoの岩佐さんお願いします。

岩佐 琢磨氏(以下、岩佐) はい、宜しくお願いします。

弊社は、節操なく色々なものを作っている会社でして。

社是としては革新か社会を変えるかは分からないが、コネクテッド・ハードウェア、いわゆるIoTで生活をもっと便利で豊かにしようというものです。

創業した2008年当時はIoTという言葉がなかったので、ネット家電とか、コネクテッド・ハードウェアという言葉を使っています。

守屋 ソニーも一時期ユビキタスと言っている時期がありましたね。

岩佐 ありましたね。

(会場笑)

「豊か」とは何なのか?

岩佐 僕は「豊か」ということが、すごくポイントだと思っています。

しょうもないものを色々と作っています。

「豊か」の話をしていきたいなと思います。

上の動画を見たことがある方いますか?

(会場挙手)

結構知っている方が多いですね。「DOMINATOR」です。

一言でいうとおもちゃなのですが、スーパーハイテクIoTおもちゃになります。

メカ機巧も相当複雑です。

実際に声優さんが喋り、動画では台に乗せているだけですが、実際に持って遊ぶことができます。

このおもちゃ、なんと8万円します。

(会場笑)

でも、これは人々を豊かにしました。

守屋 ダイソンのロボット掃除機は15万円です。

岩佐 そうですね。

でも、これは何もしてくれないので(笑)。

ゴミも取ってくれないですし、当然床も綺麗にならない。

ただ「変形して面白いね」とか、「アニメの中から飛び出てきたようなおもちゃですごいね」と言うのですが、弊社がいなければ、こんな製品は具現化されなかった訳です。

家の中を動き回るプロジェクター

岩佐 我々は、なんだかんだ色々なことを行なっています。

ロボット太陽光バルブ掃除機ですとか、ロボットコミュニケーションといったものもあるのですが、弊社では実用方向に振っています。

例えば、プロジェクターが家の中を走り回り、壁や床、天井をディスプレイに変えましょうといったロボット「Tipron」を作ったりしました。

守屋 上下左右の調整も全て自動で行なってくれるのですか?

岩佐 全て自動です。

場所を覚えて、毎朝6時になったら私のベッドルームに来て、ベッドサイドでジャズをかけながら天井には山手線の遅延情報を出してねとセットすると毎朝そのようにしてくれる。

守屋 なるほど。毎朝そのように起きていると(笑)。

岩佐 僕は朝起きられないものですから。

会場で、朝起きられない方?経営者の皆さんは朝に強いですかね?

(会場挙手)

意外と手が上がりますね。

また、防犯アラームというものがありますよね? 小学生がランドセルにつけているものですが。

この、スマート・アラーム「cloudiss」は、それと同じ爆音がします。

98BDですとか100BD位になるので、ものすごくうるさいのですが、スイッチがどこにもなく、必死に振らなければ止まりません。

(会場笑)

これは絶対起きるだろうという商品です。

アホらしいなと思っていらっしゃるかもしれませんが、一部の朝弱い人にとっては神がかった商品な訳です。

守屋 アメリカのベンチャーで逃げ回る目覚まし時計がありましたよね?

岩佐 ありました。

日本ではヴィレッジヴァンガードですごく売れたらしいです。

このように、なんだかんだ色々なことを行なっています。

矢継ぎ早に「変な」製品を市場に投入

岩佐 弊社に特に革新的な所はないのですが、矢継ぎ早に「変な」ものを大量に市場に投入できることが実は革新的なのではないかと思っています。

1つの商品について、全くゼロから基盤設計、ソフトの設計、筐体からメカから自社設計し、それを4、5人作成し、10ヶ月程度で製品として市場に投入してしまう。

結果それだけしか人をかけていないので、1商品の開発費、人件費は数千万円位で市場に投入できてしまうということが面白い所なのかなと思っています。

結果、これだけ変なものを作ると、世界中の人が「面白いじゃん」「この会社しか作っていないから、お前の所から買うよ」と言って、沢山の発注がきます。

守屋 これは、販路がある訳ではなく、ウェブサイトで発表すると勝手に受注が入るのですか?

岩佐 皆さんそのようにおっしゃるのですが、実は地味に普通のビジネスをしています。世界55カ国で販売しているのですが。

コスタリカの代理店に卸していたり。ウクライナの代理店に卸していたり。

ベネズエラとコスタリカは同じ代理店が販売していたり、そういった多少の交わりはあるのですが、実は弊社、ECサイトのヒット率15%位しかありません。

ネット記事を見て、謎のコスタリカからメールが来てというようなことを行なっています。

守屋 3〜5ヶ国位で始めてみるとか、英語圏だけで始めてみるとかであれば分かりますが、Cerevoさんは販売55ヵ国(※)だそうですね。

▶現在は60ヵ国を突破しているそうです。(https://cerevo.com/ja/company/

ダイソンは70ヶ国位で売っていますが、ほぼ変わらないですよね?

岩佐 そうですね。

守屋 それだけ取り組むと、ベンチャーとしては労力がかかると思うのですが、それでもこのように広めているのは何か理由があるのですか?

岩佐 徹底的にとにかく物がユニークすぎる、ニッチすぎるという所だと思っています。

守屋 市場を広くするために、海外に大きく出ている?

岩佐 ダイソンさんは分かりやすくて。

ダイソンさんは高性能だけど、そうは言っても中国には中国の掃除機メーカーがいて、アメリカにはアメリカの掃除機メーカーがいる。

そこと戦うために国を広げるのは手間という所だと思います。

ただ、先程のようなおもちゃは弊社しか作っていないんです(笑)。

そうすると、世界中のグローバルな人々が、お前の所しか作っていないからお前の所に問い合わせるよと来るので、こちらの営業はほぼ受け身で良いという所が特徴です。

革新的と言えるかは分かりませんが、このように一部の方からすると革新的なものを作っています。

▶Cerevoについて詳しく知りたい方は【保存版】革新的なIoTプロダクトを生み出し続ける「Cerevo」(全3回)をご覧ください。

守屋 ありがとうございます。

今日はこのような4社さんそれぞれにディープダイブすると日が暮れてしまいますので、オーディエンスの皆さんと一緒に盛り上がれるような論点にフォーカスして議論したいなと思います。

(続)

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

次の記事を読みたい方はこちら

続きは ハードウェア・スタートアップの製品開発に適したPDCAとは? をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/本田 隼輝/鎌田 さくら

【編集部コメント】

ICCのセッションをライブ配信する際には、CerevoさんのLiveShell Xにはお世話になっております。(横井)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。