1.凄腕マーケター&クリエイティブ・ディレクターが語るスマホ時代のマーケティングとは? – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

1.凄腕マーケター&クリエイティブ・ディレクターが語るスマホ時代のマーケティングとは?

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」【K17-3C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!11回シリーズ(その1)では、テレビCM・ネット広告、大企業からスタートアップまで多様なマーケティングの経験がある登壇者の皆さんに自己紹介いただきました。是非御覧ください。

▶ICCパートナーズではオペレーション・ディレクター及びコンテンツ編集チームメンバー(正社員&インターン)の募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCカンファレンス KYOTO 2017のプラチナ・スポンサーとして、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ様に本セッションをサポート頂きました。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット KYOTO 2018は2018年9月3日〜6日 京都市での開催を予定しております。参加登録は公式ページをご覧ください。


【登壇者情報】
2017年9月5〜7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2017
Session 3C
スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論
Supported by 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

(スピーカー)

齋藤 太郎
株式会社dof
Founder&CEO/Communication Designer

中村 洋基
PARTY / VALU
Creative Director / Founder

彌野 泰弘
株式会社Bloom&Co.
代表取締役

吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役

(モデレーター)

坂本 達夫
AppLovin
Director Sales, Japan

「スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論」の配信済み記事一覧

坂本 達夫(以下、坂本) 皆さんこんにちは!


坂本 達夫
AppLovin
Director Sales, Japan

【スマートフォンアプリ広告のスペシャリスト】
2008年より楽天、2011年よりGoogle AdMobを経て、2015年より世界最大級のアプリマーケティングプラットフォームを運営する米AppLovinに参画。日本第1号社員として日本への事業展開を推進し、月間数億円(アプリ広告では日本最大級)の売上規模にまで成長させる。主な業務は大手アプリ企業とのビジネスデベロップメントおよび他の広告事業者とのアライアンス構築。アプリのマーケティングやマネタイズ(収益化)に関する講演や記事・ブログ執筆も精力的に行う。ICCカンファレンスには立ち上げ時からボランティアスタッフとして参画。東京大学経済学部卒。二児の父。

坂本 お昼直後で少し眠くなる時間帯かもしれませんが、刺激的なお話が聞けるであろうセッションだと、僕自身非常に楽しみにしていますので、皆さんもぜひ楽しんでいただければと思います。

私はAppLovinという、スマホ・アプリのユーザー獲得を専門とする外資系の会社に勤めておりまして、その領域においてはそこそこ詳しいと思っています。

しかし今回はもう少しテーマが広くて、スマホ・サービスのマーケティング&プロモーションということです。

特にブランディングだったり、デジタルではない領域であったりは、私自身も正直それほど詳しくないので、皆さんのお話を聞いて自分自身いろいろと学んでいきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

では最初に、皆さんの自己紹介をお願いしたいと思います。

略歴というより、具体的にどのような案件に取り組んでいらっしゃるのか、どのようなサービスを提供しているのかということについてお話しいただければなと思います。

では齋藤さんからお願いします。

サントリーウイスキーのブランディングを手がけるdof齋藤氏

齋藤 太郎氏(以下、齋藤) 齋藤太郎と申します。


齋藤 太郎
株式会社dof
Founder&CEO/Communication Designer

アメリカ合衆国オハイオ州グリーブランド生まれ。
95年慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒。株式会社電通入社後、10年の勤務を経て、05年にコミュニケーション・デザインを生業とする、株式会社dofを設立。経営戦略、事業戦略から製品・サービス開発、マーケティング戦略立案、メディアプランニング、クリエイティブの最終アウトプットに至るまで、コミュニケーションの川上から川下まで「課題解決」を主眼とした提案を得意とする。幅広い人脈を生かしてのプロデュース力、実現力にも定評があり、最近ではベンチャー企業の支援にも精力的に取り組んでいる。

◇その他の現職:
株式会社CC INC. 取締役/Founder
株式会社VOYAGE GROUP 社外取締役
株式会社オーシャナイズ 社外取締役
NPO法人TABLE FOR TWO グローバル戦略委員会 委員

齋藤 dofという会社を経営しています。

もともとは電通で広告の仕事をしていましたが、独立をしてコミュニケーション・デザインという領域で仕事をしています。

サントリーの角ハイボールのキャンペーンを10年前からやっていまして、小雪さん、菅野美穂さん、今は井川遥さんの「ハイカラ」というキャンペーンをちょうどやっているところです。

齋藤 サントリーのウィスキーには、「角」の他に、山崎、白州、響、トリス、そして知多、全部で6種類のブランドがあります。

齋藤 これらは全て、弊社でブランディングを担当させていただいています。

今日のテーマであるスマホ・アプリの話については、King(キング)という会社のキャンディークラッシュというゲームのプロモーションや、格安スマホのトーンモバイルのコミュニケーション周りも担当しています。

