まもなく開催!ICC サミットFUKUOKA 2020 のみどころ、有意義にカンファレンスをお楽しみいただくためのTIPSを大公開! | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

まもなく開催!ICC サミットFUKUOKA 2020 のみどころ、有意義にカンファレンスをお楽しみいただくためのTIPSを大公開!

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

福岡で9回目の開催となるICCサミット FUKUOKA 2020、今回もパワーアップして準備しています。今回のサミットの見どころや特徴のご紹介と、今回初参加される方々が3〜4割いらっしゃるということから、ICCサミット参加のTIPS、よくある疑問などをまとめてみました。ぜひご覧ください!

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢900名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。

【今回の特徴①】爆増「完全オフレコ」セッション

その数、なんと16! 以前は片手で数えるほどだった「完全オフレコ」のセッションが、2月14日現在、16まで増えました。

オフレコなだけに、終了後の書き起こし記事はなし、その場にいた方、もしくはクローズドなICCでの上映会のみで聞くことのできる内容となります。拡散されないため、登壇者やモデレーターの議論にも聖域なし、リアルな話や固有名詞、数字が飛び交うセッションになることが予想されます。

完全オフレコの人気シリーズ「教えてほしい! 上場企業の取締役会の運営と社外取締役の実効性(シーズン3)」2019年京都の様子

【今回のオフレコセッション】
・Session 1A 「悩みを聞いてほしい! 急成長する事業と組織のギャップにどのように向き合うか?(シーズン3)」
・Session 2A「教えてほしい! 上場企業の取締役会の運営と社外取締役の実効性(シーズン4 / 総集編)」
・Session 3A「SaaSビジネスにおけるエクイティ・ストーリーとValuationの考え方を徹底議論」
・Session 3E「もう採用出来ないとは言わせない!エンジニア採用のすべてを語り尽くす」
・Session 4B「間違いだらけのマーケティングと経営。」
・Session 4C「大型資金調達後にどのように経営するのか?」※2/14追加
・Session 5C「【ラウンドテーブル】“死の谷”を乗り越える!メガベンチャー流!圧倒的スピードの『アカウント開拓』(120分拡大版)」
・Session 5D「教えてほしい! ファンドマネジャーの投資哲学とは?(シーズン2)」
・Session 6A「コア・ユーザーのLTVを高めるための秘策とは?(シーズン4)」
・Session 6E「悩みを聞いてほしい! 市場を創造するためのマーケティング戦略とは?(公開戦略議論 シーズン2)」
・Session 6F「模倣ビジネスとどう向き合うべきか?」
・Session 8A「Post M&A(PMI)のリアル」
・Session 8E「悩みを分かち合いたい! 独創的な創業経営者を支える経営幹部の仕事とは?」
・Session 9A「組織の壁(シーズン6)~過去の失敗から学んだこと~」
・Session 10B「教えてほしい! IPOの最新事情(90分拡大版)」
・Session 12A「実際どうなの? CVC・事業会社からの資金調達の実際」

「オフレコにしたい」という要望は、企画を煮詰めている段階で要望が出ることが多く、集客のためや期待感をあおるためではありません。ICCサミットに参加するみなさんが情報を拡散しないと信頼したうえで、貴重な経験をよりリアルな形で学びとしてほしいと、その場限りで共有してくださいます。

爆増ゆえに、オープンなD会場でも1つだけオフレコセッションが予定されていますが(Session 5D)、通りすがりでも聞いた内容はご自身の学びに留めていただけますよう、ご協力をお願いいたします。

なお、当日どうしても見られなかった方は、要望をいただければICCオフィスにてビデオ上映会をいたしますので、ぜひお知らせください。

ビデオ上映会には、登壇者が来たり、上映後にディスカッションが始まることも

【今回の特徴②】新しい2つのカタパルト、誕生

DAY2の午後、B会場で初挑戦のカタパルトが2つ登場します。Session 8B「AI CATAPULT 注目のAIスタートアップが勢揃い」と、Session 9B「ソーシャルグッド・カタパルト」です。

新しい方々も登壇いただきますが、過去に登壇いただいた方々もいらっしゃいます。これまでスタートアップやリアルテック、グランプリなど、他のカタパルトに散在して登壇していましたが、ICCサミットも9回目となり、そういった方々がだんだんとジャンル斬りができるほどの層に成長してきました。

「AI」「ソーシャル」と、改めてまとめてみることで、その業界の最前線を走る方々から、そのジャンルの今が見えるのではないかと思います。

【初開催!AIカタパルト】登壇予定のプレゼンター8名をご紹介!(ICC FUKUOKA 2020)

