「起業家はひるむな、深い信念を抱け」レジェンド経営者が贈るメッセージ【終】 | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

6.「起業家はひるむな、深い信念を抱け」レジェンド経営者が贈るメッセージ【終】

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

「レジェンドが語り尽くす!メガベンチャーを創るための経営者の仕事とは?」6回シリーズ(最終回)は、二人の“レジェンド経営者”、CVCアジア・パシフィック・ジャパン最高顧問の藤森義明さん、レノバ代表取締役会長の千本倖生さんかが若き起業家へ贈る激励のメッセージです。予想もしない困難、絶対的な壁にぶつかったとき、経営者が考えるべきこととは? 最後までぜひご覧ください!

▶ICCパートナーズではコンテンツ編集チームメンバー(インターン)の募集をすることになりました。もし興味がございましたら採用ページをご覧ください。

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回ICCサミット FUKUOKA 2020は、2020年2月17日〜20日 福岡市での開催を予定しております。参加登録などは公式ページをご覧ください。

本セッションは、ICCサミット KYOTO 2019 ダイヤモンド・スポンサーのMotivation Cloud(Link and Motivation Inc.)様にサポートいただきました。

logo_MCbyLMG


【登壇者情報】
2019年9月3〜5日
ICCサミット KYOTO 2019
Session 9B
【特別企画】レジェンドが語り尽くす!メガベンチャーを創るための経営者の仕事とは?
Supported by Motivation Cloud(Link and Motivation Inc.)

(スピーカー)

千本 倖生
株式会社レノバ
代表取締役会長

藤森 義明
シーヴィーシーアジア・パシフィック・ジャパン株式会社
最高顧問

(質問者)

麻野 耕司
株式会社リンクアンドモチベーション 取締役 /
オープンワーク株式会社 取締役副社長
(当時)

永田 暁彦
株式会社ユーグレナ 取締役副社長 /
リアルテックファンド 代表

平尾 丈
株式会社じげん
代表取締役社長執行役員CEO

(ナビゲーター)

宮宗 孝光
株式会社ドリームインキュベータ
執行役員

「レジェンドが語り尽くす!メガベンチャーを創るための経営者の仕事とは?」の配信済み記事一覧


連載を最初から読みたい方はこちら

最初の記事
1.「最初の100日で戦略を描き、3年で結果を出す」“プロ経営者” 藤森義明さんが語る経営者の仕事とは

1つ前の記事
5. 経営者は、株価に対して細心、最大の注意を払うのが一番大事(千本倖生さん)

本編

千本 私はずっと自分がCEOとして会社を創ってきました。

しかしレノバに関しては、最初は社外取締役として入り、今は会長として俯瞰する立場です。

創業社長である、木南(陽介)と会ったのは5年前、2014年のことですが、会って15分で「社外取締役になってほしい」と言われました。

事業への想いと、それにより人格、人間性を高めることが大事

(写真左) 株式会社レノバ 代表取締役会長 千本 倖生さん

千本 その時、お互いに補完できる関係にあるかが非常に大事な要素だと思いました。

そしてもう一つは、相手の人間性と志、ビジョンが共通しているかです。

私が稲盛さんに会ってすぐに決めた時も、15分ほどでした。

決めるときは、1時間話そうが15分話そうが同じです。

大体、15分で分かるからです。

当時の木南は40歳ほどでしたが、彼には、学びたい姿勢があると感じました。

そして大学時代からベンチャーを創っており、リスクを取るマインドを持っていると思いました。

また、「50億円のベンチャーにしたい」と語っていて、まだ彼は未熟ではありましたが、彼には伸びしろがあり、学ぶ姿勢もあると思ったのです。

私が与えられるのは、「レノバを数千億円、一兆円の会社にし、日本の中で、有力な電力会社にする」ということでした。

しかも、石炭などの化石燃料や、原子力ではない、世界有数のクリーンな電力会社です。

レノバ、売上予想24%増 洋上風力の開発も本格化(LIMO)

