2017年8月 – INDUSTRY CO-CREATION(ICC)

訪日外国人観光客向け飲食予約サービス「日本美食」のビジネスモデル【F17C-NBS #2】

日本美食の董 路(Dong Lu)さんのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その2)は、訪日外国人観光客向け飲食予約サービス「日本美食」の強みとビジネスモデルについてお話し頂きました。また、最後に語って頂いた今後の展開についても注目です。
記事を読む

【執念】クラウドワークス成田副社長が語る吉田社長の「圧倒的しつこさ」【F17-8A #4】

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」【F17-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その4)は、その3に引き続き、創業者の圧倒的個性に「敵わないな!」と思う部分をお話し頂きました。一休の榊さんが語る創業者の森さん、クラウドワークス成田さんが語る吉田さんがリアルです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

インバウンド・ベンチャーが大手企業と次々と提携できる理由【F17-2E #4】

「今、インバウンド・ビジネスが熱い」【F17-2E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その4)は、インバウンド・ベンチャーによる大手企業との提携や産業の可能性についてお話頂きました。ぜひ御覧ください。
記事を読む

中国流スマホ決済で「日本美食」が訪日外国人観光客と日本の飲食店をつなぐ【F17C-NBS #1】

日本美食の董 路(Dong Lu)さんのプレゼンテーションを2回シリーズでお届けします。(その1)は、訪日外国人観光客向け飲食予約サービス「日本美食」の概要と解決する課題をお話し頂きました。キャッシュレス化が進む中国式スマホ決済の仕組みにもご注目ください。
記事を読む

【驚】gumi國光氏は「イーロン・マスクは…」と取締役会で語りだす【F17-8A #3】

「経営を支える副社長たちが語る創業者との二人三脚」【F17-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!10回シリーズ(その3)は、創業者の圧倒的個性に「敵わないな!」と思う部分をお話し頂きました。KLab五十嵐さんが語る真田さん、gumi川本さんが語る國光さんがリアルです。ぜひ御覧ください。
記事を読む

ネット時代だからこそ贅沢な「旅」「美食」の体験価値とは?【F17-2E #3】

「今、インバウンド・ビジネスが熱い」【F17-2E】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!8回シリーズ(その3)は、旅先での美食や、人とのふれあいが持つ体験価値について議論しました。各登壇者の原体験にも注目です。ぜひ御覧ください。
記事を読む

【保存版】被災地で千年に一度のまちづくりに挑む「アスヘノキボウ」(全2回)

2017年1月16日〜1月17日まで配信しました「被災地で千年に一度のまちづくりに挑む”アスヘノキボウ”」のカタパルト全シリーズをまとめました。「千年に一度」の東日本大震災で被災した宮城県女川町で、セクターを超えて街づくりに挑む小松さんの挑戦ストーリーです。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】注目の地域プロデューサー対談(全4回)

2017年1月30日〜2月2日まで配信しました「注目の地域プロデューサー対談」の全シリーズをまとめました。街の活力が失われた静岡県の熱海の再興や、東日本大震災で被災した宮城県女川町の復興、そして継承などの課題を抱える京都の伝統産業といった、各地で町興し・産業プロデュースに挑む挑戦者たちの特集です。リアリティのある話にご注目ください。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】熱海の街づくりを変革する「machimori」(全4回)

2017年1月10日〜1月13日まで配信しました「熱海の街づくりを変革する”machimori”」のカタパルト全シリーズをまとめました。廃墟とまで言われた熱海の街を少しずつ変革した、地道な街づくりのストーリーです。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】成長するトラベル市場のビジネス・チャンス(全9回)

2017年2月13日〜2月23日まで配信しました「成長するトラベル市場のビジネス・チャンス」の全シリーズをまとめました。Airbnbの登場などで注目されるトラベル・ビジネスの現状と未来がわかる内容です。是非ご覧いただければ。
記事を読む

【保存版】IoT時代のビジネス・テクノロジー・デザインを考える(全11回)

2017年7月31日〜8月18日まで配信しました「IoT時代のビジネス・テクノロジー・デザインを考える」の全シリーズをまとめました。IoT時代にそのプロダクトやサービスはどうあるべきか?ビジネス・テクノロジー・デザインと多角的に議論しました。論客たちが次々と紹介する注目のIoTサービスやプロダクトも必見です。是非ご覧いただければ。
記事を読む