千葉功太郎氏のリアルテックファンド参画につながる運命の出会い【F17-6F #4】 – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

千葉功太郎氏のリアルテックファンド参画につながる運命の出会い【F17-6F #4】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「今、リアルテックが熱い」【F17-6F】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、なぜ投資家の千葉さんがリアルテックファンドに参画したのかを、丸さん・永田さんとの出会いも振り返りながら語っていただきました。是非御覧ください。

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは新産業のトップリーダー600名以上が集結する日本最大級のイノベーション・カンファレンスです。次回 ICCサミット FUKUOKA 2018は2018年2月20日〜22日 福岡市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年2月21〜23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 6F
「今、リアルテックが熱い」

(スピーカー)

千葉 功太郎
投資家・Drone Fund / General Partner

永田 暁彦
株式会社ユーグレナ
取締役 財務・経営戦略担当
リアルテックファンド 代表

丸 幸弘
株式会社 リバネス
代表取締役CEO

(ナビゲーター)

井上 真吾
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン
プリンシパル

「今、リアルテックが熱い」の配信済み記事一覧

連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
【新】「リアルテック」とは何か?-人類の進化に貢献する新技術【F17-6F #1】

1つ前の記事
なぜ今、研究開発ベンチャーに投資すべきなのか?(リバネス丸)【F17-6F #3】

本編

 ここで考えたいのが、なぜ千葉さんがリアルテックファンドに参画するのか?ですよね。

▶編集注:本セッション実施の「ICCカンファレンス FUKUOKA 2017」にて、千葉功太郎さんがリアルテックファンドに参画されることが発表されました。

【速報】千葉功太郎氏、リアルテックファンドのメンバーとして参画!

井上 そうなんです、いつ話を振ろうかなと思っていたんです!

なぜリアルテックファンドに千葉さんが参画したかというところ、ぜひお話し頂きたいです。

永田 もともと出会いのきっかけはICCカンファレンスでした。

リアルテックファンド 代表 永田 暁彦氏

 そうでした!

千葉 ICCだったんですよ。

永田 まさに「Co-Creation」ですよ。ありがとうございます。

井上 これは素晴らしい。

ICC KYOTO 2016で「はじめまして」

千葉 まさかの異業種間の出会いがあったのです。

前回、半年前(2016年9月)に京都で開催された「ICCカンファレンス KYOTO 2016」のスピーカー控室でした。

千葉 功太郎氏

 そうなんです。千葉さんと私の間での「はじめまして」から全てが始まりました。

千葉 2人とも、人見知りなうえに独りぼっちで。

離れて座っていたところを、ICC運営メンバーの市川さんが「よかったら一緒に座られたらどうですか?」とおっしゃってくださって。

井上 本当ですか?

 本当です。

千葉 本当ですよ。ボッチ同士。

 お互い、肩身の狭い思いをしながらコーヒーを飲んでいたんですよね。

私は、普段は絶対にこのようなイベントには来ないタイプなのですが、永田さんに誘われて、あの時初めてICCに来たんです。

どうせ知り合いもいないし……と思いながら、静かにコーヒーを飲んでいたんです。

千葉 私も人見知りで。

 そうしたら、なんだか怪しい僧侶のような出で立ちだったんですよ!

▶編集注:千葉さんはICCカンファレンスに和服でいらして頂きました。

井上 その時が初めてだったんですか?

 そうです。

永田 人生において出会うところがないですもんね。

お互いがどんな人なのか全く知らなかった

千葉 接点がありませんでしたから。本当にリアルな場で繋いでもらいました。

今でも笑えるのが、会った時にお前は誰だと聞いたら、「リバネスだ」と。

 そうしたら、「リバネスなんて知らない」と言われました。

千葉 逆にお前誰なんだと聞かれ、「(元)コロプラだ」と言っても、「コロプラなんて知らない」と。

(全員笑)

千葉 この接点のなさ!

 お互いに全く知らないというね。名刺をもらいましたよね。

リバネス 代表取締役CEO 丸 幸弘氏

永田 一方は、アカデミア系の人間であれば誰でも知っている会社で、他方はゲーム業界の人であれば誰でも知っている会社だけれど、お互いに全く接点がありませんからね(笑)。

 テレビも見ませんから、CMなども見ないんですよね。

千葉 ゲームもやったことないんですよね?

井上 今日は電話さえ持っていませんしね。

 電話も持っていません。

アカデミアの世界でリバネスを知らない人がいたら、はっきり言って、もう偽物の研究者ですから(笑)。

千葉 同じくチャラテック系(※)でコロプラを知らなかったらまずいですよね。

▶編集注:「チャラテック」とは丸さんが生み出したIT系の会社を指す言葉です。

千葉 私のことはともかく、コロプラくらい知っていてもらいたかったですよね。

 そのような出会いでした。

出会ったその日に千葉さんを口説く

永田 その後のパーティで、3人で飲んだんですよね。

千葉 そう、ジョインさせてもらいました。

永田 我々からすると、正直な話、IT寄りの人というのはやはり少し恐いというか……。

 そう、「すごい人」というイメージを持っています。

永田 IT系の方はよく集まっていますし、世の中では私と同世代の経営陣の集まりなどもいろいろなところで行われていると思うんです。上場してから、私も声を掛けていただくことがあるものの、1度も参加したことがないんですよね、なんかもう恐くて。