お互い尊重できて、ビジョンを共有でき、かつ、人間性が大事なのです。

お金を追い求めても事業は長続きしない

千本 最後に皆さんに伝えておきたいことがあります。

事業を行うために大事なのは、事業に対する思いと、それによって人格や人間性を高めることです。

KDDIを創った時は、お金を追い求めていませんでした。

それよりも、通信の矛盾の歪みを正したいと思っていたのです。

その結果として、すごくお金持ちになったわけですが。

(会場笑)

言いたいのは、お金を追い求めてもビジネスは長続きしません。

ですから、若い経営者の皆さんは、基本的にはハンブル(謙虚)であり、人間性を磨こうというマインドセットを持ってほしいのです。

それが、遠回りに見えても成功への鍵だと思いますね。

宮宗 このICCサミットも、出会いの場の一つですが、出会いも大事だと思います。

色々な出会いによって、大きな事業が生まれればと思います。

では残り5分なので、会場から質問を受け付けます。

メガベンチャーを目指すとき、何を大事にすべきか(ベースフード橋本さん)

質問者1 ベースフードの橋本です。

我々の会社は時価総額20〜30億円のベンチャーです。

2,000億円より大きい企業を目指したい時、何を大事にすべきでしょうか。

事業フェーズによってマインドセットが違うのではないかと思うのですが。

(写真右) シーヴィーシーアジア・パシフィック・ジャパン株式会社 最高顧問 藤森 義明さん

藤森 20億円から2,000億円という目標設定はすごく良いと思います。

人間は自分のコンフォートゾーンを出たがらないものですが、2,000億円という目標を掲げると、今までと同じことをしていては達成できません。

そのためには、今までとは違う考え方や心の変革が必要で、それが従業員に生まれると、達成できると思います。

ですから、目標の設定の仕方は正しいと思いますね。

千本 今後、あなたが予想していないような困難、絶対的な壁にぶつかるだろうと思います。

その時に考えるべきは、自分が本当に社会のためににやっているかという原点に立ち戻ることで、かつ、その壁を乗り越えられるという、深い、深い信念を持つことが必要です。

ひるんではいけません。

一度ひるんでしまうと、気持ちを取り戻すのは難しくなるのです。

ですから最初から、越えられる、突破できるという信念を抱きましょう。

そして目標は、2,000億円と言わず、1兆円と言ってみましょうよ。

(会場笑)

橋本 分かりました、ありがとうございます!

宮宗 ではそろそろ時間なので、藤森さんと千本さんより、最後に会場へのメッセージをお願いします。

日本の将来は、ここにいる人たちで決まる

藤森 日本の将来は、今ここにいる人たちによって決まります。

このように集まって勉強し、向上しようとする姿は素晴らしいと思います。

人生とは常に学ぶことですし、同じ学ぶにしても、すごい人から学び、そのすごい人を越え、さらに大きなことや夢を頭の中に描き、それが絶対に叶うという信念があれば夢に近づけます。

ですから、夢への自信とパッションを持って、事業を続けて、強い日本を作ってほしいと思います。

千本 富や名誉や財産をベースに事業を行っていても、結局は大きくなれません。

基本的に、世のため、人のためというか、人々が喜んでくれるから大きくなるのです。

世のため、人のためを目指すからこそ大きくなり、私の場合、気がついたら8兆円の企業になっていました。

ですから、経営の原点をいつも心の隅において、事業を行ってほしいですね。

そしてこの貧しい状態にある日本を成長させ、中国に追いつくような国にしていってほしいです。

僕は今回参加して、このような皆さんがいてくれることを知れて、力づけてもらえたので、とても嬉しいです。

ICCサミットに来て本当に良かったと思っています、頑張ってください。

宮宗 質問を頂いた永田さん、平尾さん、麻野さんにも大きな拍手をお願いします。

ありがとうございました。

(終)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! ICCのYoutubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/浅郷 浩子/尾形 佳靖/戸田 秀成/大塚 幸

最後までお読みいただきありがとうございます!
他にも多く記事がございますので、TOPページからぜひご覧ください。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。