【保存版】今後のメディアはどう進化するのか?(全9回)

2017年1月4日〜1月17日まで配信しました「今後のメディアはどう進化するのか?」の全シリーズをまとめました。メディアの役割やコンテンツの質の評価指標などについて議論しました。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2016年9月7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2016
Session 7C
「今後のメディアはどう進化するのか?」

(スピーカー)
佐々木 紀彦
株式会社ニューズピックス
取締役 NewsPicks編集長

藤村 厚夫
スマートニュース株式会社 執行役員
メディア事業開発担当

古田 大輔
バズフィード・ジャパン 創刊編集長

吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役

(モデレーター)
瀬尾 傑
株式会社講談社
第一事業戦略部長兼デジタルソリューション部担当部長

あわせて読みたい
【新】今後のメディアはどう進化するのか? -”NewsPicks”と”SmartNews”のいま【K16-7C #1】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その1)は、NewsPicks 佐々木さんとSmartNews藤村さんに各ニュースアプリの現状についてお話し頂きました。メディアの在り方が議論される昨今にふさわしいセッションです。是非御覧ください。
あわせて読みたい
「楽しくて、信頼できて、シェアされる」Buzzfeed が目指すメディアの在り方【K16-7C #2】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、バズフィードジャパン古田さんに日本版の現状やBuzzFeedが持つ理念についてお話し頂きました。是非御覧ください。
あわせて読みたい
「DELISH KITCHENは他とどこが違うんですか?」エブリー吉田氏が語る分散型メディアの差別化【K16-7C #3】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その3)は、エブリー吉田さんに展開する4つの分散型メディアの現状についてお話し頂きました。是非御覧ください。
あわせて読みたい
「メディアとは何か?」SmartNews藤村氏がいま問うメディアの価値【K16-7C #4】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その4)は、講談社の瀬尾さんの自己紹介と、本論の口火として「メディアとは何か?」という問いについて議論しました。是非御覧ください。
あわせて読みたい
「読まれた」と「バズった」は違う – BuzzFeed古田氏が語るコンテンツの”質”【K16-7C #5】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その5)は、コンテンツの「質」をどのように評価するか?について、主にBuzzFeed古田さんとSmartNews藤村さんの考えをお話し頂きました。注目の論点です。是非御覧ください。
あわせて読みたい
メディアに理念がない限り、情報の質や正確さは失われる【K16-7C #6】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その6)は、コンテンツの「質」をどのように評価するか?について、主にエブリー吉田さんとNewsPicks佐々木さんの考えをお話し頂きました。注目の論点です。是非御覧ください。
あわせて読みたい
編集と経営を分離する – BuzzFeedが重視するメディア組織倫理【K16-7C #7】 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その7)は、BuzzFeedが重視する編集と経営の分離について、登壇者で議論しました。メディア企業ならではの論点です。是非御覧ください。
あわせて読みたい
「書きたいことを書けるのは有料課金ができるメディア」NewsPicks佐々木氏が占うメディア業界の未来【K1... 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その8)は、会場からの質問を受け付け、メディア業界の集約や、広告代理店の役割等について議論しました。是非御覧ください。
あわせて読みたい
【最終回】「読み手・作り手・広告主」三方良しの仕組みを創る – メディアのキーマンが語る決意【... 「今後のメディアはどう進化するのか?」【K16-7C】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その9)は、運営する各メディアで取り組む「進化」について、各登壇者の決意をお話し頂きました。メディアの在り方が議論される昨今にふさわしい終わりとなりました。是非御覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!