【保存版】技術シーズの事業化と知財戦略を徹底議論!(全8回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】技術シーズの事業化と知財戦略を徹底議論!(全8回)

Pocket

平日 毎朝7時に公式LINE@で新着記事を配信しています。友達申請はこちらから!
ICCの動画コンテンツも充実! Youtubeチャネルの登録はこちらから!

2018年2月5日〜2月14日まで配信しました「技術シーズの事業化と知財戦略を徹底議論!」の全シリーズをまとめました。プロダクトアウトなアプローチから技術をどう事業化するか、知的財産をどう守って競争戦略に活かすか、など実践的な内容が盛り沢山です。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2017年2月21日・22日・23日開催
ICCカンファレンス FUKUOKA 2017
Session 8C
イノベーションを生み出せ!技術シーズの事業化と知財戦略を徹底議論

(スピーカー)

井上 一鷹
株式会社ジンズ
JINS MEME Gr 事業開発担当

鮫島 正洋
弁護士法人内田・鮫島法律事務所
代表パートナー弁護士・弁理士

千葉 功太郎
投資家・慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

丸 幸弘
株式会社 リバネス
代表取締役CEO

(モデレーター)

水島 淳
西村あさひ法律事務所
パートナー

【新】技術シーズの事業化と知財戦略を徹底議論!【F17-8C #1】

技術シーズを事業化するために必要なこととは?【F17-8C #2】

プロダクトアウト型の技術ベンチャーに欠けている市場の視点を徹底議論!【F17-8C #3】

ビジネスモデルを一部組み替えただけでもゲームチェンジが起こせる【F17-8C #4】

ゼロから何かを生み出せる自信があるベンチャーは借入で資金を集めて来い(リバネス丸)【F17-8C #5】

資金が限られるスタートアップが取るべき特許戦略とは?【F17-8C #6】

Amazonのワンクリック特許のような優れたビジネスモデル特許取得のコツ【F17-8C #7】

【終】大企業は自社の技術を開放し、本当のオープン・イノベーションを実現しよう【F17-8C #8】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。