【保存版】上場企業における資本市場との向き合い方を徹底議論!(全8回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】上場企業における資本市場との向き合い方を徹底議論!(全8回)

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

2018年1月15日〜1月24日まで配信しました「上場企業における資本市場との向き合い方を徹底議論!」の全シリーズをまとめました。セルサイドである証券会社の(株式)アナリスト、バイサイド側からファンド運営企業の経営者、そして上場企業のCFO、3方のご登壇者の方々が議論するユニークなセッションです。「投資哲学」「カバレッジの現場」「有事のIR」「ポストIPO」等をキーワードに、プロでも読み応えのある深い議論となりました。是非ご覧いただければ。


【登壇者情報】
2017年9月5〜7日開催
ICCカンファレンス KYOTO 2017
Session 3B
上場企業の資本市場との向き合い方を徹底議論

(スピーカー)

武田 純人
UBS証券株式会社
マネージングディレクター

藤野 英人
レオス・キャピタルワークス株式会社
代表取締役社長・最高投資責任者

安田 昌史
GMOインターネット株式会社
取締役副社長 グループ代表補佐 グループ管理部門統括

米島 慶一
クレディ・スイス証券株式会社
株式調査部 マネージング ディレクター

(モデレーター)

齋藤 剛
SMBC日興証券株式会社
株式調査部シニアアナリスト

【新】上場企業における資本市場との向き合い方を徹底議論!【K17-3B #1】

ひふみ投信・藤野氏の投資哲学-「バットを振る経営者」に投資する【K17-3B #2】

セルサイド・アナリストが取材に行きたくなる上場企業の特徴とは?(UBS武田/CS米島)【K17-3B #3】

IRとは、株価を「上げる」活動ではなく「フェアバリュー」に近づける活動である【K17-3B #4】

上場企業には「攻めるCFO」と「冷めたIR担当」が必要である【K17-3B #5】

レオス藤野氏とセルサイド・アナリストたちが語る「このIRが凄い!」【K17-3B #6】

「上場したけど株価は低迷し、株式流動性も少ない」ポストIPO企業が陥る”死の谷”【K17-3B #7】

【終】セルサイド・アナリストのカバレッジ基準とは?-資本市場と対話するコツ【K17-3B #8】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。