【保存版】大学の研究から事業を創る(全11回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】大学の研究から事業を創る(全11回)

Pocket

2017年10月2日〜10月17日まで配信しました「大学の研究から事業を創る-研究開発型ベンチャーの経営者たちが徹底議論」の全シリーズをまとめました。大学の研究を事業テーマとして起業した経営者たちが大学発や研究開発型といった切り口でベンチャー経営を語りました。リアリティのあるお話が多く、ぜひ文系理系問わず学生や若手の社会人の方にお読みいただきたい内容です。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2017年2月21〜23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 5D
大学の研究から大きなインパクトのある事業を生み出すには?

(スピーカー)

出雲 充
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長

大西 啓介
株式会社ナビタイムジャパン
代表取締役社長 兼 CEO

中村 友哉
株式会社アクセルスペース
代表取締役

福田 真嗣
株式会社メタジェン
代表取締役社長CEO

(モデレーター)

小林 雅
ICCパートナーズ株式会社
代表取締役

【新】大学の研究から事業を創る-研究開発型ベンチャーの経営者たちが徹底議論【F17-5D #1】

ナビタイム創業秘話-限られたリソースで研究するからこそ創意工夫が生まれる【F17-5D #2】

プランが思いつかないから起業しないではベンチャーなど興せない(ユーグレナ出雲)【F17-5D #3】

小型人工衛星の研究を続ける方法が起業だった(アクセルスペース中村)【F17-5D #4】

「便=茶色い宝石」腸内細菌の研究で病気ゼロ社会をつくる(メタジェン福田)【F17-5D #5】

就職先ランキング1位の銀行を1年で辞めたきっかけ(ユーグレナ出雲)【F17-5D #6】

激動のモバイル時代を勝ち抜くナビタイムが経験した「追い風」と「逆風」【F17-5D #7】

研究で創りたいものと社会ニーズのマッチングをどう考えるか?【F17-5D #8】

行動の質よりも圧倒的な量が重要(ユーグレナ出雲)【F17-5D #9】

日本の研究者がもっと起業するようになるには?【F17-5D #10】

【終】「諦めなければ、助けてくれる人がいる」研究開発型ベンチャーへのエール【F17-5D #11】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。