今回、AIカタパルトは8社が各8分、ソーシャルグッド・カタパルトは5社が各14分のプレゼンテーションを行ないます。

【初開催!ソーシャルグッド・カタパルト】登壇予定のプレゼンター5名をご紹介!(ICC FUKUOKA 2020)

今後も、新たなジャンルのカタパルトが生まれる可能性があります。こんなカタパルトがあるべきだ、カタパルトを通じて、世の中に知ってほしい試みがあるという方は、ぜひご提案ください。

【今回の特徴③】さらに充実!ワークショップ

過去に大好評を得た伊藤羊一さんの「Lead the self」、仲山がくちょのチームビルディングのワークショップなどは今回も行われますが、それにプラスしておふたりとも新機軸のワークショップを開催します。

まずは伊藤羊一さんの「実践 1 on 1 ミーティング・トレーニング」。初開催ゆえにどういう形になるのか予告はできませんが、1on1を実際に行ないながら、学びや気づきを得るものになるとのこと、ぜひお楽しみに。

仲山がくちょは「イノベーションの起こし方」をテーマに、チームビルディング講座2を開催。先日、ICCオフィスで開催しましたが、講座1を超える盛り上がりでした。こちらのレポートで、ほんの少しだけご紹介していますが、参加される方は盛り上がりすぎによる疲労に注意です!

加えて、毎回大好評で、セッション評価も常に上位、自分たちの顧客を見つめ直す「セールスフォース・ドットコム直伝! カスタマージャーニーマップ ワークショップ(シーズン3 / 120分拡大版)」も開催します。

初登場のワークショップは
Session1C 組織やチームの悩みを2時間で解決する「メンタル・モデル・ワークショップ」
……MITのアイデアを取り入れたワークショップ。事前登録ですでに満席です

Session2F モチベーションクラウド流組織変革 体感ワークショップ
……少人数グループのテーブルにディスカッションリーダー、ファシリテーターが同席して行ないます。初開催につき、その内容を明らかにするべくレポートを予定しています。

Session11C 社会起業家養成スクール「ボーダレスアカデミー体験版」
……ボーダレス・ジャパンが運営するボーダレスアカデミーは、社会起業家になりたいけれども、どうしたらいいかわからないという人たちに、ビジネスモデルの作り方を教えるスクール。毎回定員以上の応募者が殺到し、厳しい選考を経て入学できるスクールの授業を体験できます。

「心優しい愚直な人」を社会の力に! ボーダレス・ジャパンが年間100社を作ろうとする理由

Session13C ビジュアルプログラミング・ワークショップ&コンテストby 「Springin’
……しくみデザインの中村俊介さんが提供する、ビジュアルプログラミングワークショップ&コンテスト。子どもでも自分だけのゲームやアプリを作ることができるやさしさですが、大人でも夢中になってしまうのだそう。作り終わったあとは、その出来を競うコンテストも開催する予定です。

ICC KYOTO 2019のリテール・ワークショップ参加者

新たな形に進化するのが「リテール・ワークショップ」。CRAFTEDカタパルト&ラウンドテーブルのように、リテールの課題を共有する参加者が集まりますが、そこで「D2C」「飲食・フード」「アート・文化」から10組のプレゼンターが登壇してプレゼンテーションを行ないます。

その後はラウンドテーブルで、少テーブルに分かれてディスカッションを行う予定です。

【今回の特徴④】夜のパーティが進化!

DAY1は、レッド&ブルーパス対象にグランドハイアット福岡2階の「サボイ」、レッドパス対象の「リストランテKubotsu」、事前登録の方を対象とした「CRAFTED MEETUP NIGHT in Garraway F」の3つのパーティがあります。

レッドパス対象の「リストランテKubotsu」のプレミアム・パーティは、ICC小林が福岡イチと太鼓判を押す、九州の食材をふんだんに使ったお料理をお楽しみいただけます。シェフの窪津朋生さんは、DAY3のSession12D「顧客に愛されるクラフト・ブランドをいかに作り上げるか?」に登壇予定。3日目まで残る方は、ぜひお料理の感想をお伝えくださいね。

事前登録ですでに満席となっていますが、「CRAFTED MEETUP NIGHT in Garraway F」は、九州からCRAFTEDな体験を生み出すブランドによるパネルディスカッション「九州クラフテッド・トークセッション」も開催。農業や食に関するビジネスの方々にもお声がけし、九州の食とお酒が楽しめるパーティになっています。