齋藤 このように、スマホのサービスは専門領域ではないものの、過去にも携わったことがあるので、今日はそのようなマスマーケティングとモバイルマーケティングのような話ができるかなと思っています。

今日もう1つお話ししたいなと思っているのが、こちらです。

齋藤 いわゆる課題解決型、他者の課題を解決するという受託サービスの部分と、自社サービスを立ち上げるという、両方の事業モデルがあると思うのですが、弊社でも自社サービスを立ち上げられないかと思い、ベビーシッターのマッチングサイトを3、4年ほど前に立ち上げました。

スライド上の左側にあるハグママというサービスなのですが、1年半くらい全く上手くいかず、すぐに止めてしまいました。

これは自分の娘と妻の写真なのですが……。

(会場笑)

そのようなことをやり、自社でビジネスを立ち上げる難しさも知りました。

日頃、いわゆるマーケティング費であったり、コミュニケーション・コストというものを我々は売り上げとしていただくことが多いのですが、自分がいざ払う側になって、「リスティング広告にはこんなにコストがかかるのか!」というようなことを実感できたのが、非常にいい経験になりました。

スライドの右側は、今年の春に立ち上げた「ハタガク」です。

学生や若い社会人を対象に、いろいろなゲストを呼んで「働く」というテーマについて話すというような、「働くを考える学校」を運営しています。

坂本 齋藤さんありがとうございます、よろしくお願いします。

では続いて中村さん、お願いします。

VALUも生まれた、クリエイター集団PARTY中村氏

中村 洋基氏(以下、中村) 中村と申します。

PARTYという、6年目になる会社でクリエイティブ・ディレクターを務めています。


中村 洋基
PARTY
Creative Director / Founder

1979年生まれ。株式会社電通に入社後、インタラクティブキャンペーンを主として手がけるテクニカルディレクターとして活躍。2011年独立し、4人のメンバーとともに、デジタルクリエイティブのプロフェッショナル集団・PARTYを設立。国内外250以上の広告賞の受賞歴があり、審査員歴も多数。カンヌライオンズヤングコンペティション・サイバー部門日本代表、世界2位。株式会社電通デジタル社外顧問、株式会社VALU取締役、株式会社FIREBUG取締役を兼任。TOKYO FM「澤本・権八のすぐに終わりますから。」毎週ゲストパーソナリティ。
最近の仕事に「paymo Table Trick」「バレンタインポスト」「レイトンミステリージャーニー・世界ナゾトキ大冒険」「VALU」など

中村 弊社は、登壇企業の中ではモノづくりの会社で、社内にもデザイナーやエンジニアが多いです。

たとえばお隣のBloom&Co.の彌野さんと一緒に作ったpaymo(ペイモ)の動画などが、スタートアップ業界には分かり易いかもしれません。マーケティングをきちんと考えてプロモーション、ブランディングを行うクリエイター集団です。

社内の一プロジェクトとして、VALU(バリュー)という、個人の「価値」をトレーディングカードのように見立てて、分配できるサービスを作りました。

坂本 よろしくお願いします。

では続いて彌野さん、お願いします。

P&G→DeNA→独立。Bloom&Co.彌野氏

彌野 泰弘氏(以下、彌野) はい、彌野でございます、よろしくお願いします。


彌野 泰弘
株式会社Bloom&Co.
代表取締役

P&G社にてブランドマーケティングを、日本・シンガポール・スイスなどで約9年間に渡って担当。多国籍なチームメンバーと共にマーケティング戦略の策定、および実行の指揮を取る。2012年1月にDeNAに入社。執行役員 マーケティング本部 本部長として、主力のモバイルゲーム事業、EC事業、新規事業において、パフォーマンスフォーカスのテレビCM、デジタルマーケティング、戦略PRなどのクロスメディアの360°統合マーケティングを推進。DeNA社のコーポレートブランディングの刷新や、横浜DeNAベイスターズやDeNAランニングクラブを活用したスポーツマーケティングなど、全社のマーケティングを統括。2015年4月に株式会社Bloom&Co.を設立。ナショナルクライアントからスタートアップ企業まで、マーケティング戦略やブランディング戦略の策定および実行を支援。CNET Japan CMO Award 2014 受賞。Ad Tech Tokyo、Google Think、Play with Twitterなどで登壇。株式会社マナボ 社外取締役、KDDI ∞ Labo社外アドバイザー、株式会社VRize アドバイザー