恐い人たちだと思っていたら、千葉さんは相当「テッキ―」で(テクノロジーに詳しく)驚きました。

 そうなんです。

だから、たまたまお会いしただけなのに、千葉さんと30分くらいでしたか、お話しさせてもらいました。それまで知らなかったですから。

千葉 本当にお互い何も知らなかったですよね。

 「そうなんですか~、何やっている人ですか?」

「実は大学の技術を掘り起こして世界を変えるシーズを集めて、それを世の中に出すという仕事をしているんですよ」

「例えばどんな?」

「最先端テクノロジーで便を分析する会社」

という具合に。

今回も千葉さんのためにその会社を連れてきましたからね。

千葉 「便チャー」ね。

丸 便だけに、便チャー。

▶編集注: 「便チャー」=メタジェン社です。詳しくは、【保存版】腸内細菌解析技術で病気ゼロ実現に挑む「メタジェン」(全2回)をご覧下さい。

メタジェン 代表取締役社長CEO 福田 真嗣氏(ICC FUKUOKA2017 CATAPULT)

 逆に「何をやっているんですか?」と尋ねたら、「実は、ドローンとか農業IoTとか……」と始まって、「それ面白いじゃないですか!」と。

▶編集注:千葉さんは個人投資家として、農業・ドローン・インバウンドといった領域に注目して投資をしています。詳しくは「日本で最もVCファンドに投資している千葉功太郎氏が注目する3つの分野」を御覧ください。

コロプラのことを知らなかったから、ITの人という先入観もなかったですし、ただただお互いの雰囲気が合ったんですよね。

それでもその時は、「やはり長期的に世の中の課題を……」、「やはりそうですよね!」という形で話を終えました。

「ではまた後ほど」と言ってその時は別れたんですけれど、興奮するほどに面白かったので、こっそり小声で「永田さん、(元)コロプラの千葉さんって知ってる?」と聞いてみたんです。

(しばし沈黙の後、全員笑)

それまで知らなかったのに、その時はもう、「俺すごい人と知り合いになったぜ」みたいな感じで、もう子どもみたいに自慢気に(笑)。

「すごい人に出会ったかもしれない」というような話をして、永田さんにそう思わないかと聞いたら、永田さんも「分かる、分かる」と言ってくれて。

ロボティックスやドローンなどに投資しているかと思えば、どうやらコロプラというすごい会社を上場させたらしいということが改めて分かりました。

千葉 らしい(笑)。

何よりも空気が合ったから参画してもらった

 知らなかったからですからね。でも周りから少し情報を集めたら、すごい人らしいと。

でもそのことは置いておいて、何より空気が合ったんですよ。

「これはもしかすると」と思い、永田さん一緒に口説こう、という話になって、その晩にはもう2人で千葉さんを左右から挟んでいました。

千葉 しかも、レッドパス・パーティの場で。

▶編集注:「レッドパス・パーティ」はICCカンファレンスに登壇するスピーカーを対象としたパーティの名称です。

 記事に書いておいてください。「レッドパス・パーティで」と(笑)。

永田 しかも、会場の端っこで。

 端っこのソファーでした。

千葉 3人ともパーティにも参加せず、端っこでひたすら話し続けていましたね。

 でも千葉さんは有名ですから、いろんな人が来るわけですよ。

永田 そういう空気を出してね(笑)。

 我々は知られていないから無視されてるんですけどね、いろんな人が千葉さんのところに一直線で名刺交換に来るんですよ。

「千葉さん、ちょっとお話が……」、「千葉さん、名刺交換だけでも……」という感じで話をさえぎられる度に「面倒だな、大事な話をしているんだから待ってくれよ」と内心思いながらも(笑)、話し続けました。

千葉 パーティなのにね(笑)。

井上 交流の場ですから、いろんな人が千葉さんのところに来るのは当然ですね(笑)

 そうなのですが、人を口説く時に、途中で遮られたら迷惑じゃないですか。

我々もう口説きに入っていましたからね。

井上 一目ぼれだったわけですよね。

 とにかく空気が合ったんです。

千葉 逆も然りでした。

「すげー面白いなこの人たち!」と思いましたから。

今日初めて会った、リバネスという変な社名の……と。

 そうそう。

千葉 丸さんていう名前もなんだかかわいいし、何だろうと。

そう思っていたら、あの有名な永田さんが連れて来られて、あれ?と思いましたね。

永田さんは私にとって有名人でしたから。

 この2人何やってるんだろうなみたいな感じだったのではないでしょうか。

(続)

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)とオフィス/コミュニティマネジャーの募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

次の記事を読みたい方はこちら

続きは リアルテックファンドが千葉功太郎氏を必要とした理由とは? をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/本田 隼輝/鈴木ファストアーベント 理恵

【編集部コメント】

チャラテックとゴリテックの和解(?)の物語が始まりました!最後まで読むと胸が熱くなるかと思いますので、本シリーズの配信記事をこれからもよろしくお願いします(横井)

他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。