天神イムズ「Garraway F」2019年12月のイベントの模様

DAY2は、3つの企画が登場。WITH THE STYLEの3カ所で開催される「CRAFTED NIGHT powered by LEXUS」、「ネットワーキング・パーティ」は1階レストランで、2階の「ノース・ギャラリー」では、パネルディスカッション「CRAFTEDを語り尽くす!」 & スペシャル展示・飲料体験を開催します。

「Co-Creation Night supported by LEXUS」は、ホテルの13室を借し切った新企画です。13部屋各客室の「ホスト」がテーマを設定し、夜中まで部屋でお酒を飲みながら語り合うという趣旨のもと、予定されているテーマを一部ご紹介しますと……

ダブルルームの客室一例

「クラフト・ビールの部屋」「Well-beingを語り合う部屋」「マーケティングの部屋」「日本酒など『酒』全般の部屋」「読書の部屋」「アートの部屋」「リアルテックの部屋」「チームビルディング / キングダムの部屋」「旅人の部屋」「LOVOTの部屋」「ソーシャル・ビジネスの部屋」「D2C / アパレルの部屋」「デザインの部屋」

ICCでもおなじみのあっと驚くホストたちが、訪問者を迎えます。ホスト&テーマのリストは、こちらのプログラムをご覧ください。

ちなみに、2019年の京都のパーティで大人気となったラーメンが、今回もパーティに登場します。

ICC KYOTO 2019では魁力屋のラーメンが登場して大好評!

2月17日のオープニングパーティと、19日のCRAFTED NIGHT、いずれも会場はWITH THE STYLEで、博多一幸舎の本場とんこつラーメンを味わっていただけます。パーティも佳境にさしかかったころ登場する予定なので、ぜひお楽しみに。

【今回の特徴⑤】九州ならではの見学ツアー

今回、DAY3の午後に予定しているのが、”福岡という都市の個性を表現した純米酒”田中六五で知られる白糸酒造の酒蔵見学ツアー。こちらの下見レポートでもご紹介していますが、百聞は一見にしかずです!

福岡っ子が愛する地元の日本酒、白糸酒造「田中六五」の酒蔵を見学してきました【活動レポート】

こちらも見学希望を募集させていただいたところ、応募を多数いただいたのですが、配車とご案内の都合上、13名のみのご案内となりました。

どうしても見たい!という方は、ICCサミットが終了した週末に白糸酒造の酒蔵開きが2月22〜24日に行われますので、九州の滞在を延ばしてみてはいかがでしょうか?

【テコ入れ】レッドパスのランチが変わる!

毎回、大変な混雑でご迷惑をおかけしていた、2階のランチ会場「サボイ」。混雑緩和のために、ランチ時間をずらす試みや、ランチ時間にかかる一部延長セッションにサンドイッチを用意するなど、これまでさまざまな策を試みてきましたが、なかなか根本解決には至りませんでした。

ウルフギャングのTボーンステーキ

今回も改善を試みます。レッドパスの方々対象の会場として、グランドハイアット福岡の1階にある「ウルフギャング・ステーキハウス」をランチ会場として貸し切ることにしました。1時間半の間、おいしいお肉を食べながら、ランチの間もぜひ交流をお楽しみください!

【必見】CLASによるワークプレイス

過去にカタパルトに登壇いただいた久保裕丈さん率いるCLASが、今回ワークスペースに家具を提供してくださいます。

「CLAS」は“家具にまつわるユーザーペイン”をサブスク×ものづくりで解決する!(ICC FUKUOKA 2019)【文字起こし版】

オフィス向けとしても続々導入事例が増えているという、CLASの家具。3階のエスカレーター近くの「卯月」という部屋がワークプレイスでそれを実際に体験いただくことができますので、ぜひのぞいてみてくださいね!