彌野 もともと消費財メーカーのP&Gで10年ほどマーケティングをやっていて、化粧品やポテトチップス、シェーバーなど、オフラインの商品、製品を担当していました。

その後に2012年にDeNAに移り、3年半ほどDeNAにおりました。

2012年は、それこそ吉田大成さんがGREE(グリー)にいて、ドリランドのCMをやっていて、僕がバハムートなどをやっていましたが、とにかく異常な状況で。「グリーが何GRP(Gross Rating Point、延べ視聴率)突っ込んだ、DeNAは何GRP突っ込むんだ」というようなことをバンバンやっていました。

その当時は、1年間で100本くらいCMを作ったので、異常ですよね。

48週で100本作っているので、1週間に2本、3本という計算になります。

その経験を経て2015年に独立し、3年目になりますが、Bloom&Co.という会社をやっています。

今はナショナル・クライアントとスタートアップで大体半々くらいですが、クライアント企業30社ほどのマーケティングを支援させていただいています。

一部は海外のユニコーン企業のジャパン・エントリー(日本進出)のようなこともやっています。

1年くらい前のICCカンファレンスで僕がモデレーターを担当したセッションに、(中村)洋基さんがパネリストとして登壇されていて、それがきっかけで、その後も洋基さんとは10プロジェクトくらい一緒に仕事をさせていただいています。

▶ Co-Creation !! (ICC小林)

我々はモノを作れませんが、お客さんを誰に定義するか、コンセプトをどうするか、何が戦略上大事かという要件定義をして、それを(中村)洋基さんに話すと、いいアイデアが出てきて、結果として大きく数字が跳ねるものができるという。

今、非常にいい感じでコラボレーションができているのは、ICCのおかげだと思っています。

実は斎藤太郎さんもICC経由で知り合いになり、実際、今仕込んでいるものが一つあります。

(吉田)大成さんとは、少し前に僕がクラシルのお手伝いをしている時に、DELISH KITCHENのプロモーションがスタートし、そこでまた競合関係になってしまって、今日ここに呼ばれるという。

何だか仕込まれた感がありますよね?(笑)。

中村 同時期にライバルのCMがぶつかってしまったんですか?

彌野 そうなんです。同時期にCMのA/Bテストのようなことになってました。

それぞれの強みが出るような熾烈な戦いをしましたが、今日は言える範囲でお話できればと思います。

よろしくお願いします。

坂本 よろしくお願いします。

では最後に彌野さんの永遠のライバル、吉田さん。

DELISH KITCHENを運営するエブリー吉田氏

吉田 大成氏(以下、吉田) 株式会社エブリーの吉田と申します。

よろしくお願いします。


吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役

2005年4月ヤフー株式会社に入社。2006年10月、グリー株式会社に入社後、事業責任者兼エンジニアとして、モバイル事業、ゲーム事業(「釣り★スタ」「探検ドリランド」等)、ゲームプラットフォーム事業の立ち上げに従事。2010年12月 同社執行役員、2012年9月 同社 取締役執行役員常務に就任し、日本事業全体を統括。2015年9月、株式会社エブリーを創業。

吉田 ここ10年くらい常に競合環境が激しい中に立っているというところで、バチバチやっている感じがありますが、前職はGREEという会社にいました。

先ほど彌野さんからお話があった通りですが、僕の配下にマーケティングの部門がありまして、「ドリランド」ではTOKIOさんを、「聖戦ケルベロス」というゲームでEXILEさんを、「釣り★スタ」というゲームでは明石家さんまさんを起用したりしながら、テレビCMをバンバン打っていました。

2年前にエブリーという会社を立ち上げ、今は料理動画メディアのDELISH KITCHENを中心に、4つのメディアを運営しております。

4月からテレビCMを開始して、先ほど彌野さんからご指摘があった通りで、あまり言えないことなのですが、ここのところすごい状態でテレビCMのデジタルプロモーションをやっていました。

▶「DELISH KITCHEN_TVCM_フォンダンショコラ篇_15秒」

立場を変えて言いますと、今はメディア事業をやっていまして、食品メーカーや飲料メーカーから広告出稿をしていただいていることもあり、デジタルにおける動画でのマーケティング活動のご支援をさせていただいています。

よろしくお願いします。

坂本 よろしくお願いします。

(続)

次の記事を読みたい方はこちら

続きは P&GからDeNAに転職して感じたマーケティングの違いとは? をご覧ください。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/榎戸 貴史/戸田 秀成/横井 一隆/立花 美幸/本田 隼輝/鈴木ファストアーベント 理恵

【編集部コメント】

登壇者の方々が手掛けてきたCM、だれもが一度は目にしたことはあるのではないでしょうか。どんな議論になるのか、楽しみです。(本田)

続編もご期待ください。他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンフ ァレンス「Industry Co-Creation(ICC) カンファレンス」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。