VALU – 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【一挙公開】AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!(全9回)

AI、量子コンピューター、IoT、ブロックチェーンといった最新技術をテーマに、それらの5G時代との関わりから中国の信用スコア社会、IBMが開発する“花粉サイズ”の超小型コンピューターまで、各分野に精通したスピーカーが議論したセッションです。ぜひご覧ください!
記事を読む

1. メルカリの研究開発組織「mercari R4D」とは? スタートアップ企業が研究所を持つ意義を考える

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その1)は、スタートアップ企業が「研究所」を持つ意義を議論します。さくらインターネットの小笠原さんがシニアフェローを務める「mercari R4D」とはどのような研究開発組織なのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

2.「5G時代」はスマホ片手に量子コンピューターにアクセスできる時代!?

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その2)は、本セッションのメインテーマの1つ「量子コンピューター」について、その現状や課題を議論します。来るべき5G時代には、量子コンピューターはどこまで身近なものになるのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

3. IBM基礎研・小野寺氏が語る「ディープラーニング脳」と「量子コンピューティング脳」の違い

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その3)は、引き続き量子コンピューティングについて。IBM基礎研究所の小野寺さんは、量子コンピューターの時代には、これまでとは全く異なるモノの考え方が必要だと語ります。ぜひご覧ください!
記事を読む

4. メモリ技術の革新的進化で「人間の脳レベルの電力消費効率マシン」がついに実現する?

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その4)は、現在のディープラーニングが抱える「膨大な電気消費」への解決策を、IBM基礎研究所の小野寺さんが解説します。人間の脳レベルの電気消費効率を実現するその新技術とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

5. IBMが開発する「花粉サイズ」の世界最小コンピューターが、あらゆるデータのリアルタイム計測を実現する

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その5)は、現在開発が進む世界最小コンピューターについて。プロセッサー、メモリ、バッテリーからセンサーまで搭載した“花粉サイズ”のコンピューターは、私たちの生活やビジネスをどう変えるのか? ぜひご覧ください!
記事を読む

6. 中国で進む「信用スコア社会」の実際とは

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その6)は、個人IDとデータ通信が紐づくIoT時代の象徴とも言える「信用スコア社会」について。中国アリババ「芝麻(ジーマ)信用」が進める信用のスコアリングとは? ぜひご覧ください!
記事を読む

7. IoTが生み出す「リアルなデータ」が新たなビジネスを創り出す

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その7)は、IoTがこれからのビジネスへ与えるインパクトについて議論します。モデレーターの尾原さんによれば、IoT時代にはあらゆるものが金融商品化するとこと。それは一体どういうことなのか、ぜひご覧ください!
記事を読む

8. 仮想通貨だけじゃない!ブロックチェーンは「BtoBビジネス」にも活用できる

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(その8)は、ブロックチェーン技術のBtoBビジネスの活用について。“中央集権型”のAIに対して、“自律分散型”のブロックチェーンに秘められた大きな可能性とは?ぜひご覧ください!
記事を読む

9. VR×ブロックチェーンで出現する新たな価値空間とは?【終】

「AI/量子コンピューター/IoT/ブロックチェーンを徹底議論!」9回シリーズ(最終回)は、VR領域でのブロックチェーン活用で生まれる世界感をgumiの國光さんが力説します。VR空間内における新たな経済活動とは? ぜひご覧ください!
記事を読む

【一挙公開】スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論(全11回)

テレビCM・ネット広告、大企業からスタートアップまで多様なマーケティングの経験を有する登壇者が討論する、スマホ・サービスのマーケティング論。プロモーション的観点だけでなく、ネーミングや採用ブランディングの重要性、BtoBとBtoC、宣伝媒体まで議論は多岐に渡ります。マーケティングを考えるとき、いかに多角的な視点が必要なのかがわかるセッションです。ぜひご覧ください。
記事を読む