産業トレンド – ページ 2 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

知の蓄積によって大学は「価値ある研究」を生み出せなくなる【K16-6C #4】

「最先端テクノロジーは社会をどのように変えるのか?」【K16-6C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!6回シリーズ(その4)は、知の蓄積により研究の新規性や進歩性を獲得するタイミングが遅れていること等を議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

「ミドリムシはワカメより圧倒的に凄い」ユーグレナ出雲節が炸裂【K16-6C #3】

「最先端テクノロジーは社会をどのように変えるのか?」【K16-6C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!6回シリーズ(その3)は、”Chef Watson”でできることの議論を皮切りに、ミドリムシそして人間といった生命の凄さに議論が発展しました。是非御覧ください。
記事を読む

コグニティブ・コンピューティングの衝撃は産業革命に匹敵する【K16-6C #2】

「最先端テクノロジーは社会をどのように変えるのか?」【K16-6C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!6回シリーズ(その2)は、日本IBM福田さんを中心に、コグニティブコンピューティングが社会にもたらすインパクトについて議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

【新】ミドリムシ×Watson? 最先端テクノロジーで変わる社会を徹底議論【K16-6C #1】

「最先端テクノロジーは社会をどのように変えるのか?」【K16-6C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!6回シリーズ(その1)は、各登壇者に自己紹介をいただきました。是非御覧ください。
記事を読む

【最終回】トラベル業界の経営者がこっそり薦める「とっておきの宿」【K16-4D #9】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)は、番外編の議論として、旅行のプロでもある登壇者がオススメする宿をご紹介頂きました。必見です。是非御覧ください。
記事を読む

「私が観光庁長官だったら…」トラベル業界の経営者が語る”観光立国プラン”【K16-4D #8】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、ヤフーによる一休買収の裏側と、日本にもっと旅行者を呼ぶためのアイディア等を議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

「一休」と「Relux」ここがイケてない – 高級宿の予約サイト経営者が徹底議論【K16-4D #7】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その7)は、高級ホテル・旅館予約サイトである「一休」榊さんと、「Relux」篠塚さんに、それぞれの強みと弱点を壇上で議論して頂きました。榊さんにはヤフーグループとしての強みについてもお話頂き、業界で貴重なディスカッションとなりました。是非御覧ください。
記事を読む

「手ぶらで出張できる」旅の荷物をクラウド化する”DUFL”が日本に上陸【K16-4D #6】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)は、米DUFL Inc.塚本さんに、DUFLで実現するクラウドクローゼットサービスと、日本でのサービス展開予定についてお話し頂きました。是非御覧ください。
記事を読む

「正攻法ではもうAirbnbに勝てない」水面下で始まる”民泊”市場の覇権争い【K16-4D #5】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、いよいよ法整備が進む「民泊」について、そのビジネス化とAirbnbとの戦い方等について議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

日本に攻めこむ黒船”Booking.com”らと国内の旅行代理店はどう戦うか?【K16-4D #4】

「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」【K16-6D】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、日本市場への新規参入が相次ぐグローバル展開の予約サイト等に、国内の旅行代理店がどう戦っていけるかなどを議論しました。是非御覧ください。
記事を読む

【最終回】「広告の運用業務はなくなっていく?」アドテク企業が考えるモバイル広告の未来【K16-1C #8】

「モバイル広告はどのように進化するのか?」【K16-1C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、広告の投資対効果を正しく測れる仕組みづくりやモバイル広告の進化の方向性について議論しました。是非御覧ください。
記事を読む