【保存版】水産養殖の課題をIoTで解決する「ウミトロン」(全3回)

2017年6月14日〜6月16日まで配信しました水産養殖の課題をIoTで解決する「ウミトロン」のプレゼンテーション書き起こし記事の全シリーズをまとめました。ぜひご覧ください。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
CATAPULT GRANDPRIX (カタパルト・グランプリ)
Supported by IBM BlueHub

(プレゼンター)
山田 雅彦
UMITRON
Managing director/ Co-founder

1989年生まれ。九州大学機械工学修士卒。在学中に超小型人工衛星の開発に従事。2014年にロシアより打ち上げに成功。また学業と並行して教育、人材、観光事業等の複数領域で起業し、糸島市や九州大学から多数の表彰を受ける。大学卒業後は、三井物産に入社し、日本に先立って自由化したオーストラリアの電力市場において、発電及び小売事業会社の経営と、IoT領域の新規事業開発に従事。またグローバルでの税制・会計管理と同社の事業売却案件も兼任。2015年、上場前のメタップスに入社。同社の主軸事業であるマーケティング領域において、ビジネスと技術を横断する役割として、主にプロダクト開発、ビジネスアライアンス、消費者行動・購買履歴を活用したデータ分析及び、同データを活用したアプリ開発者向けのマーケティングコンサルを担当。その後、ウミトロンを共同創業し、IoT、リモートセンシング、データプラットフォームなど、過去の知見を最大限に活用し、世界の食問題解決に取り組む。

あわせて読みたい
三井物産、メタップスを経て創業した水産養殖×IoTベンチャー「ウミトロン」【F17C-UMT #1】 ウミトロン山田雅彦さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その1)は、山田さんの自己紹介と、水産養殖×IoTに取り組むようになったきっかけをお話し頂きました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
あわせて読みたい
水産養殖業の課題を解決する「海上衛星・自動給餌システム」(ウミトロン)【F17C-UMT #2】 ウミトロン山田雅彦さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その2)は、水産養殖事業者が抱える課題と、それを解決する為の、海上衛星を活用した自動給餌システムについてお話し頂きました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。
あわせて読みたい
宇宙のデータで魚を育てる「ウミトロン」が目指す姿【F17C-UMT #3】 ウミトロン山田雅彦さんのプレゼンテーションを3回シリーズでお届けします。(その3)は、ウミトロンが目指す、海上衛星×宇宙衛星から得られる2種類のデータを活用した水産養殖の未来についてお話し頂きました。ICCカンファレンス FUKUOKA 2017「カタパルト・グランプリ」プレゼンテーションの書き起こし記事です。ぜひ御覧ください。

【参考記事】

あわせて読みたい
注目のベンチャー特集「ウミトロン」 – 宇宙データの活用で狙うICT×水産養殖 注目の宇宙×水産ICTベンチャー「ウミトロン」 - 水産業におけるICT活用の挑戦 をぜひご覧ください。2016月9月6日に開催したICCカンファレンス KYOTO 2016 スタートアップ・コンテスト「カタパルト」プレゼンテーションの書き起こし記事です。今回は、準優勝だったウミトロン社です。ぜひ動画も併せてご覧ください。
あわせて読みたい
ウミトロンの挑戦(1)元JAXA研究開発員 藤原氏が挑む水産業のICT活用 注目ベンチャー「ウミトロン」- 宇宙データの活用で狙うICT×水産養殖 で紹介しました、ウミトロン社の水産業向けICTソリューションを試験導入されている愛南町に伺いました。「水産業におけるICT活用の最新事例 - ウミトロンは養殖業の救世主となるのか?」をテーマに特別インタビューを行いました。2回シリーズ(その1)は、「元JAXA研究開発員 藤原氏が挑む水産業のICT活用」です。リアルな声を是非ご覧いただければ。
あわせて読みたい
ウミトロンの挑戦(2)水産業の救世主となるか? – 養殖業におけるICT活用の可能性 注目ベンチャー「ウミトロン」- 宇宙データの活用で狙うICT×水産養殖 で紹介しました、ウミトロン社の水産業向けICTソリューションを試験導入されている愛南町に伺いました。「水産業におけるICT活用の最新事例 - ウミトロンは養殖業の救世主となるのか?」をテーマに特別インタビューを行いました。2回シリーズ(その2)は、「水産業の救世主となるか? - 養殖業におけるICT活用の可能性」です。リアルな声を是非ご覧いただければ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!