【一挙公開】動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?(全8回)

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

デジタルメディアにおける動画コンテンツの急速な普及で、「ブランディング広告」はどのように進化するのか? 今後動画メディアに求められる役割から、ブランドリフトに関する注意点、SNSプラットフォームのアルゴリズム変更への対処まで、真剣議論したセッションです。ぜひご覧ください!


【登壇者情報】
2018年2月20-22日開催
ICCサミット FUKUOKA 2018
Session 10C
動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?
Supported by リクルートマネジメントソリューションズ

(スピーカー)
菅原 健一
スマートニュース株式会社
ラージアカウントセールス責任者 兼 アドプロダクトマーケティング責任者(当時)

菅原 千遥
株式会社エブリー
DELISH KITCHENカンパニー長 兼 編集長(当時)

高松 雄康
株式会社オープンエイト
代表取締役社長兼CEO

横山 直人
Facebook Japan
執行役員 新規事業開拓 兼 パートナーシップ事業(当時)

(モデレーター)
坂本 達夫
AppLovin
Business Development, Lion Studios(当時)

あわせて読みたい
1. 動画メディア時代に「ブランディング広告」はどう進化する? 注目デジタルメディア企業が真剣議論! 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その1)は、登壇者が運営する各デジタルメディアの紹介からスタートです。スマートニュース、ルトロン、DELISH KITCHEN、そしてFacebookは、どのような“想い”をもったメディアなのか? ぜひご覧ください!
あわせて読みたい
2. 動画コンテンツは、刈り取り型広告に対するデジタルメディアの救世主になりうるか? 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その2)は、動画メディアが着目される理由を「広告」の観点から迫ります。オープンエイトの高松さんは、刈り取り型広告が広まる中で動画は救世主の役割を果たした、と語ります。ぜひご覧ください。
あわせて読みたい
3. 注目動画メディア「ルトロン」「DELISH KITCHEN」が掲げる“ユーザー・広告主との約束” 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その3)は、動画メディアにおけるブランディング広告の効果測定の話から、動画メディアは広告主・ユーザーと何を“約束”するのか?という話題へと広がります。ぜひご覧ください。
あわせて読みたい
4. ブランディング広告は「コンテクストに沿ったコンテンツの配信」で価値が高まる 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その4)は、ブランディング広告の“コンテンツとしての価値”について。多くの広告はネットユーザーから「不要なもの」と捉えられがちですが、オープンエイトの高松さんは、その点をズバリと指摘します。ぜひご覧ください!
あわせて読みたい
5. Facebookのアルゴリズム変更は「ユーザー同士の対話を重視」− デジタルメディアとしてどう対処すべき... 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その5)は、Facebookのアルゴリズム変更の背景がテーマです。「ユーザー同士の対話」を重視するアルゴリズムに対して、コンテンツ配信側はどう対処すればよいのでしょうか? ぜひご覧ください。
あわせて読みたい
6. 動画メディアの役割は「購買促進」よりも「ファンづくり」? 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その6)は、動画メディアが担うべき役割について。オープンエイトの高松さんは「動画メディアに期待されているのは、最終的なアクションを促すことではない」と語ります。ぜひご覧ください。
あわせて読みたい
7. 動画広告の指標として重要なのは「何回再生されたか」ではない! 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(その7)は、動画広告や動画メディアの評価軸について。これから大切になる「質的な指標」とはどうのようなものでしょうか? Facebookが重視する3つの広告指標とあわせてぜひご注目ください。
あわせて読みたい
8. 広告は「世界観をもったコンテンツ作り」に進化する【終】 「動画メディア時代のブランディング広告はどのように進化するのか?」8回シリーズ(最終回)は、会場からの質疑応答です。世の中があらゆるメディアやコンテンツで溢れ返る中、広告の価値や在り方は今後どのように進化するのでしょうか? 登壇者からのメッセージをぜひご覧ください。

編集部のおすすめ(関連記事)

「動画ビジネス」をテーマに、広告のプライシングや動画制作、メディア運営のKPIなど、実務的な話題に踏み込んで語り尽くしたこちらのセッションもぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【保存版】モバイル動画メディアの今後を徹底議論(全8回) 2017年12月4日〜12月13日まで配信しました「モバイル動画メディアの今後を徹底議論」の全シリーズをまとめました。AbemaTV、GYAO!、ルトロン、ONE MEDIAといった、話題のサービスを展開する登壇者たちの熱い議論です。動画ビジネス全般についてはもちろん、広告のプライシングや動画制作、メディア運営のKPIなど、実務的なお話に踏み込んで語りました。是非ご覧いただければ。

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

編集チーム:小林 雅/本田 隼輝/尾形 佳靖/戸田 秀成/Froese 祥子

ICCサミットとは?

ICCサミットは「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場です。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加する。そして参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うエクストリーム・カンファレンスです。次回 ICCサミット FUKUOKA 2019 は2019年2月18日〜21日 福岡市での開催を予定しております。

更新情報はFacebookページのフォローをお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!