【保存版】「優れたプロダクトの生み出し方」(全9回) | 【ICC】INDUSTRY CO-CREATION

【保存版】「優れたプロダクトの生み出し方」(全9回)

Pocket

2017年2月13日〜2月23日まで配信しました「優れたプロダクトの生み出し方」の全シリーズをまとめました。プロダクトづくりの第一線で活躍する登壇者たちが、優れたプロダクトを生み出す秘訣について議論しました。

ユーザー観察、コンセプトづくり、チームでのミッションの共有など、プロダクトの企画開発をする上で必要な考え方・メソッドが多数話し合われました。ぜひご覧いただければ。


【登壇者情報】
2016年3月24日開催
ICCカンファレンス TOKYO 2016
Session 4B
「優れたプロダクトの生み出し方」

(スピーカー)
佐々木 大輔
freee株式会社
代表取締役

鈴木 健
スマートニュース株式会社
代表取締役会長 共同CEO

徳生 裕人
グーグル株式会社
製品開発本部長

中村 洋基
PARTY
Creative Director / Founder

(モデレーター)
赤川 隼一
株式会社ディー・エヌ・エー
モバイルソーシャルインキュベーション事業部 シニアマネジャー

【新】優れたプロダクト開発の極意を徹底議論!【SP-DS2 #1】

「経絡秘孔を突け!」北斗の拳流プロダクト開発の極意(スマートニュース鈴木健)【SP-DS2 #2】

「ミッションをチームで共有する」Google徳生氏が考えるプロダクト開発に大切なこと【SP-DS2 #3】

衝撃のヒット!「イライラ」→「キラキラ」ポジティブ変換アプリ”しずかったー”の開発秘話【SP-DS2 #4】

ユーザーは自分が困っている「ペインポイント」に気づけない【SP-DS2 #5】

完成度をどこまで高めたらプロダクトをリリースすべきか?【SP-DS2 #6】

「WHY」を柱にすれば、プロダクト開発はブレない【SP-DS2 #7】

「ブレる」と「ピボット」は違う – サービス開始後の停滞期に考えるべきこと【SP-DS2 #8】

【最終回】世の中を変えるのはプロダクトである【SP-DS2 #9】

Pocket

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ

ICCパートナーズ(ICC Partners Inc.)は産業を共に創る経営者・経営幹部のためのコミュニティ型カンファレンス「Industry Co-Creation サミット/ICCサミット」の企画・運営および新規事業創出・アライアンスなどのアドバイザー業務を行っています。