【保存版】IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?(全7回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?(全7回) 

Pocket

2016年12月5日〜12月15日まで配信しました「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」の全シリーズをまとめました。今話題の落合陽一さんも登壇し、人間とは何かについても考えさせられるセッションです。是非ご覧いただければ。


【登壇者情報】
2016年9月7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016
Session 1A
「IoTやAIによって人間社会はどう変わるのか?」

(スピーカー)
落合 陽一
筑波大学助教 ・ メディアアーティスト

河瀬 航大
株式会社フォトシンス
代表取締役社長

矢野 和男
株式会社 日立製作所
理事 研究開発グループ技師長 兼 人工知能ラボラトリ長

(モデレーター & スピーカー)
中村 洋基
PARTY
Creative Director / Founder

【新】IoTとビックデータの活用で3分間の歯磨きが劇的に変わる(PARTY中村)【K16-1A #1】

スマートロックロボット『Akerun』が人間の生活や行動を変える(フォトシンス河瀬)【K16-1A #2】

IoTによって本来人間がするべきではない煩わしい仕事を代替する(フォトシンス河瀬)【K16-1A #3】

15歳の子供が5年前の修士論文レベルのことを3日間で実現できる(落合陽一) 【K16-1A #4】

人間はコンピューターによって制御される(落合陽一)【K16-1A #5】

(日立の)人工知能”Hくん”はものすごく少ないデータで学習し、最適解を導く(日立 矢野)【K16-1A #6】

組織のハピネスは加速度センサーで測れる(日立 矢野)【K16-1A #7】

人工知能が生む出す新たな職業「AIer」とは何か?【K16-1A #8】

【最終回】「AIは社会的コンフリクトを生み出すか?」IoT/AI で変わる人間社会を徹底議論【K16-1A #9】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。