ICCサミットの歩き方・TIPS

セッション編

興味がある、課題を持っていることに対してセッションを聞いて学ぶもよし、逆に普段の業務と関係のないセッションを聞いて刺激を受けるもよし、仕事を超えて気の合いそうな仲間を見つけるもよし、「ともに学び、ともに産業を創る。」という目的のもと、ICCサミットでの過ごし方はさまざまです。

設備編

会場内の設備について、お問い合わせの多いものをまとめました。

◯ あるもの
・モバイルやPCのバッテリー ……ANKER社のバッテリーを無料で貸し出しています。3階のワークプレイスに電源もあります

今回チャリティ販売はありませんが、バッテリー貸し出しはあります

・ワークプレイス ……3階の「卯月」に、CLASの家具が入ったワークプレイスを用意しています

・喫煙スペース ……1階とB1階にあります。エレベーターを降りて左手になりますが、わからない場合はスタッフにお声がけください。なお会場内は禁煙です

・クローク ……荷物が多い方は、3階受付横のクロークにお預けいただけます

☓ ないもの
・Wi-Fi  ……ありません。会場にはライブ中継のためICCサミットの専用回線を引いていますが、各自ご用意をお願いします。ホテルのWi-Fiもありますが、アクセスが集中するためほぼつながらなくなる傾向があります

食事編

前夜遅くまでつい議論に熱中してしまい寝坊した、ということがあるかもしれません。食事の時間なく、会場に滑り込んだ、小腹がすいた、という方のために、会場では13時〜14時30分のランチ以外にも、ホワイエに軽食を用意しています。

ICC KYOTO 2019の軽食

2月18日・19日は、11時15分〜、13時45分〜、15時45分〜、17時30分〜の1日4回、20日は11時15分〜、13時15分〜の2回、軽く食べられるような主食やおかず、甘いものなどを用意しています。軽食はなくなり次第終了ですので、あしからず!

長尺セッションで食事の時間にかかってしまうものは、ゼリー飲料やだしいなりなどを用意しているものもあります。

その他TIPS

Q 開始時間にいないと入れない?
A 何時でもOKです。18日は9時、19日は9時30分、20日は9時45分開始となりますが、初日は受付でのネームカードのお渡しやクロークなどで混雑が予想されます。来たからには楽しみ尽くしたい、学び尽くしたいという方は、時間に余裕をもってお越しください。

Q せっかくいろいろな方々に会えるので営業したい。
A ICCサミットは「朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンス」であり、「ともに学び、ともに産業を創る。」ことを目的としています。この主旨に賛同いただいた方々の集まりなので、それをご理解いただけないと、せっかくご参加いただいても、この場を最大限に活かしていただけない可能性があります。

開催終了後に、参加いただいた方からのアンケートからそういった問題が浮かび上がることがあり、次回からの参加をご辞退いただくようにお願いすることもあります。

開催中は、さまざまなセッションや体験をご用意しています。日常の業務から離れ、さまざまなディスカッションや体験から刺激を受け、学びを得ていただければと思っています。

Q セッションの途中で出入りしても大丈夫?
A 大丈夫です。見たいセッションが重なり、はしごする方もいらっしゃいます。オフレコセッション以外で、後日書き起こし記事として公開するものもありますが、タイムラグはあります。プログラムをよく見て検討いただき、なるべく機会損失のないようお願いします。

出入りの際は、なるべく他の参加者の方のご迷惑にならないようにお願いします。

Q 満席で参加できなかったワークショップを見てみたい!
A 基本的に見られますが、会場の都合によってはお断りすることもあります。ワークには参加することができず、見学のみとなりますのでご了承ください。

Q 夜のパーティの移動手段は?
A パーティによっては、ホテル外のレストランを利用するため会場が変わります。スタッフがホテル館内から、タクシー乗り場までご案内しますので、誘導に従ってタクシーで移動をお願いします。

Q 受付でもらったネームカードを無くしてしまった、忘れてしまった
A 再度ゲスト用のネームカードをお渡しするので、受付までお越しください。その際は名刺を1枚必ずご用意ください。お持ちでない場合は運転免許証などのIDカードをお見せいただきます。

Q 経営者が数多く集まるようですが、防犯対策は大丈夫?
A 不審者対応などALSOKに警備をお願いすることにしました。不審者、不審物など発見の際は、お近くのスタッフにお知らせください。万全の対策でカンファレンスを運営してまいります。

Q 新型肺炎の対策はしていますか?
A 対策として、体調のよくないスタッフは運営に携わらないよう徹底します。スタッフ一同、手洗いと手指の消毒につとめて運営にあたらせていただきます。予防のためマスクを着用しているスタッフもおりますが、ご了承ください。

体調が悪くなったら、無理をなさらず、お近くのスタッフまでお声がけください。

◆ ◆ ◆

半年間、しっかりと準備を重ねてまいりました。ICCサミット FUKUOKA 2020にご参加いただく方々とのCo-Creationが、素晴らしい議論と学び、出会いの場となり「ともに学び、ともに産業を創る。」につながることを心より願っております。それでは、福岡でお待ちしています!

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。